砺波市
最終更新日:2017年8月17日 (木曜日) 9時30分 コンテンツID:1502334038

ふるさと探検!屋敷林と工場見学 親子ツアーを開催しました!

庭を散策し、豊富な樹木の説明を聞きました
屋敷林の中と外では最大7度も気温差がありびっくり!


平成29年8月11日(祝)に「ふるさと探検!屋敷林と工場見学 親子ツアー」を開催しました!
コカ・コーラ社も環境に配慮した取組みを行っています
いろんなまちのかたちを比べながら、砺波の特長を学びました
家が点々と散らばるこの景色が、砺波市の財産です

 

 このツアーは、若い世代に「屋敷林」の役割や良さを体感してもらい、屋敷林の育成や散居景観の保全について考えるきっかけにするため、砺波市屋敷林保全管理検討会が平成28年度から開催しているものです。

 

 当日は親子7組が参加し、砺波市屋敷林保全管理検討会委員が同行しました。

 また、砺波カイニョ倶楽部さんにもご協力いただきました。

 

 今回は、砺波市の保存樹林にも指定されている、東野尻地区のお宅を訪問しました。

 屋敷林の中と外の気温を実際に温度計で測り、「数字」と「肌」で屋敷林が夏の暑さを和らげる働きをもつことを学びました。

 

 また、北陸コカ・コーラ砺波工場では庄川の水の恵みや環境に配慮した取組みについて説明を聞き、散居村展望広場では、他所の集村、街村、円村の写真パネルと砺波の散居村の景色を比べながら、砺波平野の成り立ちや特長を学びました。

 

 

★参加者の感想★

「散きょ村のけしきや屋しき林の木が心に残った。(こども)」

 

「山から見る景色がきれいで輝いていました。コーラの工場では、そんな歴史があったんだとわかりました。来年もいきたいです。(こども)」

 

「鳥の眼、人の眼、虫の眼で物事を見、考える。生活が景色、景観になり、地域の資源となる。水もとなみ野の大切な資源である。いずれも、となみ野の大事な資源で誇るべきもの。みんなで残していきましょう。(大人)」

 

「保全会、砺波カイニョ倶楽部の方の詳しい解説があってよかったと思います。子供たちも生の声が聞けたと思います。(大人)」




カテゴリー

生活環境
観光・産業
農林業
まちづくり

情報発信元

農地林務課 (2号別館1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-6851