Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2021年04月15日  15:08

☆4月のラジオで紹介した本です☆





毎月第3木曜日は、
FMとなみ【76.9㎒】さん
砺波図書館からおススメ本の紹介をしています。
図書館のコーナーは12:20ごろ〜です♪

砺波図書館は、先日4月11日に、来館者10万人を迎えました!
今日は、新館長と司書のコンビでラジオをお届け♪





4月のイベントをご案内します。

★雑誌リサイクル★

日時:4月16日(金)〜21日(水)
場所:砺波図書館 多目的会議室
1冊10円 1人5冊まで


明日からのイベントです。
保存期間が終了した雑誌を1冊10円でお分けします!
クラフトなどに人気の英字新聞もありますよ。
お目当ての雑誌がある方はお早目にご来館くださいね。
小銭のご用意をお願いします♪


★図書館にチューリップ畑をつくろう!★

日時:4月13日(火)〜5月11日(火)
場所:国道156号側の窓ガラス
対象:子どもから大人まで


こちらは開催中です。
みなさんのおススメ本を紙に書いてもらい、
それを大きなチューリップに貼って掲示します。
4/23〜5/12は「こどもの読書週間」、
本とのあたらしい出会いになるといいな♪


さて、今月紹介した本は・・・




「阿闍梨さまの料理番 もっと知りたい精進料理」
(鳥居本幸代‖著)


著者は服飾文化史が専門で、京都のしきたりなどについての著作もある
鳥居本幸代・京都ノートルダム女子大学名誉教授。
比叡山延暦寺の塔頭(たっちゅう)の一つ、
赤山禅院の参道に面した大きな鳥居のそばにある家に生まれ、
修行をしていた阿闍梨様の料理に携わるようになったそうです。

精進料理で使う米、麺類、野菜、大豆などの食材の由来と
料理法の変遷や伝承について、
古事記から源氏物語、枕草子などの古典や
浮世絵や草紙などの史料を織り交ぜて紹介しています。
ちなみに素麺のところには「大門素麺」についても少し触れられています。

変わったところでは「カレー」。
お釈迦様が王族だったころの食事を史料から見ると、
大量の香辛料が記載されていて、
お釈迦様も「カレー味の煮込み料理」を食べておられたのかもしれませんね。

この本の面白いところは、コラムとレシピが掲載されているところです。
カレーのところでは、実際に赤山禅院で出している精進カレーを取り上げています。
高校生や大学生の小僧さんが住まうようになって誕生した「精進カレー」。
粟麩やアボカド、ズッキーニが入っており、
材料も家庭で簡単にできるものになっています。

お寺で作られる精進料理は、つまりはお寺の家庭料理。
「与えられた食材からどのように料理するのかを考える」がコンセプトで、
決して日常とかけ離れたものではありません。
今この不安に満ちた日常のなかで、
料理に真摯に向き合うことで落ち着きを取り戻すような感覚になりました。
紹介されているレシピは多くありませんが、
読後に満たされた感じが残る1冊です。


  • 企画展示・おすすめ図書