Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

1  | 2
次のページ

2020年01月30日 10:23




砺波図書館の2月のイベント予定などお知らせします。

☆第5回 出張カフェ体験Day☆

日時:2月4日(火)13:30〜15:30
場所:(現在の)砺波図書館


図書館でホッとひと息、出張カフェ♪
はじめて「火曜日」に開店します☆
ワークハウスとなみ野「かふぇ・ふ〜らり」さんの、
コーヒーは淹れたて、スイーツはどれも濃厚な本格派!!
今回も季節のスイーツが楽しみです(^^)




☆らんぷの会朗読会☆

日時:2/19(水)10:30〜11:50
場所:砺波図書館3F
参加費:無料
申 込:不要

「聴く」と「読む」じゃこんなに違う?!
朗読であの物語の世界に浸ってみませんか?
※大人の方が対象の朗読会です。


⇒詳しくはコチラ


☆図書館友の会講演会
「「令和」の典拠 『万葉集』について」☆


日 時:2月22日(土) 14:00〜15:30
場 所:砺波図書館3F
参加費:無料
申 込:不要(入場は先着順となります)


講師は、NHK「日めくり万葉集」の番組監修もされている、
高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸氏です。
「令和」の典拠となった『万葉集』のおはなしを、
この機会にぜひお聴きください。


⇒詳しくはコチラ



砺波図書館の毎月のイベントはこちら。

0〜2才くらいのお子様を対象にした読み聞かせ
★えほんのじかん★

2/4  (火) 10時30分〜
2/11 (火) 10時30分〜
2/18 (火) 10時30分〜※パパとおじいさんの読み聞かせ




幼児を対象にした読み聞かせ
★おはなしのじかん★

2/1  (土) 14時〜
2/8  (土) 14時〜
2/15 (土) 14時〜
2/26 (水) 16時〜





★親子映画会★

2/15(土) 10時30分〜/15時〜
「三年とうげ」
「ハチ公物語」(35分)




★聞いて 話して 世界が広がる!!(読んで語る会)★

2/8(土) 13時30分〜
「渦 妹背山婦女庭訓魂結び」(大島真寿美‖著)

テキストは図書館で用意しています。
はじめての方も歓迎ですよ♪




おすすめの絵本を紹介する
★そらいろのたね★


2/26(水) 10時〜
テーマは「人気のシリーズ絵本」です。




ツイッターでもイベント予定や新着案内、オススメ本など発信していますので、
こちらもチェックしてみてください(^^)

砺波市立図書館Twitter(@tonami_citylib)



  • 今月の予定@砺波図書館

2020年01月30日 10:14

庄川図書館2月のカレンダーです。
ご利用時の参考にしてください。



  • 今月の予定@庄川図書館

2020年01月29日 11:17

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「おふろ絵本であったまろう〜」をテーマに絵本を紹介しました。

冷え込む寒い日には、あったかいお風呂が恋しくなりますね。
いっしょに洗いあいっこしたり、泡だらけになる場面を、
「おふろ絵本」で楽しんでみてください♪


「おもちのおふろ」
(苅田澄子‖作 植垣歩子‖絵)


お風呂屋さんにやってきたのは、おもちの「もーちゃん」と「ちーちゃん」。
ウキウキと扉を開けると、そこは「しょうゆの湯」!
おすしたちが大勢いて入れないので、ふたりは次の「きなこの砂風呂」へ…。
いろんなお風呂が登場する、愉快で楽しい絵本です。


「おふろのくまちゃん」
(シャーリー・パレントー‖ぶん デイヴィッド・ウォーカー‖え)


「おふろだよ〜」と、ちゃいくまちゃんが、4匹のくまちゃんを呼びました。
でもお風呂ぎらいの4匹は逃げてしまいます。
困ったちゃいくまちゃんが、お風呂で体を洗っているとみんなが集まってきて…。
パステルカラーの愛らしいくまがたくさん登場する
「くまちゃんシリーズ」は、子どもたちにも大人気です。


「そら はだかんぼ」
(五味太郎‖作)


ライオンが、服を脱いでお風呂に入ろうとしたら、あれれ?
ライオンじゃなくてクマだったの??
予想を裏切る展開に、「えー!」と声が出ること間違いなし。
最後の「オチ」にまたまた驚いてしまう、
五味太郎さんならではの、シュールな”狙い”にビックリしてしまう絵本です。


