Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2021年03月18日 15:33





毎月第3木曜日は、
FMとなみ【76.9㎒】さん
砺波図書館からおススメ本の紹介をしています。
図書館のコーナーは12:20ごろ〜です♪



4月のイベントをご案内します。

★雑誌リサイクル★

日時:4月16日(金)〜21日(水)
場所:砺波図書館 多目的会議室
1冊10円 1人5冊まで


保存期間が終了した雑誌を1冊10円でお分けする、
毎年人気のイベントです。
庄川図書館では3月に行いました。
クラフトなどに人気の英字新聞もありますよ。
お目当ての雑誌がある方はお早目にご来館くださいね。
小銭のご用意をお願いします♪


★こども読書週間★

日時:4月13日(火)〜5月11日(火)

4月23日〜5月12日までの「こどもの読書週間」は、
子どもたちにもっと本を!の願いから1959年に始まりました。
本を読む楽しさを知っていることは、大人になるためにとても大切なことです。
砺波図書館では、チューリップフェアとタイアップし、
みんなのおすすめ本で「チューリップ畑をつくろう!」というイベントを開催します。
みなさんのおすすめ本を書いて、大きなチューリップに貼ってくださいね。


さて、今月紹介した本は・・・





「和菓子迷宮をぐるぐると」
(太田忠司‖著)


ランチについている煮魚一つにも、おいしさの理由を
科学的に検証してしまう、理系大学生の涼太。
関心を持つと一直線で、うんちく好きのちょっと変わり者です。
餡が苦手だった涼太ですが、ある時百貨店で、
「和菓 はなふさ」の店主・華房さんの作った練り切りに出会います。
表紙にも美しい練り切りあんの和菓子が使われていますが、
その「対数美的曲線」の美しさにすっかり魅了された涼太は、
華房に弟子入りすべく、大学院進学をやめて製菓学校に入学するのです。

高卒の学生たちに交じって製菓を学び始めた涼太。
小豆を選別し、たっぷりの水を入れて火にかける。
沸騰したら水を入れて一度湯の温度を下げる。
豆が膨らんだらざるにあげてゆで汁をきり、流水で洗い流す…
そこからさらに柔らかくしていくのですが、
この後に加える砂糖と塩、何をどれだけ使うかで餡の味は変わります。
理系男子の涼太は、答えを出そうともがきますが、
そこは答えのない「和菓子の迷宮」だったのです。

製菓学校の中で異色の存在の涼太ですが、
そんな彼に影響され、いつの間にか仲間が増えていきます。
和菓子コンテストに応募することになった彼らは、
自分の答えを求めて作品づくりに向かっていく…。

著者の太田さんは、ミステリー作品が多いですが、
この作品は青春小説のさわやかさがあふれています。
自分のやりたいことは何か?
誰もが一度は悩み惑う、選択の時期に読んでほしい物語です。



もう一冊ご紹介します。




「やけに植物に詳しい僕の街のスキマ植物図鑑」
(瀬尾一樹‖著)


著者はツイッターの「やけに植物に詳しい悟空」というアカウントで、
道端に生えている草のことを、ドラゴンボールの悟空の口調で教えてくれます。
街にそっと生えている、もしくは増殖している草花に注目した本です。

きっかけは、20歳の時にクローバーを探す行事に参加したことだそう。
そこでカタバミという、クローバーによく似た植物に出会いました。
クローバーは葉っぱが丸い形で、カタバミはハート型。
その違いに魅せられて、植物図鑑片手に草花観察を始めたそうです。

厳しい環境でも柔軟に姿を変えて、花を咲かせて芽をつける。
子孫を残す目的だけは失わずに生きていく。
普段目にする街の草花を知りたくなってくる本です。
コロナでなかなか出かけることが難しいこの時期、
身近な植物に目を向けてみませんか?


  • 企画展示・おすすめ図書

2021年03月06日 14:53




先日 砺波図書館で開催し大好評だったイベント
「POP作り講習会」

参加者の方が実際に作ったPOPをおススメ本と一緒に展示しています♪
場所は新着図書コーナーの近くです。






パソコンで作ったものも、手描きのイラストや文字にも、
パッと目を引く工夫がたくさんありますね〜(^^)
本の中の一文をフィーチャーしたり、
キャッチコピーをつけたり、
思わず手に取って読みたくなる力作ぞろいです♪

みなさん、自分の「推し本」が誰かと「偶然の出会い」になるよう、
思いを込めてPOPを作ってくださいました。
バラエティに富んだ「推し本」は貸出できます。
ぜひチェックしてみてくださいね!

