砺波市
>最終更新日:2021年9月21日 (火曜日) 12時0分 コンテンツID:1371194429

[お知らせ]『スズメバチ』に注意しましょう!!

 多くのハチは、害虫を捕食したり、花粉を媒介したりと自然の中で大きな役割を果たしています。
 スズメバチは、野山から住宅地まで幅広く生息しており、夏から秋にかけて数が増え、活動が活発になります。この時期は巣を守るために攻撃的になりますので、スズメバチの被害に遭わないよう、注意しましょう。

■スズメバチに刺されないために 『スズメバチを刺激しないことが重要です』
●巣には近づかない
 巣に近づくなど、刺激しない限り、スズメバチは積極的に人を刺すことはありません。
 庭木の手入れ時などは、スズメバチが近くに飛んでいないか、庭木の中に巣がないかなどに注意しましょう。
●黒い色の服装を控える
 黒い色はスズメバチを興奮させ、攻撃の標的と認識させるおそれがあります。
●においに気をつける
 香水やヘアスプレーなどの、においの強いものを身につけないようにしましょう。
 またスズメバチは、清涼飲料水やアルコール飲料などにふくまれる糖分に誘引されることがあります。バーベキュー等屋外で飲食する場合は、注意を払い、空き缶等は適切に片づけましょう。
●スズメバチが近寄ってきた場合
 大声を出したり、手で振り払ったりすることは避けましょう。
 姿勢を低くして、静かにその場を離れましょう。

■スズメバチに刺されてしまった場合は
 まずはその場を速やかに離れてください。
 患部から毒をできるだけ取り除き、氷で冷やすなどの応急措置をとり、医療機関で受診しましょう。

■スズメバチの巣を駆除するには
 市ではハチの駆除を行っていません。
 巣の所在する土地・建物の所有者や管理者が行うこととなります。また、スズメバチの巣の駆除は大変危険ですので、専門の駆除業者に依頼することをお勧めします。ただし、費用は依頼者の負担となります。

●砺波市スズメバチの巣の駆除費補助金制度
 「スズメバチ」による事故を未然に防止し、安全で安心な市民生活を確保するため、予算の範囲内において、巣の駆除に要する費用の一部を補助します。
 
 詳しい補助制度はこちらから→「砺波市スズメバチの巣の駆除費補助金について




カテゴリー

ライフステージ
生活環境

情報発信元

市民生活課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1372 ファックス:0763-33-6818