Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2020年02月22日 17:10




砺波市立図書館友の会 講演会
「「令和」の典拠 『万葉集』について」を開催しました!

講師は高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸氏
興味を持ってくださった方もとても多く、
会場は満員となりました(^^)










「令和」の典拠となった万葉集巻五「梅花の歌三十二首」の序文から、
さらにその元となる王義之のお話、
大友家持やその父の旅人、万葉の人々の暮らしも生き生きと語られました!

みなさん熱心にメモをとったり、
紹介される万葉集の歌を味わったりされていましたよ。
富山県は万葉集とのゆかりが深いということもあり、
関心の高さがうかがえる講演会となりました。


坂本先生、ご参加くださったみなさま、
ありがとうございました。


  • 出来事

2020年02月22日 11:11




★砺波市立図書館友の会 講演会★
「「令和」の典拠 『万葉集』について」


日 時:2月22日(土) 14:00〜15:30
場 所:砺波図書館3F
参加費:無料
申 込:不要(入場は先着順となります)

講師は高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸氏です。

坂本館長は、NHK「日めくり万葉集」の番組監修、テキストの監修などもされている方です。
今回の講演会では、
『万葉集』についての基礎知識を、分かりやすく解説してくださいます。

「令和」の典拠となった『万葉集』のおはなしを、
この機会にぜひお聴きください。


なお、コロナウイルス感染症予防として
下記に該当する方は、参加の自粛に協力をお願いいたします。
1 発熱や咳等の風邪症状の見られる方
2 呼吸器疾患や糖尿病などの基礎疾患があり、感染リスクを心配される方


  • イベント案内

2020年02月20日 13:55



こんにちは!




児童書の企画コーナーを入れ替えました! @砺波図書館

テーマは「シリーズ本にハマっちゃおう!」です。

「これ、面白いね〜!」と思った本に、続きがあったらうれしいですよね。
1冊読めば2冊目も読みたくなる、そんな【シリーズ本】を紹介します。
ドンドン、続けて読んでみてね〜(^^)



  • おすすめ図書

2020年02月19日 09:42

 新砺波図書館建設現場では、工事進捗状況を1時間ごとに定点カメラで撮影しています。

 内装工事における天井完成まで(令和元年12月12日から令和2年2月13日)の画像をつなげ、早送りの動画にしてみました。

↓画像の中心部をクリックすると動画がスタートします。




 「屋根が大きい」と『天井も大きいです』
 「屋根がかたがって見える」ってことは、『天井もかたがって見えます』


  • 新図書館情報

2020年02月18日 14:04


こんにちは!

毎週火曜日10時30分からは、砺波ファーストブックの会さんによる
0〜2歳児向けの読み聞かせ「えほんのじかん」
今日は2ヵ月に1度のスペシャル会、
「パパとおじいさんの読み聞かせ」でした!!







まずは”読み聞かせ大好きパパ”の橋さん♪
よく通るお声で、ドーン!などの擬音も大迫力!
『どんどこももんちゃん』でも大盛り上がりでした(^^)

”おじいさん”の柴田さんは、絵本『こんにちはあそび』を使って
「こんにちは」とごあいさつ(^^)
『こちょこちょあそび』で、みんなで、こちょこちょこちょーー♪










大型絵本『だるまさんの』も読んでくださいました。
突然の雪でしたが、読み聞かせや絵本遊びで
ぽかぽか気分になりましたよ♪


次回は4月に春のスペシャルがありますよ。

Twitterなどでもイベント予定お知らせしていますので、
チェックしてみてください♪


  • 出来事

2020年02月16日 13:35




★らんぷの会朗読会★

日 時:令和2年2月19日(水) 10:30〜11:50
場 所:砺波図書館3F視聴覚室
参加費:無料
申 込:不要
※大人の方が対象の朗読会です


ボランティアグループ「らんぷの会」さんでは、
音訳CDの作成や、ラジオ・福祉施設での朗読などの活動をされています。

砺波図書館でも新しい朗読CDが増え、
本と一緒に借りていかれる方がとても増えています(^^)

「聴く」と「読む」じゃこんなに違う?!
朗読であの物語の世界に浸ってみませんか?

