Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6
次のページ

2019年08月28日 12:07

 屋根鉄骨の建方に取りかかりました。


 約一か月間で大屋根の鉄骨を組み上げていきます。

 
 完成予想図は、


 新砺波図書館の配置計画図は、


 ここである疑問が・・・!?

 ・完成予想図を見ると、屋根の上側の辺と下側の辺は水平で、平行になっています。
 ・配置計画図を見ると、屋根の形は大きな台形のような…。

 はてさて、そのような屋根を組み上げることが出来るのか???

 名刺を新砺波図書館の屋根型に切って、屋根の下側の辺にあたる部分を水平に置き、傾斜をかけてみた。

 屋根の上側の辺は水平にならないのね。

 どのように施工されるのか 興味が湧くところ (@_@)シントショカンカラ メヲハナスナ
 



安全に! 安全に! 確実に!         .
そして、台風が来ないことを祈るばかりです。


  • 新図書館情報

2019年08月27日 12:26

 砺波図書館の書庫内で、新砺波図書館への引越し準備を始めました。





 また、 9月18日(水)から現砺波図書館内にてIC貼付作業を開始します。
 作業にともない、貸出しをお待たせする場合がありますが、ご協力のほどお願いいたします。


  • 新図書館情報

2019年08月24日 11:34

 新砺波図書館建設工事が順調に進捗し、躯体工事も完了し、その姿が少しずつ見えてきています。
 8月28日からは、屋根鉄骨の建方にとりかかります。

 新図書館への期待の高まりもあり、問合せが増えてきています。
 その中からよく聞かれる2つのご質問についてお答えします。


よくあるご質問

Q.新砺波図書館では、これまでの図書館利用カードが使えるの?

A.ご利用いただけます! 図書館利用カード(バーコード式)の変更はございません。




Q.新砺波図書館で本を借りるときの変更点は?

A.セルフ貸出機で貸出処理をしていただきます。

  【ICタグを活用した新システムに移行します。(利用者プライバシーの保護・資料の盗難防止対策)】


 新図書館ではセルフ貸出機を導入し、本の貸出手続きはご自身で行っていただくことになります。


 また、ICタグを利用した新システムとして「予約資料受取りシステム」や「ICゲート」も導入します。



 ICタグを利用するにあたり、9月中旬から現砺波図書館の館内でIC貼付作業を開始します。
 この作業にともない、貸出しをお待たせする場合がありますが、ご協力のほどお願いいたします。

 なお、図書資料の予約などでもご利用いただいております砺波図書館の蔵書検索サイト「となみっけ!」は、新砺波図書館でも引続きご利用いただけます。




♪図書館は有機物♬


  • 新図書館情報

2019年08月23日 18:18

 新図書館建設現場では、躯体工事も完了し、屋根鉄骨の建方にとりかかろうとしています。


 昨年11月の広報となみに掲載いたしました新砺波図書館の整備概要について、改めて少し記載します。

コンセプト  大屋根の下のワンルームの図書館
          ・ ワンルームの内部空間
          ・ ランドマークになる大きな屋根
          ・ イニシャルコストとランニングコストの低減

基本理念  学をつなぐ図書館 世代を越えた交流の場となる図書館を目指す
          ・ 想像力を育み、学びを支援する図書館
          ・ 立ち寄りやすくいろいろな情報や人に出会える図書館
          ・ 地域の歴史と文化、暮らしや景観を未来へつなぐ図書館

主な整備内容
  施設配置:国道156号沿いの旧砺波体育センター跡地の約7,446uに整備 
  構   造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)※空調設備:地中熱利用による空調システム
  延べ面積:約3,342u(1階2,478u、2階864u)【現 砺波図書館:1,508u 】




それでは、

 気になるその完成予想図は・・・



 そして、気になるその内部は・・・




 9月21日(土)には、 毎年開催している市民参加ワークショップを開催します。

 今年度は、砺波地区(砺波市・小矢部市・南砺市)中学校文化連盟 美術専門部の「秋のアートワーク大会」と連携して開催いたします。
 新図書館の基本理念「学びをつなぐ図書館」をテーマにコンセプトワードの中から、砺波地区中学校の美術部生徒が連想した世界をのびのびとパネル(一人、 2m×1m)に描きます。
 完成した作品は、国道156号沿いの新図書館建設現場の白い仮囲いに設置し、道を行き交う多くの方にご覧いただきたいと思います。




  • 新図書館情報

2019年08月09日 14:58

新砺波図書館開館に向け、本にICタグを貼り始めます!



