Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2019年12月24日 14:57

新刊の紹介です。




「北陸から問う、土木のちから。」
(藤井聡・市森友明‖著 北日本新聞社)


富山に本社を持つ新日本コンサルタントの市森友明社長と、
京大工学研究科教授で、2018年まで内閣官房参与を務められた藤井聡氏の
対談やレポートなどが収められています。

土木について、北陸と日本の未来について語る、
示唆に富んだ一冊です。


  • 新刊・新着図書

2019年12月22日 15:45



本日、「わらべうたで遊ぼう〜親子で楽しむわらべうた講座〜を開催しました。
0〜6歳子ども達が、お父さん、お母さん、おばあちゃんと一緒にわらべうたを楽しみました♪

最近では耳にすることが減っているわらべうた…。子ども達はゆっくりとしたテンポで歌うわらべうたがお気に入りの様子。じっと先生を見つめたり、ニコニコ笑顔で動いたりしていました(^^)/

<今日楽しんだ わらべうた>

・0〜2歳児向け
  えんやらもものき
  おすわりやっす いすどっせ
  うさぎ うさぎ  など

・3〜5歳児向け
  このこどこのこ?
  かくかくかくれんぼ
  チンチロリン  など








  • イベント案内

2019年12月20日 16:39

北側の軒天(屋根の裏部分)杉板張りが仕上がってきました。





  • 新図書館整備情報

2019年12月18日 14:23



図書館サポーター講座を開催します(^^)

「わらべうたであそぼう
〜親子で楽しむわらべうた講座」


日時:12月22日(土) 10:00〜
場所:砺波図書館3F
講師:林あゆみさん(高岡おはなしの会)


子どもたちの成長を促し、次の世代に文化を伝承する、
そんな「わらべうた」の楽しみをもう一度思い出し、
遊び継いでいきましょう。

@10:00〜11:00「0〜2歳児向け」

A11:00〜12:00「3〜5歳児向け」

先着順で、定員は各回 親子30組程度です。
30分ほど親子でわらべうたの会を楽しんだあと、
大人向けの講座の時間があります。
子どもと接するお仕事の方やボランティアの方の見学もどうぞ!

先着となりますので、お早めにお申し込みくださいね。
お申込み、お問合せは砺波図書館までお気軽にどうぞ♪


  • イベント案内

2019年12月17日 14:22


毎週火曜日10時30分からは、砺波ファーストブックの会さんによる
0〜2歳児向けの読み聞かせ「えほんのじかん」
今日は2ヵ月に1度のスペシャルバージョン、
「クリスマススペシャル」でした!!








大型絵本「クリスマスのかくれんぼ」や
紙芝居「サンタサンタサンタ」のおはなしからスタート♪
0歳の赤ちゃんも、お母さんのおひざで、
カラフルな色や読み聞かせの声を楽しんでいるよう(^^)






パネルシアターでは、歌を歌いながら
フルーツいっぱいのケーキが出来上がるので子どもたちの目がキラキラ☆彡

クリスマスの歌あり、プレゼントありで、
親子で触れ合えるとっても楽しい「えほんのじかん」でした♪










アンコールに応え、「だるまさんが」や「ぞうくんのさんぽ」の大型絵本も(^^)

☆🎅☆🎅メリークリスマス🎅☆🎅☆

来年も「えほんのじかん」に遊びにきてね♪


  • 出来事

2019年12月15日 17:20

こんにちは!




毎週火曜日10時30分〜開催している、砺波ファーストブックの会さんによる
幼児向けの読み聞かせ「えほんのじかん」。
来週、12/17(火)は冬のスペシャル回です♪

「えほんのじかん クリスマススペシャル」
日 時:12/17(火) 10時30分〜11時
場 所:砺波図書館おはなしのへや

クリスマスのおはなしやうたで楽しみましょう♪♪


たくさんのご参加お待ちしています〜(^^)


☆☆昨年の様子です☆☆








  • イベント案内

2019年12月15日 15:28

「こどもプログラミング体験教室」2日目!

昨日作ったミニコンピュータ(IchigoJam)と水位センサーをつなげ、
バケツの水位を測るプログラムを教えてもらいます。
水位センサーを水に浸すと数値が変わる。
プログラムを少しずつ変更し、試行錯誤・・・










バケツの水位を測定できました!
午後からは、【設定した水位になるとブザーが鳴る】プログラムを作りあげます。






では、ブザーが鳴る条件を変えるてみよう!
・水位がある値になると直ぐに警報を出す
・水位がある値に3回なると警報を出す
・水位がある値に連続して3回なると警報を出す
徐々に条件レベルを上げていき、プログラムを考え、実行して動作を確認。

大人も「むずかしい〜〜」と、プログラム文とにらめっこ。
なかなかうまくいかず苦労するのですが、
先生のヒントをもとに、プログラムを入力!