※演目※
「吾輩は猫である」(夏目漱石)
「おぼろ月」(藤沢周平)
「蜜柑」(芥川龍之介)
…など


  • イベント案内

2020年02月14日 15:28

こんにちは!




毎週火曜日10時30分〜開催している、砺波ファーストブックの会さんによる
幼児向けの読み聞かせ「えほんのじかん」。
2/18(火)はスペシャル回です♪

「パパとおじいさんの読み聞かせ」
日 時:2/18(火) 10時30分〜
場 所:砺波図書館おはなしのへや







赤ちゃんたちは男の人の声で聴かせてもらう絵本も大好き(^^)
パパやおじいちゃんによる読み聞かせ会は、毎回大好評ですよ♪


⇒2019年2月の様子
⇒2019年6月の様子



参加してくださるお母さんたちにも新鮮ですし、
お家に帰ってパパに読んでもらうのもいいですね☆

たくさんのご参加お待ちしています〜(^^)


  • イベント案内

2020年02月14日 10:20






一般書のミニ企画コーナーの展示が新しくなりました!
テーマは「日本語再発見!」です。

日常で使える便利な言い回し、意味を間違えやすい日本語…など、
日本語や辞書について書かれた本を集めました。
編纂者や校閲者の仕事についての本もありますよ。


「目でみることば」(おかべたかし‖文 山出高士‖写真)
「NHK気になることば」(NHKアナウンス室‖編)
「文豪の凄い語彙力」(山口謠司‖著)
「いつも日本語で悩んでいます 日常語・新語・難語・使い方」
(朝日新聞校閲センター‖著)
「サランラップのサランって何?」(金澤信幸‖著)
「校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術」
(毎日新聞校閲グループ‖著)
「辞書になった男 ケンボー先生と山田先生」(佐々木健一‖著)
「ことばハンター 国語辞典はこうつくる」(飯間浩明‖著)

・・・などなど♪


  • おすすめ図書

2020年02月13日 20:00

 砺波高校新聞部のみなさんが新砺波図書館を取材に来てくださいました!


 まずは、新図書館建設概要について小型ロボットがプレゼン (^^)/


 工事現場で外装・内装工事の進捗状況を確認後、質疑応答。





 どんな記事になるのか楽しみです。



学びをつなぐ    .
  つなぎたい・・・


  • 新図書館情報

2020年02月13日 16:48



本を読んで、語り合えば、世界が広がる!

同じ本を読んでも感想は人それぞれ。
思いもしなかった視点を知ると、自分の世界が広がるかも(^^)

2月の「読んで語る会」は、
大島真寿美・著「渦 妹背山婦女庭訓魂結び」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。

はじめての方も3名参加してくださり、
【読書会】の体験が広がっています♪


その一部をご紹介すると…

「何かに夢中になれるのは、素晴らしい」

「大阪弁でさくさく読み進められた」

「「渦」というタイトルは、この物語をよく表している」

「大人になると、今までとは違った見方ができるようになる。主人公に共感して泣いた」

「今いる現実も実は他者の作品で、自分はその登場人物の一人にすぎないという感覚に共感した」

「浄瑠璃や江戸の文化に興味が沸いた」

などなど。

・・・・・・・・・・・・・


次回は3/14(土)の開催です。
テキストは「月まで三キロ」(伊与原新‖著)
表題作他、「エイリアンの食堂」など6編。
東京大学大学院で地球惑星科学を学んだ著者が贈る、
壊れてしまいそいうな心に寄り添う、短編集です。


テキストは図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね♪



  • 出来事

2020年02月06日 14:28



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。

2月のイベントとして

★図書館友の会講演会
「「令和」の典拠 『万葉集』について」★

日時:2月22日(土) 14:00〜15:30
場所:砺波図書館3F
参加費:無料
申 込:不要(入場は先着順となります)


講師は、NHK「日めくり万葉集」の番組監修もされている、
高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸氏です。
「令和」の典拠となった『万葉集』のおはなしを、
この機会にぜひお聴きください。



さて今月紹介した本です。



「竜になれ、馬になれ」
(尾崎英子‖著)


著者の尾崎さんは1978年生まれ。
2013年に「小さいおじさん」でボイルドエッグズ新人賞を受賞してデビューされました。
この作品が4作目となり、将棋を題材としています。

