Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2017年03月02日  11:31

ハクビシン!?

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

始まりは11月の終わり。寝ようと布団に入ったら「ドタドタドタ」と動物が走っている足音が聞こえます。「ソラ、今日は元気だな」と、うちの犬が廊下を走っているとかと思ったら、ソラはそこにいます。「はて?」と思って注意深く聞いたら”2階のアマ(屋根裏の物置部屋)”から足音が聞こえてます。足音からして犬猫の大きさはありそう。
翌日に職場で聞いてみたら「ハクビシンではないか?」と。ハクビシンはジャコウネコ科の外来種(と言っても江戸時代以前にもいた?)で、直径3cmぐらいの穴があれば侵入できるそうです。困るのが、家に住みつかれると、同じ場所で糞尿をしてしまうらしく大変なことになると。。ヤバいなぁ・・・

対策としては「出入り口をふさぐこと」と聞いたので、ホームセンターで金網を買ってきて、気になった穴を塞いでみました。(もともと隙間だらけなので、どこが穴かよく分からないのですが、とりあえずやってみました。)





それから、しばらく静かだったのすが、雪が降り寒さが本格化した1月中旬あたりから、また時々足音がします。ずっと住んでいる気配は無く、たまに入ってきてる感じ。隣の人から「犬を飼ってれば近づいてこない筈だよ」と言われ安心してたのですが、寒くてどうしようもないときだけ侵入してくるのでしょうかね?



なので、再度、2階のアマを確認してみました。「ん!?」一カ所、明るい光が見える場所があるぞ!?以前は無かった筈なのに・・・丸く穴が開いていて空が見えてます。そこは、なぜか普通なら外壁(板)の筈なんですが、布が張ってあるだけです。どう見ても、ハクビシンが開けた穴ですよね?ここが通り道になってますね。


外から見ると、この部分です。


家にあった余り木をつなぎ合わせて貼り付けて、まだ隙間があったので金網を被せました。


これで、ハクビシンとの戦いは終わるでしょうかね・・・


  • 古民家