「図書館お助け隊!」広報部では、
今後 定期的にPOPを作成し展示していく予定です。
活動に興味のある方は、砺波図書館までお問い合わせください♪


  • 企画展示・おすすめ図書

2021年03月05日 15:46

こんにちは!









企画展示「本屋大賞 歴代受賞作品」を開催しています。



本屋大賞とは…

書店員の投票だけで選ばれる、「全国書店員が選んだ いちばん! 売りたい本」の賞です。

ノミネートされた作品はベストセラーになることが多く、映像化されることも多々あります。


毎年多くの方が注目している賞です。


2021年大賞発表は4月14日


過去作品どれも名作揃いとなっていますので、この機会に手に取ってみてはいかがでしょうか?


  • 企画展示・おすすめ図書

2021年03月04日 18:48

こんにちは!










企画展示「みつめなおす いのちとこころ」展開中です!


仕事、学校、家庭のことなど…ちょっと人に相談しにくい悩みに関する本や、疲れた心がふっと楽になるような本を展示・貸出しています。


中高生向けに書かれた本や、どなたにも読みやすい絵本
もありますよ♪


砺波市健康センターとの連携企画です。


相談ダイヤル等が書かれたチラシも配布しています!



*こんな本があります*

『365通りのストレス対処法』アダム ゴードン‖編集

『「心がラク」がずっと続くヒント 』森川 那智子‖著

『10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法』長沼 睦雄‖著

『こころのえ?ほん 命はどうしてたいせつなの?』大野 正人‖作 ハラ アツシ‖絵

『自傷・自殺のことがわかる本 自分を傷つけない生き方のレッスン』松本 俊彦‖監修



…など。ぜひお立ち寄りください♪


  • 企画展示・おすすめ図書

2021年02月18日 14:27





毎月第3木曜日は、
FMとなみ【76.9㎒】さん
砺波図書館からおススメ本の紹介をしています。
図書館のコーナーは12:20ごろ〜です♪



3月のイベントをご案内します。

砺波市立図書館友の会講演会
★図書館と 美術館 の望ましい連携の姿★

日時:3月4日(木) 14:00〜15:30
場所:砺波図書館 多目的会議室
講師:砺波市美術館館長 杉野 秀樹 氏
参加費:無料
定員:先着40名
申 込:砺波図書館・庄川図書館まで


杉野氏は砺波市出町の出身で、2017 年から富山県美術館副館長を務め、
昨年10月より砺波市美術館の館長として着任されました。
図書館と美術館の未来の姿について、
ご自身のご経験からお話ししていただきます。

友の会会員以外の方も聴講できます。
ご参加、お待ちしています。


さて、今月紹介した本は・・・





「北海道開拓の素朴な疑問を関先生に聞いてみた」
(関秀志‖著)


著者の関さんは昭和11年(1936)、北海道苫前郡苫前町生まれ。
祖父が香川県から北海道に入植した開拓移民3代目で、
元北海道開拓記念館(現北海道博物館)の学芸部長を務めておられました。
北海道開拓・移民の歴史や生活について会話形式でわかりやすく解説した本です。

政治的な背景や政策などもわかりやすく解説されているとともに、
開拓に挑んだ明治期の人々の挑戦や、そこでの生活について、
写真を交えて詳細に語られています。
特徴的な地域に絞らず、俯瞰して歴史を描いているところが、
この本の魅力だと思います。

砺波地域からも多くの人が北海道に移住しています。
この本の中にも、砺波地域に関連する記事や、
鷹栖村の松平農場に移住した人たちが魚津港で撮った記念写真なども載っています。

「開拓者精神を忘れない」という言葉がありますが、
開拓の実態を知らない道民も増えてきているそうです。
言葉だけでなく開拓の実態や、現在の町がその開拓によって作られたことを知ってほしい。
また、日本各地から集まった開拓者たちは、
自分の考えと異なる人を一方的に排除することなく、
柔軟な地域社会を作ってきた道民性を、これからも大切にしてほしい
という著者の思いも込められた一冊です。



もう一冊ご紹介します。




「失われゆく仕事の図鑑」
(永井良和・高野光平‖他著)


江戸〜明治〜大正〜昭和〜平成の間に、生まれては消えていった様々な職業、
または消えつつある職業、復活しつつある職業、あるいは自動販売機…を、
時にはアカデミックに、時にはオフザケを交えながら紹介した本です。