主人公は小学6年生のハル。
子供以上、思春期未満で、心にはたくさんの言葉が浮かぶのに、
両親にも友達にも素直な気持ちを伝えられずにいる女の子です。
ぽつんと取り残されたような、漠然として不安や、
刻一刻と表情を変える少女の日々が、
眩しいほど鮮やかに、泣きたくなるほど繊細に描かれています。

友達に話せない秘密を抱え、不安でいっぱいのハルは、
「将棋がさせるカフェ」で元女流棋士の夕子に出会います。
学校では将棋部に入っているハルですが、
はじめて対局した夕子になぜか秘密を打ち明けられたことで
学校でも家でもない、日常から少しだけ離れた
その場所が大切な居場所になるのでした。

もう一人の主人公、夕子の物語では、
将棋界の厳しい勝負の世界が描かれます。
選ばれし者でも、天才でなくても、そこで生きることは厳しい。
それでも将棋を通じて心を通わせていく出会いがあり、
それは夕子を、そしてハルを変えていくのです。

『子どもたちがゆっくり思春期と向かい合えないこの時代に、
「こっちだよ」と戸を開けて呼び入れてくれる大人がいてほしい、そうありたい。』
そんな思いで書かれたというこの作品。
将棋を通して、人と自分と向き合っていく物語です。


  • おすすめ図書

2020年02月04日 16:40


砺波図書館での出張カフェも5回目になりました(^^)










火曜日に出張カフェ・ふ〜らりさんが来てくれるのは、初だったため、
いつもはなかなか利用できなかったのでうれしい!という方や、
はじめて知った!という方もいらっしゃいました(^^)

バレンタインが近いということで、
季節のスイーツには「チョコチーズタルト」や「ココアのシフォンケーキ」が登場♪
春を先取りした「さくらシフォンケーキ」は次回もあるかな〜?

ぜひ、カフェの開店を狙って図書館にお越しくださいね♪
☆☆3月、4月は、第2金曜日に開店予定です☆☆
お楽しみに(^^)



新砺波図書館では、エントランスホール内に休憩ラウンジができます。
飲食スペースとして、またいろいろな人や活動に出会えるエリアとして、
多くの方に親しんでいただきたいと思っています(^^)v


  • 出来事

2020年02月04日 10:38




☆2月の開店日が決定!☆
図書館で出張カフェ体験Day♪

ワークハウスとなみ野「かふぇ・ふ〜らり」さんの、
コーヒーは淹れたて、スイーツはどれも濃厚な本格派!!☆彡

日時:2月4日(火)13:30〜15:30
場所:(現在の)砺波図書館


今度は火曜日にはじめて開店しますよ〜!
季節のスイーツは何かな?


前回の体験Dayでは、館内にコーヒーのよい香りが漂い、
おいしいスイーツとともに、
ホッと一息つかれる利用者さんもいらっしゃいました(^^)

富山新聞さんでも紹介されました!


ぜひ図書館でカフェを楽しんでください♪


新砺波図書館が、いろいろな人や活動の出会いの場になるよう、
いっしょに盛り上げていきましょう☆彡


  • イベント案内

2020年02月02日 15:05






児童のミニ展示コーナーを入れ替えました!
「もらってうれしい!おくってたのしい!プレゼント」です。

バレンタインデーやホワイトデー、卒業式など、
おくりものの機会がふえる季節ですね(^^)

おくりもののアイディアや、作る参考になるような
お菓子のレシピ本や手芸の本のほか、
プレゼントが出てくる読み物や絵本などを集めました。


  • おすすめ図書

2020年02月01日 11:44

 天井杉板張り工事が仕上げの段階となりました。



 湾曲した天井を見ていると、大きな船の船底だったり、大きなテントの中にいるようです。
 また、増張りされた杉板が「大きな川の流れ」のようだったり、「星の軌跡☆彡」に見えました。
 



 あなたには、どんなふうに映りましたか (^o^)/




 新砺波図書館は令和2年11月1日(日)にOPENします。

 新砺波図書館に関する情報はTwitterでも発信しています。(フォローをお待ちしています!)


11月1日は、砺波市誕生の日 (^^♪


  • 新図書館情報