砺波市
>最終更新日:2011年4月20日 (水曜日) 12時11分 コンテンツID:1300069377

災害時伝言ダイヤル「171」の活用について

災害など緊急時は、通信回線が混乱し、携帯電話はもちろん一般電話もつながりにくくなります。
 このようなときは、伝言ダイヤル「171」を活用しましょう。

※携帯電話大手3社では「災害用伝言板」のサービスを行っております。使用方法につ いては、それぞれのHP若しくは、携帯サイトをご覧ください。

◎伝言ダイヤル「171」を利用
NTTでは、被災地への安否確認の電話が集中する際に、「災害用伝言ダイヤル」サービスを開始します。

■伝言を録音するとき
1.171をダイヤル
2.1をダイヤル
3.自宅の電話番号をダイヤル
4.伝言を吹き込む(30秒以内)

■伝言を聞くとき
1.171をダイヤル
2.2をダイヤル
3.安否を確認したい相手の自宅の電話番号をダイヤル
4.伝言を聞く

◎公衆電話を利用する
 災害時は、携帯電話はもちろん一般電話もつながりにくくなります。その際は、公衆電話を利用しましょう。



カテゴリー

ライフライン
震災関連情報

情報発信元

総務課 (本庁2階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-5325