最後の答えあわせも皆さん真剣です。


正解した子供達からは歓声があがりました(^-^)/


2日間の「プログラミング体験教室」が終了しました。
先生と参加者で記念撮影☆



参加してくれた子どもたちが、
将来コンピュータを使って、どんな社会を実現したいか
考えるきっかけになってくれたらいいなと思う体験教室でした(^^)


-・-・-・-・-・-・-・-・-

追伸

不破教授が最初のあいさつと終わりのあいさつの時に使われた映像を、↓ここにご紹介します。


通信技術は、4Gから 5Gへ
社会は、ソサエティ4.0から IoTで全ての人とものがつながるソサエティ5.0
そのカギを握るのは、地域のこどもたち


  • 出来事

2019年12月14日 16:15

砺波図書館で、「こどもプログラミング体験教室」が開催されました!




信州大学総合情報センター、TST(となみ衛星通信テレビ株式会社)と砺波市が連携した教室で、
来年度から小学校でもプログラミング教育が導入されるということで、全国的にも人気です。

今日、明日の2日間のコースに、約20組の小学生親子が参加。
信州大学の不破 泰 教授に教えていただきながら、
1日目の今日は、プログラミング専用ミニパソコン(IchigoJam)作りにチャレンジです☆






ハンダ付けはコツを掴むまでむずかしい…!
細かい部品を、間違えないよう慎重に組み立てます。








午後からは、プログラムを入力してみます。
LEDを点灯させたり、消灯させたり、
点滅させたり、点滅の間隔を変えたり…
どのプログラム文で命令しているかわかったかな?


2日目は、水位センサーとつなげたプログラム作りに挑戦しますよ!

終了後は作ったミニパソコンは持ち帰ることができます♪
家でも楽しくプログラミングで遊んでみてね(^^)
プログラミングを学べば、将来はアプリゲームやロボットを作れるようになるかも!


  • 出来事

2019年12月13日 15:24

早くも3回目の開催でした♪
砺波図書館で出張カフェ









いつも人気で早い者勝ちのカスタード&かぼちゃプリン♪
シフォンケーキは紅茶とゆず♪
タルトは、濃厚チョコと抹茶の他、「季節のむらさきいも」が初登場!
畑でお芋から作っている自家製です♪








コーヒーのいい香りに誘われ、
並んだスイーツに吸い寄せられて、
次々と利用者の方が立ち寄っていかれましたよ(^^)

「かふぇ・ふ〜らり」砺波図書館店、
また次回の開店をお楽しみに♪


新砺波図書館では、エントランスホール内に休憩ラウンジができます。
飲食スペースとして、またいろいろな人や活動に出会えるエリアとして、
多くの方に親しんでいただきたいと思っています(^^)v


  • 出来事

2019年12月13日 11:02




朗読・落語・講演等の【CD資料一覧リスト】(A4・15ページ)を更新しました。

★砺波図書館CD資料リスト【2019.12】(PDF版)

★砺波図書館CD資料リスト【2019.12】(excel版)

砺波市立図書館では、
以前からの350タイトルに加え、新しく約220タイトルが増えました。

小さい文字を読むのがつらくなってきた方や、
この機会に名作をという方もいらっしゃるようで、
これまで以上に多く利用されています。

CDリストはシリーズ別になっていますので、
借りられる際の参考になさってくださいね。

砺波図書館に印刷したリストが置いてある他、
PDF版、excel版も公開していますので、
どうぞご利用ください!


※CD資料の貸出は、一回に10枚まで、期間は1週間です。

※貸出中の場合は予約もできます。

となみっけ!で検索、インターネットでの予約も可能です。
(予約機能は、最初のみ窓口でメールアドレスの登録が必要です)


  • エトセトラ

2019年12月11日 10:08




第3回目の図書館出張カフェ体験Dayが決定しました♪
ワークハウスとなみ野「かふぇ・ふ〜らり」さんの、
コーヒーは淹れたて、スイーツはどれも濃厚な本格派!!☆彡

日時:12月13日(金)13:30〜15:30
場所:(現在の)砺波図書館


今回の季節のスイーツは何かな〜(^^)
ぜひ図書館でカフェを楽しんでください♪

前回の体験Dayでは、館内にコーヒーのよい香りが漂い、
おいしいスイーツとともに、
ホッと一息つかれる利用者さんもいらっしゃいました(^^)


新砺波図書館が、いろいろな人や活動の出会いの場になるよう、
いっしょに盛り上げていきましょう☆彡


  • イベント案内

2019年12月08日 15:09



図書館利用者の方が企画した「砺波で読書会」が始まりました!
「砺波で読書会」では、各自が好きな本や気になっている本を持ち寄って、その本について語り合うそうです♪
本のジャンルは、小説、ノンフィクション、絵本など、何でもOKとのこと。

今回は14名が参加しています。飛び入りで参加される方もいらっしゃって、ワクワク賑やかな雰囲気でスタートしました。

どんな本が紹介されるのでしょうか?