 新図書館ではセルフ貸出機を導入し、本の貸出手続きを自分で行うことになります。


 セルフ貸出の手順は・・・
 @パソコン画面で【貸出】をタッチ
 A図書館利用カードをカード読取り機(バーコードリーダー)にかざす
 B借りたい本を複数冊まとめてセルフ貸出機のセンサーの上に置く
 Cパソコン画面で貸出情報を【確認】
 D貸出票がプリントアウトされる → 貸出処理完了

 その準備のため、
 9月中旬から現砺波図書館の館内でIC貼付作業を開始します。

 作業にともない、貸出しをお待たせする場合がありますが、ご協力のほどお願いいたします。




 追伸 ICタグ貼付作業のアルバイトを募集されています。


  • 新図書館情報

2019年08月09日 14:35

 屋上階のコンクリート打設工事が行われています。

 建設現場内から撮影(東側→西側)


 国道156号側から撮影(西側→東側)


 8月下旬から屋根鉄骨の建方に取り掛かります。


  • 新図書館情報

2019年07月05日 12:46

足場が さらに高くなりました。



  • 新図書館情報

2019年06月14日 16:00

1、2階の躯体工事にとりかかっています。



  • 新図書館情報

2019年05月31日 12:53

定点カメラの映像



  • 新図書館情報

2019年02月23日 12:21

新砺波図書館建設現場を空から撮影しました。(2019/2/18撮影)

地足場の組立てや基礎配筋の工事が進んでいます。


↓画面をクリックすると、大きな写真で工事進捗状況が確認できます。




完成予想模型


完成予想パース



知の基礎を築く








  • 新図書館情報

2019年02月05日 18:20

 120tクローラークレーンが組み上がり、作業を開始しました。

 その大きさに、国道156号を運転される方は、わき見運転にご注意ください!


 
 砺波図書館の屋上から新砺波図書館の建設現場を望む。(゜o゜)
 東北東の方角に約700mの位置になります。
 

 チューリップタワーから新砺波図書館建設現場を望む。(@_@)
 南南西の方角に約500mの位置になります。
 砺波チューリップ公園南門からは 約250mです!!


 建設現場から (゜-゜)


大きすぎて、カメラに収まらず。



新図書館開館まで待てない。
今日から! 今から!! 図書館を利用してみませんか。


  • 新図書館情報

2019年02月01日 17:22

【新砺波図書館建設現場】

土工事が完了!
120tクローラークレーンの組み立てが始まりました。





  • 新図書館情報

2018年12月19日 18:30

平成30年12月19日 大安





 新砺波図書館の建設地(旧砺波体育センター跡地)で、工事の安全を祈りました。

 施主挨拶(夏野市長の挨拶)

 完成は2020年7月下旬、オープンは2020年の秋を予定しています。



 この様子は、KNBニュースで放送されました。http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=20469




 施主挨拶の一部を掲載いたします。

 本日ここに、「新砺波図書館整備事業」の起工式を、多くの関係者の皆様のご出席のもと開催できますことは誠に喜ばしく、心から感謝申しあげます。
 現在の砺波図書館は昭和48年に開館し、約45年を迎え、その間、貸出しを中心に据えながら映画会・読書会・学習講座などの場をはじめ、市民の読書活動の拠点として長らく利用されてまいりました。しかし、多岐にわたる市民ニーズへ対応するための蔵書冊数の増加による書庫・開架スペースの狭隘(きょうあい)化をはじめ、老朽化、耐震の面からも新たな施設整備が課題となってまいりました。
 そのため、このたび、砺波チューリップ公園をはじめ、砺波市文化会館、砺波市美術館、チューリップ四季彩館など、魅力的な観光施設や社会教育施設が多数立地するこの地に、新たな文化交流の拠点として整備させていただくことといたしました。
 整備いたします新図書館は、「大屋根の下のワンルームの図書館」を基本コンセプトに、国道側にその表情を見せることからランドマークになるものです。延床面積を現在のものから約2倍に広げ、北側入口を、エントランスホールや多目的会議室といった、人が集まり活動する動的なスペースとし、南側に進むにつれ、個人の読書、学習等の静的なスペースに移行する「動から静への緩やかな流れ」をつくってまいります。さらには、周辺施設との相互連携を図り、砺波ならではの魅力を提供したいと考えており、市民の皆さんが年間を通して立ち寄っていただくことで、世代を越えた交流の場となり、基本理念の「学びをつなぐ図書館」となるものと期待しているところであります。
 また、このたびの整備にあたりましては、地権者はもとより地域住民の皆様や、地元町内会及び出町自治振興会の皆様をはじめ、関係する皆様からの格別のご理解をいただき、本日の起工式を迎えられたことに改めて感謝申し上げます。このうえは、平成32年秋のオープンを目指して工事関係者の皆様には安全に、また的確に建設工事を進めていただくことをお願いいたしますとともに、地元の皆様にはしばらくご迷惑をおかけするところもあるかとは思いますが、よろしくご理解をいただきますよう重ねてお願い申しあげます。




何卒よろしくお願いいたします。


  • 新図書館情報

2018年09月19日 12:56

【新砺波図書館建設状況】

地中熱利用に向け、掘削工事が終わったところから地中熱交換器である高密度ポリエチレン管を埋設しています。





また、体育センター(体育館部)取り壊しに向け、大型重機が稼動しています。




機械との融和  .


  • 新図書館情報

2018年09月12日 08:29

【新砺波図書館建設状況】

地中熱交換器設置に向け、掘削工事が順調に進んでいます。



きょうから2号機が投入され、作業効率をアップします。


また、体育センター(体育館部)取り壊しに向け、大型重機がスタンバイ!



自然との融和  .


  • 新図書館情報