たとえば「踏切番」なる職業が、砺波駅にもあったことをご存じですか?
昔は手動で、早すぎても遅すぎてもいけない、
ある種の職人技術が必要な仕事だったそう。

他にも、新時代の女性の象徴「タイピスト」、
1960年代まで銀座を中心にいた「花売り娘」、
割烹や旅館などでお客の靴を管理する「下足番」、
消えつつあるのか形を変えただけなのか「ダフ屋」
などなど…
マニアックなところが、読んでいて面白いです。

職業や仕事は、その時代時代で必要不可欠だったもの。
実はこの本のヒントに使ったのが、『米朝落語全集 増補改訂版』の索引とのこと。
「こういう言葉も通じんようになりましたなあ」と、
ただノスタルジーに浸るのではなく、社会全体について考えるきっかけになる本です。


  • 企画展示・おすすめ図書

2021年01月05日 15:33

こんにちは!








砺波図書館で企画展示

「あなたはどっち派?犬VS猫」

が展開中です!

砺波市立図書館のキャラクターは「みっけねこ」










ですが、犬も負けていません…!


気軽に手に取れる本がたくさん揃っています。
ぜひご覧ください!


  • 企画展示・おすすめ図書

2021年01月05日 15:11

こんにちは!





砺波図書館の企画展示が新しくなりました。


「BPM Reading 心拍数で本を読む。」


BPM(ビート・パー・ミニッツ)とは、1分間に何拍あるかを示す言葉。
医学用語としては、「1分間の心拍数」のことを指します。


本を「ジャンル」や「著者」ではなく、本を読んでいるときや読み終わった後の
「読み手の心拍数」で捉えること=「BPM Reading」
こちらは日本出版販売株式会社さまが名付けました。


読み手の気分やその日のトーンで本を選べる、新しい本との出会い方です。


「すごく落ち着く」
「落ち着く」

「ふつう」

「興奮」

「超興奮」


の5つに分けて本を紹介しています。

今の気分はどれですか?


  • 企画展示・おすすめ図書

2020年12月02日 12:00

こんにちは!




児童向けにクリスマスのコーナーを追加しました!

「どきどき&わくわくクリスマス」

クリスマスに関する絵本や読み物がそろっています。
図書館でクリスマス気分を盛り上げよう♪


  • 企画展示・おすすめ図書

2020年06月05日 09:17




砺波図書館で昨年購入した朗読CDの一部が、
庄川図書館で貸出できるようになりました!

古典だけでなく、人気の時代小説や落語、講演などもあります。
手仕事や家事をしながらも楽しめると、
これまで聴いたことがなかった方も、利用される方が増えていました。

砺波図書館の引越休館中も、庄川図書館で貸出しますので、どうぞご利用ください♪

⇒朗読CDリストはコチラ (PDF版)
※庄川図書館で貸出できるのは、このうちの一部になります。


↓↓拡大してみてね↓↓




  • 企画展示・おすすめ図書

2020年05月09日 14:09

砺波・庄川図書館では、現在、事前予約された本のみ貸出をしています。

【お願い】
 ※インターネット、メールまたは電話で来館前に予約をお願いします。
 ※予約された本が用意できたらご連絡いたしますので、連絡を受けてからご来館ください。
 ※砺波・庄川図書館に所蔵の本のみとなります。他館からの取り寄せはできません。
【電話・メール予約】
砺波図書館 TEL:0763−32−4128
          メール:tonami-lb@city.tonami.lg.jp
庄川図書館 TEL:0763−82−0266
          メール:shogawa-lb@city.tonami.lg.jp
【インターネット予約】※インターネット利用登録が済んでいる方のみ
 ⇒ 蔵書検索となみっけ!  予約のやり方



本選びの参考に、新刊・実用書・大活字本の書架の写真をアップします!







これまでに「となブロ」でご紹介した一般書や絵本のおすすめ図書は、
↓こちらをご覧ください。
一般書や絵本のおすすめ図書


幼児、小・中・高校生向けのブックリストは、
↓こちらをご覧ください。
ブックリスト【フルフル】


📚心を元気にすることが特効薬💊


  • 企画展示・おすすめ図書

2020年05月05日 09:30

砺波・庄川図書館では、現在、事前予約された本のみ貸出をしています。

【お願い】
 ※インターネット、メールまたは電話で来館前に予約をお願いします。
 ※予約された本が用意できたらご連絡いたしますので、連絡を受けてからご来館ください。
 ※砺波・庄川図書館に所蔵の本のみとなります。他館からの取り寄せはできません。
【電話・メール予約】
砺波図書館 TEL:0763−32−4128
          メール:tonami-lb@city.tonami.lg.jp
庄川図書館 TEL:0763−82−0266
          メール:shogawa-lb@city.tonami.lg.jp

【インターネット予約】※インターネット利用登録が済んでいる方のみ
 ⇒ 蔵書検索となみっけ!  予約のやり方



本選びの参考に、
児童書や学習マンガの書架の写真をアップします!


















