ふれあい
 看護の日  まちの保健室  白鳩会
 高校生の一日体験 new 14歳の挑戦
看護の日
5月12日は「看護の日」

看護の日とは

 看護の心、ケアの心、助け合いの心は今後の社会を支えていくために大切です。 「看護の日」はこうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、 近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ制定されました。
 5月12日を含む日曜日から土曜日までが「看護週間」とされ、各施設や病院で看護に関するイベントが毎年開催されています。

市立砺波総合病院では、看護の日のイベントを
平成30年5月12日(土)
イオンモールとなみで開催しました。

テーマ

看護の日〜新しい命から救える命まで〜

 今年度、市立砺波総合病院では、「命」をテーマに看護の日を開催しました。 現代の少子高齢時代において、命の誕生はとても大事なことです。 当院では、産婦人科外来、産婦人科病棟があり、安全なお産に取り組んでいます。 テーマにある「新しい命」では、周産期の妊娠・出産・育児に焦点をあて、 妊娠中または、育児や母乳のことなどママに役立つ助産師による相談やPRを行ないました。 そして「救える命」では、臓器移植についてPRしました。

看護の日

ママ役立つよ!助産師に聞いてみよう!
妊娠・出産・育児相談 沐浴の仕方 ベビーの体重測定

妊婦さんの気持ちになってみよう!
ポスター展示、妊婦擬似体験、アロマ・マッサージ

素敵な看護師になってみよう!
キッズ白衣試着、記念撮影

臓器移植ってどんなこと?
ポスター展示、臓器移植の説明、臓器移植の症例紹介

まちの保健室で健康チェック
薬剤師、管理栄養士、保健師による健康相談、血圧測定

5月12日は看護の日 看護の日とは

アロママッサージ、妊娠・出産・育児相談、ベビーの体重測定の場面

アロママッサージちゃ、なんちゅう気持ちいいがけ〜
妊娠・出産・育児の悩みや不安を聞きました
赤ちゃんかわいいな〜、新しい兄弟ほしいな〜
元気に育ってます!!


すてきな看護師さんがたくさん誕生しました

一緒に働ける日を楽しみにしています


臓器移植のコーナーをもうけました

臓器移植について勉強になったわ

 富山県の臓器移植コーディネーターの方が、興味のある方に丁寧な説明をされました。
 地域の皆様に、臓器移植の知識を深めてもらう良い機会となりました。

これからも、このような住民の方々との交流の場を大切にしていきたいと思います。
同会場にて、富山県看護協会砺波小矢部支部活動の 「一日まちの保健室」 も開催されました。

保健師、栄養士、薬剤師が相談にのっている場面
【保健師、栄養士、薬剤師が相談にのっている場面】

保健師・看護師・薬剤師・栄養士による健康相談・健康チェックも大盛況でした。
栄養士が相談にのっている場面

 ご参加ありがとうございました


まちの保健室
こんにちは「まちの保健室」です。In イオンモール砺波

「まちの保健室」ってなんだろう・・・?
それは、私たち市立砺波総合病院の看護師が血圧測定や健康相談を行いながら、
地域の皆さんと触れ合うところです。
いろんなテーマについて専門のスタッフから話を聞くことも出来ますよ。
平成30年6月9月11月の第2土曜日にイオンモールとなみで開催しました。 

6月 「支えあおう認知症の輪!」 今回は私たちが担当しました。認知症の認定看護師もいました。

・熱中症についてのポスター展示をしました
・熱中症についての○×クイズをしました

いろんな話をしながら、私たちも楽しい時間を過ごさせて頂きました。

子供からお年寄りまで幅広い年代の方に参加していただきました

9月 子供の緊急時の対応とは こんなときどうする?

お母さんたちから、発熱したとき吐いたときなどの相談がありました。カラーの冊子は見やすく好評でした。

11月 関節リウマチ・骨粗鬆症とは 10年以内に骨折の起こる可能性を機械を使って測定しました。たくさんの方が測定していかれ好評でした。骨粗鬆症についての相談もたくさんありました

ロコモとは、骨・関節・筋肉などの運動器の衰えが原因で要介護になる危険性が高い状態になることです。ロコモチェックをしました。30cmの高さの椅子から両手を前で組み立ち上がれますか?立ち上がれないとロコモの始まりです

今後も「まちの保健室」に2ヶ月ごとに砺波総合病院よりスタッフがお邪魔します。

日常の生活で悩んでいることやちょっとした事何でもお話しに来てください。
血圧を測りながら、お話しましょう。 
気軽におたちよりください、お待ちしてます。


白鳩会
白鳩会 2019

白鳩会(しろはとかい)とは、当院の看護部に所属している、看護師・看護助手・看護事務補助で組織し、 会員相互の親睦・教養・福祉を図ることを目的として活動しています。最近の行事を紹介します。

親睦会:今年は講堂で、立食式の食事会を開催しました。3年目看護師の余興やゲームで、楽しいひとときを過ごすことができました。 笑いヨガ:皆さんの笑顔ステキですね!笑うことの大切さを改めて実感できました。本当に楽しい研修でした!

七夕とクリスマス飾りつけ:お手伝いありがとうございます!(感謝・感謝) ハンドマッサージ:気持ちいい〜 これからも白鳩会は、会員の皆さんが楽しくリフレッシュできるような企画を考えていきます!


高校生の1日看護見学
令和元年 高校生の1日看護見学

 令和元年7 月3 日(水)・9 日(火)に高校生1 日看護見学がありました。
『高校生が看護師に対する理解を深め、看護職への進路選択の参考に出来ること』を目的とし、計61 名の高校生の参加がありました。
午前中は病棟での看護体験をし、午後からは先輩看護師からの応援メッセージ・座談会が行われました。

院長からのお話「始まるな〜、緊張!」、看護部長からのお話「いろんな話が聞きたいな」

患者さんとのふれあい「気持ちいいですか?」

赤ちゃんのお風呂見学「ちっちゃいなぁ♪」

キラキラナースからのメッセージ「なるほど〜やりがいが多い仕事だな〜」「具体的に聞けて新鮮!」

新人看護師より、看護師になったきっかけや良かったことなどを楽しく語って頂きました。また看護職は生涯を通して成長し働き続ける事が出来る魅力ある職業であることも語って頂きました。

看護師の職場紹介「救急室。広いな〜緊張する〜」

看護師の職場紹介「テレビで見る検査室!」

看護師の職場紹介「血圧測定・・どきどき」

看護師の職場紹介「ヘリポートへ来ました!!ここにヘリで患者さんが運ばれてくるなんて!緊張!」

『看護の道』の説明〜座談会〜:病棟看護師と座談会をしました。看護体験をしてうれしかったこと、感じたこと疑問に思ったことなどを話しました。「いろいろな道があるんだな。」「いろんなことが聞けてよかった。」

高校生の皆さんから『コミュニケーションを通して、もっと看護師になりたいと思った。』、『「ありがとう」と何度も言われて、こんなことはめったにない経験だと思った。』、『実際の医療現場を見ることができ感動した。』、『助産にも興味をもった。』などの意見を聞くことが できました。

記念写真「7月3日 院長、副院長・看護部長、富山県看護協会長と一緒に」「7月9日 院長、副院長・看護部長と一緒に」

皆さん、ご参加ありがとうございました。
将来の参考になれば嬉しいです。
一緒に働ける日を楽しみにしています♪


14歳の挑戦

R元年度砺波市『社会に学ぶ14歳の挑戦』