Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2017年01月14日  16:12

映画上映会のこと

野水@地域おこし協力隊1号です。

本日は、砺波市も本格的な雪になりました。まだ今晩から冷えて、明日にかけて大雪になるそうですので、皆様お気を付け下さい。
大学受験の皆さんも、明日もう1日温かくして臨んで下さい。検討を祈る!

さて、本日は映画の話を3つ。

高岡市立博物館で明日まで、『この世界の片隅で』のパネル展開催中。昨年のキネマ旬報日本映画ベスト1位・監督賞も受賞したアニメ映画。のん(能年玲奈)声優の本作は現在、富山市総曲輪のjmax theaterで絶賛上映中。『君の名は。』と見比べることもできます。

南砺市いのくち椿館で、「南砺に灯った町の小さな映画館」主催 1/22(日)14時と19時 『HALF ハーフ』を上映します。私はこの自主上映会に関わっていて、19時の部で受付をする予定です。

2/11(土)・12(日)「とやま映像祭2017」が、県教育文化会館で催されます。1日中多くの映像作品が上映されます。なんと無料で、両日とも先着200名にはドリンク・クッキーサービスもあります。2/11には、南砺市の生んだ世界的小麦育種家「稲塚権次郎」を描いた『NORIN TEN〜稲塚権次郎物語』が上映されます。遠戚である稲塚監督のトークショーもあります。私も1年半前砺波に来て、稲塚権次郎を知り、大変感動し、また尊敬しました。この映画も初めて見ます。大変楽しみです。稲塚権次郎は「コシヒカリ」の開発にも大変貢献し、「日本の米と小麦開発の父」とも言える人です。もっと世の中に知らしめていきたい人です。2/12には『百瀬、こっちを向いて。』が、邪雲監督のトークショーと共に上映されます。

映画を見て、冬の長夜を楽しみませんか?









  • 日々の出来事