砺波市公式観光サイト 砺波旅(となたび)

お問い合わせ 観光パンフレット 翻訳する

フォトライブラリ


瓜裂清水 

コンテンツID:1301240119 最終更新日:2011年5月23日 (月曜日) 16時23分
瓜裂清水(うりわりしょうず)

昭和62年3月30日・市指定
砺波市庄川町金屋

 この清水は杉谷山(現在の前山)の庵から地方教化に出かけた綽如上人(本願寺五世・のち1390年瑞泉寺を開創)が、岩黒のこの地で休息の折に駒の蹄が突然陥没し、その跡から清水が湧き出したと伝えられています。
 この霊水で、教化の徳に慕い寄る里人が、上人に献上した瓜を冷やしたところ、瓜は自然に裂け、その冷たさとおいしさは格別で、上人はことのほか満足され、ここを「瓜裂清水」と命名されたといいます。その後、霊水として地方にまれにみる清水とたたえられ、炎天連日に渡る大干ばつの時も、祐渇することなく現在に至っています。
 この瓜裂清水は、井波と金屋岩黒村、さらに庄金剛寺を経て水戸田(旧 大門町)方面に通ずる上使街道(近世の主要道)の傍らにあり、道行く人々はこの清水で口をすすぎ、喉を潤したといわれ、また冬季は川の流水より温かいため、深い雪をかきわけ掘り起こした特産の葱を洗うのに適していました。
 昭和12年(1937)、地方有志によって、綽如上人御旧蹟保存会を設立し、古風茶亭式の東屋一棟を建て休憩所とし、南壁面(崖)に不動明王などの石仏を配し、綽如上人の遺徳を偲んでいます。
 昭和60年(1985)3月、当時の環境庁が選定した「全国名水百選」に選ばれ、また、昭和61年には「富山の名水」にも指定されました。

富山の名水にも指定された「瓜裂清水」

地図

地図

※ 地図左縮尺メモリ上部の+(プラス)マークをクリックすると地図が拡大されます




利用規約

このサイトは砺波市の観光地や観光施設の高解像度画像の配布を目的としています。

ご利用にあたっては下記の利用規約を必ずお読みの上、画像使用申請フォームよりお申し込みください。


フォトライブラリの分類



    砺波正倉 散居のまち、砺波市 となみブランド I Love Tulip. 飛越能 加賀藩 (富山県西部地区観光協議会 散居村 TONAMI-STAY 庄川峡
Copyright(c) 2012 Tonami city all right reserved.