砺波市
>最終更新日:2021年1月7日 (木曜日) 0時0分 コンテンツID:1300954684

扶養になっているのに市県民税が課税されるのはなぜですか。

Q 質問事項:扶養になっているのに市県民税が課税されるのはなぜですか。

A 被扶養の所得要件と市県民税課税の所得要件が異なるため、被扶養者であっても市県民税が課税される場合があります。


被扶養の所得要件と市県民税課税の所得要件について

市県民税において合計所得金額が48万円以下(収入が給与のみの方の場合、給与収入103万円以下)の方は、生計を一にする方の扶養になることができます。

 

その一方で、合計所得金額が38万円(収入が給与のみの方の場合、給与収入93万円)を超える方には、所得金額に応じて市県民税をご負担いただくことになっています。

 

このように扶養の要件と市県民税課税の要件は異なっています。

(記載の要件は令和3年度課税以降の要件です。)

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(参考)令和2年度以前

市県民税において合計所得金額が38万円以下(収入が給与のみの方の場合、給与収入103万円以下)の方は、生計を一にする方の扶養になることができます。

その一方で、合計所得金額が28万円(収入が給与のみの方の場合、給与収入93万円)を超える方には、所得金額に応じて市県民税をご負担いただくことになっています。




カテゴリー

ライフステージ
届出・証明・税金

情報発信元

税務課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1302 ファックス:0763-33-6852