砺波市公式観光サイト 砺波旅(となたび)

お問い合わせ 観光パンフレット 翻訳する

砺波郷土資料館

コンテンツID:1330393645 最終更新日:2021年8月3日 (火曜日) 8時30分

砺波郷土資料館
郷土の資料



 郷土資料館は明治42年に中越銀行として建てられた建物を、昭和57年にチューリップ公園内に移築したもので、明治洋風建築の代表的な建物として、砺波市の文化財に指定されています。

 外観は木造2階建入母屋土蔵造りですが、内部はギリシャ建築のコリント様式となっています。日本の宮大工や井波彫刻の職人の手によるもので、柱からシャンデリアに至るまで精巧な細工が施されています。ケヤキがふんだんに使用された建物は、全体的に和洋折衷の擬洋風の建築になっていますが、そこかしこから職人の技術と明治のロマンがひしひしと伝わってきます。

 現在は、砺波市立砺波郷土資料館として郷土の地理・歴史・民俗等の展示のほか、それらの調査、資料収集を行っています。

 



メールアドレス shiryokan@city.tonami.lg.jp



ご案内

住所 〒 939-1382
砺波市花園町1-78
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜日/第3日曜日/祝日/年末年始(12/29~1/3)
料金 無料
お問い合わせ先 0763-32-2339

関連情報



    砺波正倉 散居のまち、砺波市 となみブランド I Love Tulip. 飛越能 加賀藩 (富山県西部地区観光協議会 散居村 TONAMI-STAY 庄川峡
Copyright(c) 2012 Tonami city all right reserved.