砺波市

文字の大きさ

配色変更

Translation


[お知らせ]入院した時の食事代(入院時食事療養費)について

 入院時の食事代は、標準負担額として1食あたり460円を自己負担していただき、残りは入院時食事療養費として国民健康保険が負担します。
 ただし、住民税非課税世帯の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口に提示することで、食事療養標準負担額が次表の金額に減額されます(認定証の提示がない場合は減額されません)。

1食あたりの食事代(食事療養標準負担額)

一般

(住民税課税世帯)

1食 460円

 住民税非課税世帯 

低所得者Ⅱ

90日までの入院

1食 210円

 90日を超える入院

(過去12か月の入院日数)※1

1食 160円
低所得者Ⅰ 1食 100円

※1 住民税非課税世帯の方で、限度額適用・標準負担額減額認定証の交付を既に受けている方が、過去12か月の入院日数が 90日を超える場合、長期入院該当認定の申請をすることで1食あたりの負担額がさらに減額されます。入院日数は、長期該当認定の申請月を含めた過去12か月の入院日数の合計で計算します。ただし、過去12か月間の入院日数は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を発行している期間中で日数計算をします。長期該当の適用は原則申請月の翌月初日からとなります。遡及適用はできませんので、忘れずに申請してください。

 

長期入院該当する場合の申請方法

次のものをお持ちになり、市民課国保年金係の窓口で申請してください。

申請に必要なもの

 ・90日を超える入院日数を証明するもの(医療機関の領収書、入院証明書など)

 ・世帯主の印鑑(※シャチハタ不可)

 ・既に交付されている限度額適用・標準負担額減額認定証

 ・世帯主及び対象者の個人番号がわかるもの(マイナンバーカード)

 ・国民健康保険被保険者証

 ・届出者本人と確認できるもの(マイナンバーカード、運転免許証など)

 

標準負担額差額支給について

 住民税非課税世帯の方が何らかの理由により、限度額適用・標準負担額減額認定証を医療機関の窓口で提示できず、課税世帯の標準負担額を支払った場合は、やむを得ない事情(保険者が認めるもの)があれば、申請により差額分の払い戻しを受けることができます。

 また、長期該当認定を受けた方で、91日目以降の入院で90日以内の負担額を支払った場合も、申請により差額分が払い戻されます。ただし、長期該当による差額の支給ができるのは、長期該当認定を行った月以降の分のみとなります。その前の月以前の差額は、申請が遅れたことについてやむを得ない事情(保険者が認めるもの)がある場合を除いて支給できません。

申請に必要なもの

 ・入院期間や支払った食事代の負担額などがわかる領収証など

 ・世帯主の印鑑(※シャチハタ不可)

 ・振込先がわかるもの(通帳等)

 ・既に交付されている限度額適用・標準負担額減額認定証

 ・世帯主及び対象者の個人番号がわかるもの(マイナンバーカード)

 ・国民健康保険被保険者証

 ・届出者本人と確認できるもの(マイナンバーカード、運転免許証など)

 

 

 




お問い合わせ

名前 国保年金係
電話 0763-33-1362

カテゴリー

ライフステージ
届出・証明・税金
健康・福祉

関連情報


情報発信元

市民課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1358 ファックス:0763-33-6855

アンケート みなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります

Q このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

ご協力いただきありがとうございます

役に立った
0 件
役に立たなかった
0 件
どちらともいえない
0 件

砺波市役所
砺波市役所 法人番号:7000020162086
所在地:〒939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話番号:0763-33-1111
ファックス番号:0763-33-5325
Eメール:info@city.tonami.lg.jp
開庁時間:平日午前8時30分~午後5時15分
(12月29日から1月3日は閉庁)
砺波市 地図
Copyright (C) 2021 Tonami City All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る