Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

Team1073

Team1073(チームとなみ)は、富山県砺波(となみ)市を好きな仲間が、砺波の魅力を伝えていきます。まずは地域おこし協力隊が、外から来た目線で感じたままに伝えていきます。「砺波を知らないけど興味を持った」「昔住んでいて懐かしい」等々で、砺波市に遊びに来たり、住んでみようかなと思ってもらえたら嬉しいです。何かありましたら、ご連絡を下さい。どうぞよろしくお願いします。
Facebook www.facebook.com/Team1073
前のページ
1  | 2  | 3  | 4

2016年06月02日 21:14

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号 です。

何故か昔から水が好きです。
散居村を自転車で走っていると、大中小の水路が張り巡らされていて、圧倒的な水量に驚かされます。しかも水は澄んでとてもきれいで、見ているだけで嬉しくなります。ついつい水路を見ながら水路に沿って走ってしまいます(で迷子になる)。

東京近郊にも川はありますが、ドブ川しかありません。20、30年前から比べると、ずいぶんきれいにはなりましたが、川底はヘドロ、臭いもあり、可哀想な状況です。「不要なものを捨てる川」なんですよね。

一方、砺波は「恵みの水を運ぶ川」であり、美味しい作物が取れるのも納得です。こんなきれいな水が枯れることなく、すごい水量が流れ続けているのは、本当に恵まれているなぁと思います。



人がおぼれた時につかまる浮き輪?



機能美。生活に溶け込んでる。洗い場がある


  • 散居村の暮らし

2016年05月31日 17:04

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

先日お伝えしましたように、散居村の夕日は有名ですが、朝焼けに照らされる散居村もとても綺麗です。
いかがでしょう?



犬の散歩で早起きしたら、とっても得した気分でした。
砺波初心者の私には、”夕焼けのように散居村を見渡せる高台”があるのか分からないのですが、あったら行ってみたいと思います。


  • 散居村の暮らし

2016年05月27日 15:59

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

タイトル背景にしてる「散居村の夕日」は、春の田植えのシーズンで田んぼに水を張る4月後半〜5月ぐらいにしか見られないそうです。
この時期、日中に散居村を散歩してると、まるで家が水面に浮いているように見えます!
なんだか映画やジブリアニメに出てきそうな景色です。



敷地ぎりぎりまで田んぼがきてる。



すごい景色。無風だと上下が全く分からない。



夕焼けで赤と黒のコントラストの散居村の風景は、すごく有名ですが、普通に見てもすごく綺麗です。
ほんと、いいところです。


  • 散居村の暮らし