「もりのおふろ」
(西村敏雄‖さく)


森の奥のお風呂に一匹のライオンがやってきて、
「ごしごし しゅっしゅ」と体をきれいに洗います。
そこへ今度はぞうがやってきて…。
森の動物たちが次々とお風呂にやってきて、みんなが輪になって体を洗いっこする場面は、
お話会でも「わぁ!」と歓声が上がる楽しいシーンです。
大型絵本も出ているので、そちらを使用するとさらに効果的ですよ。






さて来月は2/26(水)10時〜、テーマは「人気のシリーズ絵本」です。
お気軽にご参加をお待ちしています♪


  • おすすめ図書

2020年01月22日 16:23

「地域文庫」ってご存知ですか?

砺波図書館では、図書館まで距離のある地域の皆様にも読書を楽しんでいただくために、
地域文庫という取り組みを行っています。
詳しくは こちら ≪「地域文庫」があるのを知っていますか?≫


新明文庫、久泉文庫の本を交換しました♪

新明文庫は聞願寺に、久泉文庫は光圓寺にあります。
文庫には、子ども向けの絵本や紙芝居から、大人向けの小説や実用書が用意してあります。

新明文庫には約140冊、久泉文庫には約70冊あり、2か月に1回交換しています。
今回入れ替えした本は、令和2年3月19日までの貸し出しです(^^♪

楽しい本、シリアスな本、勉強になる本など、様々な種類の本があります♪♪

地域にお住まいの方ならどなたでも借りられますので、
ぜひご利用ください。


◇◆◇◇ 回 覧 板 ◇◇◆◇


地域の方々には回覧板に 「文庫からのお知らせ」 を入れています。
そちらにお住まいの方は、見てみてくださいね♪




  • 地域文庫

2020年01月21日 13:45

「図書館だより」1・2月号発行しました。
PDFでもご覧いただけます)




★新砺波図書館は令和2年11月1日(日)開館★

新砺波図書館の開館日が決定しました!
併せて、現砺波図書館は5/31(日)までとなります。
(6/1〜10/31まで引っ越し等の作業のため特別休館となります)

となブロでは、
新図書館の工事の様子などを写真や動画で公開していますので、
ぜひチェックしてみてくださいね♪


イベントレポートとして、
過去最高1106通の「イチ押し」POPが集まった「砺波市子ども読書月間」
新聞等でも取り上げていただいた「出張カフェ」
また、現在特別展示開催中の「科学道100冊」2019も紹介しています!




2月のイベント予定は、

☆らんぷの会朗読会☆
日時:2/19(水)10:30〜11:50
場所:砺波図書館3F
参加費:無料
申 込:不要

「聴く」と「読む」じゃこんなに違う?!
朗読であの物語の世界に浸ってみませんか?
※大人の方が対象の朗読会です。

☆図書館友の会講演会「「令和」の典拠 『万葉集』について」☆
日 時:2月22日(土) 14:00〜15:30
場 所:砺波図書館3F
参加費:無料
申 込:不要(入場は先着順となります)


講師は、NHK「日めくり万葉集」の番組監修もされている、
高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸氏です。
「令和」の典拠となった『万葉集』のおはなしを、
この機会にぜひお聴きください。


その他、次回の企画展示テーマ、
予約の多かった本ランキングなどなど。

また、図書館では皆さまの調べもののお手伝いをしています。
(「レファレンス」といいます)
今月は「先祖が出町水道のために尽くした人物と聞いている。人物名や系図が分かる資料はないか」
というレファレンス事例をご紹介しています。


その他の行事予定や図書館の話題は、
Twitterブログで発信していますのでチェックしてくださいね♪


  • 出来事

2020年01月19日 18:52





ものづくりの面白さからはじまる、科学の不思議さを体験・体感!

砺波図書館で特別展示中の「科学道100冊2019」とのタイアップ企画で、
子どもたちの科学心をくすぐるイベントを開催しました☆彡

講師は、サイエンスレンジャーとして活躍中の平井博政先生。
30組の小学生親子が参加してくれました(^^)




実験アイテムがたくさん!


