Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

増山城解説ボランティア曲輪の会

増山城解説ボランティア養成講座の修了生を中心としたお城好きのグループです。国指定史跡「増山城跡」のガイド活動をはじめ、増山城跡でのイベントや定期的に各地のお城を訪れる「城攻め」などを行って楽しんでいます。文化庁の「市民から文化力プロジェクト」に参加しています。
メール kuruwano@gmail.com
ホームページURL http://www.city.tonami.toyama.jp/blog/group/kuruwa/
設立日 2010(平成22)年10月
会員数 36名
主な活動 国指定史跡・続日本百名城 増山城の解説/増山城関連及び関係機関の事業への協力
前のページ
1  | 2  | 3  | 4
次のページ

2019年10月01日 18:02

第11回 増山城戦国祭り

「知の合戦!!城攻めウオーク」問題と解答


問題
1 増山城は砺波郡、射水郡と何群の境にあった?

2 増山城はもとは何という城だった?

3 増山城を3回攻めた戦国武将は?

4 最後の城主の妻で、利家とまつの二女は?

5 増山城の本丸(城の中心)はどこでしょう。

6 増山城は平城・山城、どちらのタイプ?

7 名誉城主の名前は?

解答
 1.婦負郡
 2.和田城
 3.上杉謙信
 4.蕭(しょう)
 5.二ノ丸
 6.山城
 7.春風亭昇太

皆さんいくつできましたか?

次回から数回に分けて解説します。

2019.10.1
          曲輪の会 本保澄雄
  


  • 歴史

2019年02月12日 07:15

 本日は2月12日。前回投稿からはや1ヵ月以上経過してしまった。いつまでも「あけましておめでとうございます」というわけにもいかない。と言ってこの冬場、増山城に特段変わった出来事があったとは思われない。そこでやむなく最近の世間の話題から話を少し伸ばしてみた。

 最近、市の職員に「立ち退きさせてこい。火をつけて捕まってこい」と怒鳴って退職に追いこまれた市長がいたが、戦国時代家臣の屋敷に火をつけた大名がいる。こんな乱暴な大名と云えば織田信長と相場は決まっている。信長の気性をあらわすのによく次の句が引用される。
 鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス 信長
 鳴かぬなら 鳴かして見せよう ホトトギス 秀吉
 鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス 家康

家臣の屋敷に火をつけた事情はこうだ。

 信長は安土に城を築き、一族や重臣たちを山腹に、馬回りや弓衆、小姓たち親衛隊は城下町に集住させた。 天正8年正月29日、弓衆の福田与一の屋敷から出火があった。弓衆の屋敷から出火したことは許しがたい行為であった。一屋敷からの出火が城下町全体を焼きÝ尽くす危険もあったわけだから信長が激怒したのも無理はない。信長は、出火の原因はその家臣が妻子を尾張に置いた単身赴任であり、不慣れな生活が原因であったと断定した。当時、単身赴任という考え方はなく一家忠勤が求められていた時代であった。
 調べてみると弓衆で60人、馬回り衆で60人合計120人もの単身赴任者がいた。
単身赴任をやめさせるため、前々築城地である尾張に妻子を置いていた全ての衆の屋敷をことごとく焼き払い、竹木を切らせた。住む屋敷を失った女房達は、とるものとりあえず大急ぎで安土へ引っ越したと言われている。
 馬回り衆の井戸才助は妻子を安土へは来させず、勤務態度もよくない上に文書偽造などを行ったため1579(天正7)年、自害を命じられた。

岩波新書 千田嘉博『信長の城』、インターネット など



 現在、単身赴任はごく自然に受け止められていますが、信長の時代にも単身赴任があったのは驚きでした。

前田利長は富山城焼失のため、高岡城を築城しました。家臣団434名を引き連れての入城だったのですが、家臣団の家族はどうしたのでしょうかね?

 今は言っただけで職を辞さなければならない時代、当時は実際に火をつけてもも誰も文句を言えない時代。権力者の時代の相違を感じますね。

   2019.2.12       
              

 本保澄雄



  • 歴史

2018年11月01日 10:01


神水鉢C

用途 前回は老松邦雄さんの旗台(旗竿)石 説について書いたが、今回は佐伯哲也さんの塔心礎説について書く。

佐伯哲也さん 塔心礎説

佐賀県立博物館の所蔵する肥前名護屋城屏風には各陣屋の風景を描いているが、同図には各陣屋の門前には1本の旗もたっていなければ旗を立てる石も描いてない。
 大坂市立博物館の所蔵する関ヶ原合戦屏風図は、合戦に近い時期に描かれたと推定されるが、小西・島津・石田の各陣屋が描かれているが旗竿は周囲に設けられた逆茂木に括り付けられている。
神水鉢が旗竿石の可能性は少ない。
 守護・守護代が数百年使用した拠点クラスの城郭には、宗教空間をにおわせる地名が多く残っている。守護・守護代の拠点城郭にはごく一般的に宗教建造物が建っていたことは不思議ではない。
越前一乗谷の朝倉氏の城には宗教施設が建っていた。能登畠山氏の城にも安寧寺屋敷という寺屋敷があった。魚津松倉城にはシュゴジンドウ(?)というところも残っている。
 増山城主郭にも宗教建造物が建っていても何ら不思議ではない。実際の大きさのものではなく小さなもの。ここは宗教空間ですということをわからせるためだけのようなものが建っていたと考えるのが一番素直な考え。

