Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2016年08月01日  21:30

南砺市利賀村までサイクリング!富山は甘くなかった!?

こんにちは、野口@地域おこし協力隊2号です。

夏ですね!とても暑い日が続いてます。
昨日は、砺波に来て初めて、ロードバイクでサイクリングに行きました。ところが、富山は甘くなかった。。下手したら遭難するんじゃないかと命の危険を感じました。
お隣の南砺市の地域おこし協力隊が主催で”利賀めし”というイベントをやると連絡をもらったので自転車で行ってみようと。Googleマップで調べると片道30キロ程度なので、登りでも朝早く出て時間掛ければ何とか辿り着けるかなと安易な気持ちで計画しました。

前日お祭りでたらふく食べて飲んだので、案の定、寝坊しました。。準備し、さあ出発と思ったら、前輪がパンクしてる。嫌な予感。。急ぎチューブ交換して出発した時は11時半を回ってました。もう汗だく、とにかく暑かったですね。土地勘無い&地図全体を把握してないので、Googleマップ頼りに走りましたが、なんか違う方向に進んでいる気がする。何故か想定と違う山田村方面に向かっていたようです。



途中、ひたすら県道59号を走っていると、狭い峠道が続き、だんだん不安に。。自然がすごく濃くて何が出てきてもおかしくない雰囲気。車も1台もすれ違わないし、何か嫌な予感がするな・・・と思ってたら、”通行止”の看板が!が〜ん、どうしよう。。ボトルの水も半分以下になり、こんな暑いのに水が無くなったら死活問題。途中、コンビニも自販機も何も無かったし、戻るよりも先に進んで国道471号に出る方が近いし、何かあっても車が通れば助けてもらえるだろうと思い先に進むことにしました。”落石注意”の看板があって道路は大きな落石がゴロゴロしてるし、最後に真っ暗なトンネルがあったりしましたが、何とか国道471号までたどり着いてホッと一安心。こちら側には”通行止”看板が! 一台も車が来ない訳です。いや〜、久々にビビって緊張しました。ここで動けなくなったらヤバいと思い、疲れより恐怖が勝って、いつもより早く走れた気がします。でも景色はすごく良かったですね。帰りは国道471号を通りましたが、こっちの方が凄い景色でした。



ここから利賀村を走って行きます。すごく気持ちイイ景色が広がっていました。郵便局に自動販売機と水道があるのを発見! ボトルの水が枯渇しかけてたのでホントに助かりました。そこから目的地のスターフォレスト利賀まではたった4キロなんですが、補給食も持ってこなかったし、往復8キロをプラスする体力が残っているか自信無いので、あきらめて帰路に向かいました。



途中からは急な下り坂。時速50キロぐらいすぐに出ます。自転車の醍醐味です。気持ちイイ!でも横はガードレールも無い崖です。落ちたら死ぬなぁと安全運転!?で降りていきました。小牧ダムを通り過ぎ、そのまま一気に砺波の平野部に下ります。下り終えてホッとしました。砺波はイイ所ですね。人も車もいるしコンビニも自販機もたくさんあります。ほんと安心出来る場所だなぁと実感しました。今日、山田地区や利賀村を通ってきて、イイ所だなぁと思いましたが、そこで暮らしている人は色々と苦労があるだろうなと感じました。最後も道を間違えて大回りで国道156号を逆風の中ひたすら漕いで、ようやく家に着きました。疲れたけど気持ちよかった!
距離72.22キロ、約4時間の冒険でした。いや〜、無事に帰ってこれて良かった。


一人で土地勘の無い場所に行くときは、事前にちゃんと調べて地図を持っていくこと、補給食や水などちゃんと持って行くことが反省点です。スマホは電波が届かないと何も役に立たない&お店も自販機も無いので。
ロードバイクに乗っている皆様、今度ツーリングに連れてって下さい。よろしくお願いします。


  • 日々の出来事