最初は「音」の実験♪♪



イタドリという植物で笛を作ってみよう!
自分で作って、吹いてみています(^^)





先生はリコーダーまで作っちゃった!!



音階も変えられます。



こんな長い管を使うと、
恐竜の鳴き声を再現することもできるんだって!?


続いて「空気」の実験♪♪

ごはんを食べすぎて、空に浮かぶことができなくなったトトロ・・・
どうにかまた浮かせてあげたい!!
…ということで実験開始です☆彡




傘では、空に浮かべなくなったトトロ・・・






風船を使って、無事に空に浮かぶことができました・・・!!






空気の力を使って、
7Kgもあるボーリングの玉も浮かせることができました!!




たのしく科学を体験できたイベントになりました♪♪
平井先生、参加してくださった皆さま、
ありがとうございました(^^)


  • 出来事

2020年01月19日 10:39


一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!
【2019年】の終わりは はじまりです。




映画「ブレードランナー」の舞台は2019年。
退廃的な近未来を描いた衝撃作品で、
次の新たなステージを予感させる影響力がありました。
2019年を終えた今、また新たな近未来を描いた作品や、
科学的な未来予想の本などを紹介します。


「2030年の旅」(恩田陸ほか‖著 BOCアンソロジー)

「R帝国」(中村文則‖著)

「カザアナ」(森絵都‖著)

「Ank:a mirroring ape」(佐藤究‖著)

「消滅世界」(村田沙耶香‖著)

「ノミのジャンプと銀河系」(椎名誠‖著)

「ハーモニー」(伊藤計劃‖著)

「人工知能の見る夢は AIショートショート集」(新井素子‖ほか著)

「世界を動かす100の技術」(日経BP社‖編)

「2050年衝撃の未来予想」(苫米地英人‖著)

「2050年のメディア」(下山進‖著)

「未来の年表 2」(河合雅司‖著)


…などなど。





  • おすすめ図書

2020年01月16日 12:55

 JR砺波駅から新砺波図書館まで歩いてみました。



































上記の写真を1枚にプリントアウトし、折りたたんで冊子にできるフォームを作りました。


データ(PDF)は、↓こちらよりダウンロードしてご利用ください。


  • 新図書館情報

2020年01月16日 12:38

 南側の外部足場が解体され、新砺波図書館の南面が姿をあらわしました!


 大きなコンクリートの壁面だけに見えますが・・・


 直射日光を遮りながらも自然光を取り入れ、中の様子が見える仕掛けとなっています。



 図書館の中の様子が見えることで、
南側の道路を行き交う方を図書館に誘う!
そんな魅力的な図書館に


  • 新図書館情報

2020年01月15日 10:46




★子ども科学ショー&ものづくり教室★
日時:令和2年1月19日(日) 13:30〜15:00
場所:庄川生涯学習センター
対象:小学3〜6年生と保護者
定員:親子30組(受付は終了しました)
参加費:1人100円

講師は、サイエンスレンジャーとして活躍中の平井博政先生です。

ものづくりの面白さからはじまる、科学の不思議さを体験・体感!



★★関連特別展示!★★
「知りたい!」が未来をつくる
科学道100冊2019

砺波図書館では1/5〜2/11まで特別企画展示を開催します。
貸出も本日1/15〜可能になりました!




  • イベント案内

2020年01月11日 17:32



本を読んで、語り合えば、世界が広がる!

同じ本を読んでも感想は人それぞれ。
思いもしなかった視点を知ると、自分の世界が広がるかも(^^)

1月の「読んで語る会」は、
三浦しをん・著「あの家に暮らす四人の女」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。


その一部をご紹介すると…

「娯楽的で読みやすいが、人間の本質が描かれていて面白かった」

「今風のツッコミに声を出して笑ってしまった」

「心に残る文章、繰り返し読んでしまう部分がいくつかあった」

「女性がどんなことを考えているのか、分かった気がした」

「現代では女性だけで暮らすこの作品のような世界はファンタジーに感じるが、将来は…?」

などなど。

・・・・・・・・・・・・・


次回は2/8(土)の開催です。
テキストは「渦 妹背山婦女庭訓魂結び」(大島真寿美‖著)
昨年の直木賞受賞作。
大阪の儒学者の次男として生まれた成章は、
やがて浄瑠璃の魅力に取りつかれていく。
人形浄瑠璃作者、近松半二の生涯を描いた作品です。

テキストは図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね♪



  • 出来事

2020年01月11日 09:54



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。


現在砺波図書館では、科学をテーマにした本を集めた
★科学道100冊★
の特別企画展示を開催中です。
1/15(水)からは貸出もできますので、
科学のおもしろさを書籍で体感してくださいね♪

それに関連して、子ども向けタイアップ企画も!

