砺波市
>最終更新日:2011年9月8日 (木曜日) 17時55分 コンテンツID:1315368599

10割負担で治療用装具を作ったのですが申請に必要なものは何ですか?

Q 質問事項:10割負担で治療用装具を作ったのですが申請に必要なものは何ですか?

A 保険証、領収書、医師の証明書、通帳が必要です。


【必要な書類】
①国民健康保険被保険者証
②領収書(明細が別になっている場合は明細も必要です)
③医師の証明書(装具装着証明書、作成指示書など)
④振込先口座の分かるもの(通帳等)

【窓口】
市民課国保年金係 又は 庄川支所市民福祉課

 申請後、医療費総額から被保険者の自己負担額(費用額の1~3割)を控除した額について払い戻します(おおむね1~2か月後の振込となります)。
 なお、国民健康保険税の滞納がある場合には、全額返還できない場合がありますので、ご了承ください。
※保険適用とならないものについては、療養費の支給はできません。
※2年を経過したものについては時効となりますので、療養費の支給はできません。


カテゴリー

ライフステージ
届出・証明・税金
健康・福祉

情報発信元

市民課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1358 ファックス:0763-33-6855