Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2021年01月21日  17:24

☆1月のラジオで紹介した本です☆





毎月第3木曜日は、
FMとなみ【76.9㎒】さん
砺波図書館からおススメ本の紹介をしています。
図書館のコーナーは12:20ごろ〜です♪





2月のイベントとして

★POP作り講習会★
日時:2月21日(日) 10:30〜12:00
場所:砺波図書館 第1会議室
参加費:無料
定員:先着13名
持ち物:POPを書きたい本1冊(砺波図書館にある本)
申 込:砺波図書館まで


講師は、富山短期大学経営情報学科准教授の
東野善男先生です。

砺波図書館では、その授業で作成された学生さんたちのPOPを、
本とともに紹介していますよ。
人目にとまり、よく手に取られているので、POPの力は大きいですね♪




さて、今月紹介した本は・・・




「新型コロナから命を守れ!」
(西浦博‖著 川端裕人‖聞き手)


著者の西浦博さんは、テレビでご存じの方も多いと思います。
感染症数理モデルを利用した、流行データの分析を専門としており、
感染者数を減らすためにはどこまで接触を減らすべきかなど、データを作成することの専門家です。

もう一人の著者、川端裕人さんは東京大学出身の小説家で、
「我々はなぜ我々だけなのか」で科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞を受賞しています。
この本では、西浦さんの文章に、「コラム」という形で川端さんが情報を補っています。

実際の分析結果については、本を読んでいただくとして、
コロナの情報を分析し、最前線でその対応を迫られていくノンフィクションとしても
とても興味深い本になっています。

次々と起こるクラスターに、分析が追い付かなくなる状況。
「リスクを知らせた上での意思決定」を求め、説明をするのですが、
それが政策やメッセージとして発信されると、
西浦さんたち病理学の専門家の思いとは違う形になってしまうこと。
現場はさらに混乱していきます。

専門家ができることを模索していく中で、
有志の会がSNSを活用した発信をはじめたり、
解析のために大学教授が力を貸してくれたりということもありました。

専門家として、自分たちが伝えたいことは何か。
それを理解してもらうためにできることの一つが、
この本を書き、自分たちの思いを伝えることだったのだと思います。


  • 出来事