★子ども科学ショー&ものづくり教室★
日時:1/19(日) 13:30〜15:00(2日間の教室です)
場所:庄川生涯学習センター 1階多目的ホール
対象:小学校3年生から6年生(保護者同伴でお願いします)
参加費:お一人100円


定員は親子30組ですので、お早目にお申込みくださいね!


さて今月は、お正月にちなんだ本を紹介しました。



「パワースポットはここですね」
(高橋秀実‖著)


著者の高橋さんは1961年生まれのノンフィクション作家です。
2012年の『「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー』は、
第23回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞したほか、
ドラマ化もされるほど話題となりました。

著者は、日本にある世界遺産を巡り、日本を浮き彫りにしたい、
英訳も視野に入れて、ガイドブックのような本を作ってみたい
と目論んで取材に出たそうです。
ところが取材先の地元の人の元気がない。
取材先ではなく「パワースポットに行く」と答える方も。

そこで「パワースポット」について調べ始めた著者。
オカルト雑誌『ムー』の編集長によると、、
パワースポットは必ずしも神社の社殿などではなく、
境内の中の井戸、参道にある岩など一種の変化球であり、
写真を待ち受けにしたり、SNSにあげたり、時代にもマッチしているという話でした。

先行きの希望が見えない時代だからこそ、
せめてパワーをもらおうと人は「パワースポット」に向かう。
著者はそんな場所を巡りながら、「パワースポット」とは、
自分が「居る」ことが実感できる場所なのではないかと思索を深めていきます。

事実から探っていこうとする姿勢はさすがノンフィクション作家。
日本人の感性についても考えさせられる1冊です。
立山博物館も「三途の川」の項で取り上げられていますよ。


  • おすすめ図書

2020年01月10日 17:26

今年も早速開店♪
砺波図書館での出張カフェも4回目になりました(^^)










新作はプリンタルト♪
開店直後を狙って買いにこられた方が何人もいらっしゃいましたよ(^^)

「かふぇ・ふ〜らり」砺波図書館店、
来月も開店するかな?
どうぞお楽しみに♪


新砺波図書館では、エントランスホール内に休憩ラウンジができます。
飲食スペースとして、またいろいろな人や活動に出会えるエリアとして、
多くの方に親しんでいただきたいと思っています(^^)v


  • 出来事

2020年01月10日 12:55






★新砺波図書館は令和2年11月1日(日)開館★

新砺波図書館の開館日が決定しました!
竣工式&図書館業務を開始する11月1日は、砺波市誕生の日でもあります。

併せて、現砺波図書館は5月31日(日)までの開館となります。
(6月1日〜10月31日までは、引っ越し等の作業のため特別休館となります)
また、特別休館中は、
庄川図書館で新刊や人気の図書の一部を貸出しを行う予定です。


新砺波図書館のコンセプトは
「大屋根の下のワンルームの図書館」
基本理念は
「学びをつなぐ図書館」

地域のみなさんに愛される図書館になるよう、
ぜひ一緒に盛り上げてくださいね(^^)

となブロでは、
新図書館の工事の様子などを写真や動画で公開していますので、
ぜひチェックしてみてください♪


  • 新図書館情報

2020年01月08日 16:14




2020年もはじまりました。
毎週火曜日10:30〜は、
「砺波ファーストブック」さんによる「えほんのじかん」です。

砺波市の赤ちゃんの健診の際に、
「はじめてのえほん(ファーストブック)」をプレゼントする活動もされています。
砺波図書館では、毎週0〜2歳児の読み聞かせを行っていますよ♪

新年最初ということで、大きなお鏡もちの飾りも!!
2ヵ月に1度の「スペシャル会」も毎回大盛況ですよ。
図書館のTwitterなどでチェックしてみてくださいね(^^)

今年もみなさんの参加をお待ちしています☆彡




  • 出来事