これまでに「となブロ」でご紹介した一般書や絵本のおすすめ図書は、
↓こちらをご覧ください。
一般書や絵本のおすすめ図書

幼児、小・中・高校生向けのブックリストは、
↓こちらをご覧ください。
ブックリスト【フルフル】


📚心が元気になることが特効薬💊


  • 企画展示・おすすめ図書

2020年05月05日 09:15

砺波・庄川図書館では、現在、事前予約された本のみ貸出をしています。

【お願い】
 ※インターネット、メールまたは電話で来館前に予約をお願いします。
 ※予約された本が用意できたらご連絡いたしますので、連絡を受けてからご来館ください。
 ※砺波・庄川図書館に所蔵の本のみとなります。他館からの取り寄せはできません。
【電話・メール予約】
砺波図書館 TEL:0763−32−4128
          メール:tonami-lb@city.tonami.lg.jp
庄川図書館 TEL:0763−82−0266
          メール:shogawa-lb@city.tonami.lg.jp
【インターネット予約】※インターネット利用登録が済んでいる方のみ
 ⇒ 蔵書検索となみっけ!  予約のやり方



本選びの参考に、
新着図書の書架の写真をアップします!





これまでに「となブロ」でご紹介した一般書や絵本のおすすめ図書は、
↓こちらをご覧ください。
一般書や絵本のおすすめ図書


幼児、小・中・高校生向けのブックリストは、
↓こちらをご覧ください。
ブックリスト【フルフル】


📚心が元気になることが特効薬💊


  • 企画展示・おすすめ図書

2020年05月04日 12:00

砺波・庄川図書館では、現在、事前予約された本のみ貸出をしています。

【お願い】
 ※インターネット、メールまたは電話で来館前に予約をお願いします。
 ※予約された本が用意できたらご連絡いたしますので、連絡を受けてからご来館ください。
 ※砺波・庄川図書館に所蔵の本のみとなります。他館からの取り寄せはできません。
【電話・メール予約】
砺波図書館 TEL:0763−32−4128
          メール:tonami-lb@city.tonami.lg.jp
庄川図書館 TEL:0763−82−0266
          メール:shogawa-lb@city.tonami.lg.jp
【インターネット予約】※インターネット利用登録が済んでいる方のみ
 ⇒ 蔵書検索となみっけ!  予約のやり方



本選びの参考に、
一般書、児童書や企画展示の書架の写真をアップします!









これまでに「となブロ」でご紹介した一般書や絵本のおすすめ図書は、
↓こちらをご覧ください。
一般書や絵本のおすすめ図書


幼児、小・中・高校生向けのブックリストは、
↓こちらをご覧ください。
ブックリスト【フルフル】


心が元気になることが特効薬💊


  • 企画展示・おすすめ図書

2020年04月04日 10:13





一般書のミニ企画コーナーの展示が新しくなりました!
テーマは「キノベス!2020」です。

紀伊國屋書のスタッフが毎年選んでいる「キノベス!」は、
書店員が「自分で読んでみて本当に面白い本」を全力でオススメするランキングです。
次に読む1冊が決まらない時、ぜひ手にとってみてください。


「神様の暇つぶし」(千早茜‖著)
「いつかの岸辺に跳ねていく」(加納朋子‖著)
「文豪の凄い語彙力」(山口謠司‖著)
「お砂糖とスパイスと爆発的な何か 不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門」
(北村紗衣‖著)
「生命式」(村田沙耶香‖著)
「死にがいを求めて生きているの」(朝井リョウ‖著)
「原爆 広島を復興させた人びと」(石井光太‖著)
「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」
(レンタルなんもしない人‖著)
「FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」
(ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング‖著)
「本を贈る」(笠井瑠美子‖ほか著)

・・・などなど♪


  • 企画展示・おすすめ図書

2020年04月02日 10:04



こんにちは!




児童書の企画コーナーを入れ替えました! @砺波図書館

テーマは「ステキだね〜「いろ」と「かたち」」です。

春は町がカラフルになる季節。
親子そろって楽しめるような、色とりどりの絵本、
すてきな形が出てくる絵本を集めてみました。
絵本の中で、春を楽しんでくださいね♬



  • 企画展示・おすすめ図書