−・−・−・−・−・− 記事を追加します♪ −・−・−・−・−・−

「第4回 砺波で読書会」が終了しました!
読書会が終わった後も、会場に残って、本のことを話す方がいらっしゃるほど盛り上がりました。

読書会で紹介された本の一部を、写真で紹介します(^^)




  • イベント案内

2019年12月07日 16:21



本を読んで、語り合えば、世界が広がる!

同じ本を読んでも感想は人それぞれ。
思いもしなかった視点を知ると、自分の世界が広がるかも(^^)

12月の「読んで語る会」は、
今村夏子・著「むらさきのスカートの女」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。


その一部をご紹介すると…

「主人公とむらさきのスカートの女の気持ちに、共感はしにくいが考えさせられる」

「著者の感覚が鋭い」

「読者に考えさせる話で、玄人が好む小説」

「前半はむらさきのスカートの女が狂気じみていると感じたが、後半になると主人公の狂気をより感じた」

「読み終わってから主人公の人間性を感じる」

などなど。

・・・・・・・・・・・・・


次回は1/11(土)の開催です。
テキストは「あの家に暮らす四人の女」(三浦しをん‖著)
杉並の古びた洋館で暮らす4人の女たち。
かしましくも豊かな女たちの楽園でまきおこる、
笑いと珍事があふれる同居物語!


テキストは図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね♪



  • 出来事

2019年12月05日 17:45



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。


12月はイベントがたくさんあるので、チェックしてみてくださいね!

★砺波市子ども読書月間★

★わらべうたで遊ぼう〜親子で楽しむわらべうた講座★

⇒その他、12月の予定はコチラ


さて今月は子ども読書月間にちなみ、児童書の新刊から1冊紹介しました。



「湖の国」
(柏葉幸子‖作 佐竹美保‖絵)



柏葉幸子さんは1953年生まれ、小学生向けのユーモラスな作品から、
中学生が読むようなファンタジー長編まで、幅広い児童文学作品を書いておられます。
大学在学中に児童文学新人賞を受賞した作品が、
翌年「霧のむこうのふしぎな町」と改題されて刊行され、これがのちに
宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の原案となったとされています。

この「湖の国」は中高生向けですが、大人も読みたくなる物語です。

主人公のミトは、家族との関係がうまくいかず、高校も中退。
2年ほど引きこもりのような生活をしていましたが、
ある夜中、コンビニで道に迷ったおばあさんと出会います。
介護施設まで送っていく間、おばあさんとつないだ手のぬくもりが温かく、
ミトはその介護施設でアルバイトをはじめます。

おばあさんには、東北の山の中にある湖のある町に、
家族に内緒で買ったという家がありました。
ある日、家族と言い争いになったミトは、
衝動的に東北生きのバスに乗り込み、その家に向かいます。
ところが目覚めてみると、そこにはおばあさんが。
でもまるで別人のようで…?

和製ファンタジーの名手、柏葉さんが作り出す世界は、
現実の世界の描写がリアルだからこそ、
ファンタジーな部分が生きてきます。
人を救い、生をまっとうさせる役目を持つ「湖」は、
同時に厳しく、狭量で人間の感情に対して偏屈な存在として描かれます。

自然の摂理が持つ本来の姿や、現実の悲劇に対して、
私たちはどう思うのか、どう行動するのか…
簡単ではないきびしい問題が提示されていて、
むしろ大人の方がこのテーマを深く感じられるかもしれません。

家族や人とのつながりには様々な形があることを示す物語です。



  • 図書館利用案内

2019年12月04日 17:33


一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!
【フィンランドってどんな国?】です。




今年は日本とフィンランドの外交関係樹立からちょうど100年の節目の年。
北欧ブームでもある今、遠い国フィンランドを
身近に感じてもらえるような書籍を紹介しています。


「ノニーン! フィンランド人はどうして幸せなの?」(スサンナ・ペッテルソン、迫村裕子‖著)

「とっておきのフィンランド 絵本のような町めぐりかわいい、おいしい、幸せ体験」(kukkameri‖著)

「はじめてのサウナ」(タナカカツキ‖文 ほりゆりこ‖絵)

「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」(岩竹美加子‖著)

「フィンランドのおいしいキッチン」(ジュウ・ドゥ・ポゥム‖著)

「フィンランドを知るためのキーワードAtoZ」(日本フィンランドデザイン協会・萩原健太郎‖著)

「わたしのマトカ」(片桐 はいり‖著)

「ムーミンを生んだ芸術家トーヴェ・ヤンソン」(冨原眞弓‖著)

「物語フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年 」(石野裕子‖著)

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹‖著)

「ラップランドのサンタクロース図鑑」(ペッカ・ヴォリ‖著・絵)

「ムーミン谷の名言集」(トーベ ヤンソン‖文・絵)


…などなど。
児童書企画の「サンタクロースの本」も合わせてどうそ♪



  • おすすめ図書