砺波市

文字の大きさ

配色変更

Translation


お知らせ

お知らせ
関連情報に 109 件の情報があります

いきいき百歳体操グループ募集!

いきいき百歳体操グループ募集!<体操グループが80か所を超えました!> 砺波市では、いつまでも元気で生活できるよう「いきいき百歳体操」を広めています。この体操は、何歳から始めても継続することで筋力を維持・向上できます。そして転倒を防ぎ、立ち上がり等の動作が楽にできるようになります。 市内では、令和元年9月末現在で85グループがいきいき百歳体操に取り組んでいます。体操を継続して4年以上となったグループは2か所、3年以上となったグループも25か所あります。<体操の様子>  ★いきいき百歳体操継続グループ紹介★
福祉市民部 地域包括支援センター [2017年9月20日 (水曜日) 16時8分更新]

認知症サポーター養成講座~庄西中学校~

認知症サポーター養成講座~庄西中学校~ 令和2年7月8日(水)に砺波市立庄西中学校で「認知症サポーター養成講座」を開催し、生徒19人と教職員1人の計20人が受講しました。

 やなぜ苑在宅介護支援センターのキャラバン・メイト(認知症サポーター養成講座の指導者)1人、地域包括支援センター職員2人が講師となり、砺波市の高齢化の現状や、認知症の症状、認知症の人の気持ち、対応の仕方、介護予防等について、講義とワークを行いました。

 今回、総合的な学習の時間「砺波市の魅力発見、市の取り組みを知ろう」というテーマの中で、介護や介護予防に興味・関心を持った生徒が集まりました。

 新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、グループワークを個人ワークに変えて実施しました。認知症の人の「その人らしさ」や「地域の一員として自分たちにできること」について個人で考え、その後積極的に発表する姿があり、意見を共有する機会となりました。

 認知症の方への対応の心得として、①驚かせない、②急がせない、③心(プライド)を傷つけない の“3つの「ない」”を紹介しました。

 受講後、生徒からは「認知症のことが分かった」「対応の仕方が分かった」「3つのないを守りたい」「認知症の方に出会ったら対応できる」という意見が出され、認知症の理解を深めることができました。

 今後、サポーターのシンボルである「オレンジリング」を身に付け、地域で認知症の人を支える一人として、活躍してもらえたらと思います。
福祉市民部 地域包括支援センター [2017年7月31日 (月曜日) 16時7分更新]

認知症サポーター養成講座~富山県信用組合~

認知症サポーター養成講座~富山県信用組合~ 平成29年7月7日に、富山県信用組合の砺波支店において、「認知症サポーター養成講座」を開催しました。過去にも講座を受講されており、今年は1~3年目までの職員13名が受講されました。地域包括支援センターの職員3名が講師となり、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりに、企業の方々も加わっていただけるよう、認知症の症状、対応の仕方等について講義しました。 今回は、信用組合において実際に起こり得る場面を想定し、対応の仕方を考えました。ATMの操作が分からなくなる場面、通帳と印鑑を何度も忘れて窓口に訪れる場面について、DVDを見て寸劇を行いました。皆さん、普段から高齢者のお客様と接する機会が多く、寸劇でも穏やかで優しい口調で話されていました。 受講後は、サポーターのシンボルである「オレンジリング」を授与しました。今後、地域で認知症の方やその家族の「応援者」として、活躍していただけたらと思います。
福祉市民部 地域包括支援センター [2017年7月26日 (水曜日) 10時45分更新]

砺波市健康福祉施設 ゆずの郷 やまぶき グランドオープン! ~庄川の畔でみんな健康に~

砺波市健康福祉施設 ゆずの郷 やまぶき グランドオープン! ~庄川の畔でみんな健康に~“「庄川清流温泉」を楽しめる健康・福祉・交流の拠点”をコンセプトに、子どもから高齢者まで誰もが快適に利用でき、親しまれる施設として「ゆずの郷 やまぶき」がオープンします。パークゴルフ場やパットゴルフ場等の利用とあわせ、庄川清流温泉に入浴していただくことで健康増進と介護予防につながり、末永く地域の皆さんに愛される施設を目指します。
福祉市民部 社会福祉課 [2017年4月7日 (金曜日) 12時0分更新]

【三世代同居推進事業】~三世代交流ふれあい事業~

【三世代同居推進事業】~三世代交流ふれあい事業~ 市内の自治会や団体が、異なる世代間で昔ながらの遊び(おはじき、竹馬、お手玉、メンコなど)や郷土料理等の伝承、スポーツ・レクリエーションを通して交流する活動を支援します。ぜひ、この機会に活動を行ってみませんか。地域の皆さまのお申し込みをお待ちしています。
教育委員会 生涯学習・スポーツ課 [2017年3月22日 (水曜日) 16時10分更新]

障害を理由とする差別の解消の推進に関する砺波市職員対応要領

障害者差別解消法に基づき、砺波市職員の対応要領を策定しました。
企画総務部 総務課 [2017年3月7日 (火曜日) 17時0分更新]

障害者差別解消支援地域協議会について

 砺波地域(砺波市・小矢部市・南砺市)において、平成29年3月1日に「砺波地域障害者自立支援協議会」を「砺波地域障害者差別解消支援協議会」として位置づけました。
 障害者差別解消支援地域協議会は、障害者差別解消法に基づき組織することができる協議会で、障害福祉関係機関が、障がい者差別に関する相談事例等の情報の共有・協議を通じて、障がい者差別の解消のための取組を主体的に行うネットワークです。砺波地域障害者差別解消支援協議会がその役割を担います。
福祉市民部 社会福祉課 [2017年3月1日 (水曜日) 8時30分更新]

平成27年度 教育委員会の事務の点検・評価結果をお知らせします

 砺波市教育委員会は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条第1項の規定により、平成27年度(平成27年4月~平成28年3月分)の事務の管理及び執行の状況について点検及び評価を行い、その結果に関する報告書を作成いたしましたので、公表します。
教育委員会 教育総務課 [2016年12月28日 (水曜日) 11時43分更新]

「介護マーク」を見かけたら温かく見守ってください

「介護マーク」を見かけたら温かく見守ってください 認知症の方の介護は、周りの人から見ると介護をしていることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれることがあります。 介護する人が介護中であることを周囲に理解していただくために、厚生労働省では「介護マーク」の普及を図っています。 砺波市においても、認知症の方やその家族が安心して暮らせる地域づくりを目指し、「介護マーク」の普及を始めました。
福祉市民部 地域包括支援センター [2016年12月20日 (火曜日) 15時4分更新]

となみぃ~の子育て支援情報

となみぃ~の子育て支援情報◎砺波市の子育てに関するすべてのまとめページです。    お子さんについての情報を8つの項目にまとめました。  お花をクリックしてくださいね。
教育委員会 こども課 [2016年12月14日 (水曜日) 13時2分更新]


砺波市役所
砺波市役所 法人番号:7000020162086
所在地:〒939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話番号:0763-33-1111
ファックス番号:0763-33-5325
Eメール:info@city.tonami.lg.jp
開庁時間:平日午前8時30分~午後5時15分
(12月29日から1月3日は閉庁)
砺波市 地図
Copyright (C) 2021 Tonami City All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る