看護部
看護部長の挨拶

看護部長写真
市立砺波総合病院は、砺波医療圏の中核病院として、高度急性期・急性期医療の提供と地域密着型病院の使命を担っています。 少子高齢化社会が進み、「病院完結型」から「地域完結型」の医療にシフトしていく政策がとられていくなか、当院でも、地域・在宅につなぐ看護の役割が ますます重要になっています。看護部では、看護部理念を「地域の医療ニーズに対応できる安全で信頼される看護を提供します」とし、 患者さんやご家族の思いに寄り添い、患者さんが住み慣れた地域で生活できるように外来から病棟・地域へとつなぎ、安全で信頼される看護の提供をめざします。
そのために、確かな知識と技術、倫理観を持った看護職の育成に努めています。看護実践の場において、安全を確認し合い、互いに教え合い語り合いながら、 「経験知」を学びあう職場づくりを大切にしています。看護の根拠や、患者さんに合わせた柔軟な対応など、適切な判断と行動ができる専門職業人を 目指し支援しています。そして何より、患者さんの思いに寄り添い、思いやりのある看護を大切にしていきたいと考えております。
また、職員が生き生きと働き続けることができるよう、一人一人の目標管理と働きやすい職場環境の整備に取り組んでいます。 看護の仕事に関する誇りや、やりがいを感じ、安心して働ける事が、質の高い看護の実践につながると考えます。
市立砺波総合病院の理念である「地域に開かれ、地域住民に親しまれ、信頼される病院」の実現に向かって、安全で信頼される看護の提供に努力を続けてまいります。

看護部長  小倉 里美
 
看護部の理念 

地域の医療ニーズに対応できる安全で信頼される看護を提供します。

看護部の方針
◆ 安全で安心な看護
◆ 思いやりのある看護
◆ 根拠に基づいた看護
◆ タイムリーな看護
◆ 連携の取れた看護
令和2度看護部目標 
  1. 多職種で協働し、生活を見据えた患者中心の看護を提供します
  2. 安全で信頼される質の高い看護を提供します
  3. やりたい看護の実現と働きやすい職場環境を目指します