 石の穴に手を入れると深さ24センチ、ちょっとくぼんだ所に5センチの深がある。そこは舎利孔(しゃりこう)と言っておしゃかさんの骨を入れるところである。こういうものを持っているのは古代の塔の礎石である。ここに三重塔、五重塔がたっていた。この石の下に重量物を乗せても沈まないように敷石が見つかっている。
このように見ていくと月時計でも旗台石でもない。ここは宗教的な建物が建っていたと考えるのが自然である。 ということで塔心礎説。

但し佐伯哲也さんは
 観光客には、月時計、旗台石、塔心礎の3つの説を説明し「さてどれでしょう」と言って考えてもらう方が逆襲も受けないし、ロマンがあって面白いのではないか。ともお話されていました。


参考資料 佐伯哲也さん
 『越中中世城郭図面集V』
 講座「増山城の縄張りを読み解く」2013.4.13

 心礎 とは
  ・塔の心柱の礎石。中心に柱を受ける座や孔があるものが多く、奈良時代以前の物では舎利(しゃり)を納めるものもある。デジタル大辞泉
 
・礎石の下にはこぶし大の栗石が詰められる場合が多い ブリタニカ国際大辞典 

 

本保澄雄


  • 歴史

2018年10月20日 21:13

神水鉢について 続き

前回《神水鉢》について記したが、それでは古文書では神水鉢についてどのように記しているのだろうか
 郷土資料館安カ川恵子先生の講座資料から拝借。



平成25年7月 講座「増山城にかかわる伝承」 より

1年中水が枯れないということについて

上記安カ川先生の資料からの引用であるが「・・・俗に此水石中より湧出て四季に絶へずと云余里人に問ふに甚非なり此石吸ほせは重ねて雨降時まで一滴もなししかし至て堅き石にて極暑にも水干ることなしと云」
『越中旧時記』(越中郷土資料館叢書)富山郷土研究会編
 句読点もなく、濁音もなく非常に読みにくい文だが、大体の訳は「石の中から水が湧き出て四季絶えることがないと言われている。自分が里人に聞いたところ、そんな馬鹿なことはない。この石が水を吸い込んでしまったら今度雨が降るまで一滴の水もない。しかしこの石はいたって硬い石なので極めて暑い時でも水が枯れることがないと言った」(意味は本保が勝手にしたので違っているかもしれません。〉

また、佐伯哲也さんは「この石は凝灰岩で透水性がある。スポンジが水を吸うようにして周りの土から水を吸い上げて大体2日間で満水になる。こういうことで夏でも水が溜まっているという伝承が残っている。という説。 
2013.4.13 増山城現地研修から 

(本当に2日間ほどで水がたまるのか一度実験してみたいですね。〉

 増山城リーフレット、大人用、子供用どちらにも神水鉢は書いてはあるがどちらにも1年中水をたたえているとか、1年中水が枯れないというようなことは書いてない。ガイドとしてはこういう伝説があると書いてほしいところだが・・・。

              続く
                 
本保澄雄


  • 歴史

2018年10月11日 08:05

クイズラリー問題と答え(説明)

問5.増山城は平城、山城 どちらのタイプ?
答え 山城

説明

 戦国時代に数多く築かれた城は江戸時代の軍学のなかで研究が進められ二つの分類法が生まれた。
 一つは立地による分類法である。

城の立地による分類。
一般的には「山城」「平山城」「平城」の三種類に分類される。中世から戦国初期にかけては人里離れた山に城を築いたが、戦国時代になると城は領国経営の拠点となったため、次第に人員・物資の運送に便利な平地に移っていった。


山城とは 主に高い山の尾根を利用して築かれる城。地形を利用して各施設が造られるため高度な築城技術が無くても堅固な城とすることができた。大名の拠点としての役割はやがて平山城へ移るが、軍事拠点として戦国時代を通じて利用された。

 平山城
とは 交通の便の良い丘陵地に建てられた城。丘陵の上に曲輪を開いて天守や城壁を造り、丘陵自体を水堀で囲むことが多い。城主の邸宅や家臣団の屋敷なども城壁の内側に築かれ、多くの兵を収容する軍事拠点として機能した。

 平城とは 周囲に城下町を発展させやすい平地に築かれた城。平山城と同様城主や家臣団の屋敷を城壁の内側に配置し大軍の駐留も可能となった。

山城・平山城・平城の区分のポイントは標高ではなく比高。比高100b・比高30bあたりが一つの基準とか。例えば
  犬山城 は標高80b 比高40bで平山城
 大坂城 は標高31b 比高30bで平城
 岡城  は標高325b比高100bで山城
 松山城 は標高132b比高90bで平山城
  松本城 は標高592bという高地にあるが盆地にあり比高がほとんどないため平城

 増山城は 標高124b 比高75bだが山城に分類されている。

北陸3県の名城はどのタイプ?
  日本100名城
    高岡城  平城
    七尾城  山城
    金沢城  平山城
    丸岡城  平山城
   一乗谷城  山城(麓に居館)

  続・日本100名城
    富山城 平城
    増山城 山城
    鳥越城  山城
    福井城  平城
    越前大野城 平山城
    佐柿国吉城 山城
    玄蕃尾城  山城


  
 増山城

 2018.10.13

本保澄雄


  • 歴史