Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

増山城解説ボランティア 曲輪の会

増山城解説ボランティア養成講座の修了生を中心としたグループです。富山県砺波市の国指定史跡「増山城跡」のガイド活動や、関連事業へのお手伝いをさせていただいています。文化庁の「市民から文化力プロジェクト」に参加しています。2020年10月に10周年を迎えました。
メール kuruwano@gmail.com
ホームページURL http://www.city.tonami.toyama.jp/blog/group/kuruwa/
設立日 2010(平成22)年10月
会員数 35名
主な活動 国指定史跡・続日本百名城 増山城の解説/増山城関連及び関係機関の事業への協力
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2012年04月26日 10:54

佐伯哲也氏より「日本の名城ベスト10 都道府県別・中井均著」を2冊寄贈していただきました。
北陸の城郭については佐伯先生が解説をされています。貸し出し希望者は事務局までお越しください。





曲輪の会 事務局


  • お知らせ

2012年04月24日 15:33

昨年12月18日に開催した講演会「縄張りから読み取る 増山城塁群の歴史」のあと、会員の皆様からご要望の強かった亀山城の解説会を下記の日程で行うことが決まりました!講演で学んだ亀山城の縄張を佐伯氏が直々に解説くださる、滅多にないチャンスです。
会員の方、または会員以外の方も奮ってご参加ください。

内  容 佐伯哲也氏による亀山城解説会

日  時 5月26日(土)9時30分

集合場所 和田川ダム駐車場

オプション 当日の午前は亀山城をじっくりと攻めますが、オプションツアーとして午後からは富山市の富崎城を攻めに行きます。佐伯先生も同行いただけますので、希望の方はご参加ください。

諸注意  
・雨天の場合は中止にしますが、小雨決行です。
(雨天のときは当日の7時30分頃に開催の可否を決めます)
・昨年の12月18日に開催した講演会「縄張りから読み取る 増山城塁群の歴史」の資料を持参ください。
・山の中を歩き回れる服装と水分など各自で準備ください。


  • お知らせ

2012年04月10日 14:21

   佐伯哲也氏縄張り図講習会のお知らせ

日  時 平成24年4月14日(土)10時〜14時
集合場所 安田城跡(婦中市安田244−1)現地集合

用意する物 お弁当、ペットボトル、鉛筆ないし
シャープペンシル(縄張り図作成講習会のみ参加の方はお弁当は必要ありません。

※縄張り図講習会後、白鳥城攻めを実施いたします。縄張り図作成講習のみ参加の方は集合時に申し出て下さい。

               曲輪の会事務局


  • お知らせ

2012年04月06日 13:40



二ノ丸



三ノ丸



御所山屋敷


2012年4月3日に「爆弾低気圧」とも呼ばれる低気圧が日本列島を襲い、砺波平野にもかつてないほどの強風が吹き荒れました。瞬間最大風速は39km/hを超え、観測史上最大値を記録したそうです。

砺波市内にもカイニョの杉など甚大な被害がありましたが、昨日増山城跡を訪れたところ、城跡内で大量の倒木が発生していることがわかりました。

上の写真は、その様子です。

倒木は二ノ丸、三ノ丸などを中心に数十本はあると思われます。一部は遊歩道にも掛っており、大変危険な状況です。

そこで、砺波市では城跡内への入城規制を行うそうです。会員におかれては増山城の心配をされる方もあると思いますが、しばらく城へ立ち入るのは控えてください。

4月に入ってから、団体の見学予約も入っていますが、倒木処理の進み具合を見て、もしかしたらお断りをすることがあるかも知れませんので、ご承知おきください。

曲輪の会事務局


  • お知らせ

2012年03月18日 10:23

先日、北陸城郭研究会の堀 宗夫さんから自筆の「塩屋・江馬と飛越の物流」(「北陸の中世城郭」第六号 抜刷)を送っていただいた。
飛騨口の城、栂尾城、猿倉城、岩木城、中地山城といった城は越中国でありながら飛騨の武将、塩屋・江馬氏が築城あるいは在城したと言われる城である。
以前から何故と興味を持っていたが、堀 宗夫さんのこの自著を読んでいると、なるほどと思った。
通説では上杉謙信からの要請により越中へ進出したとの事だが、堀氏は飛越の物流ルートの掌握、経済システムが根本的な理由ではないかと仮説しておられる。
飛騨は山間地で耕作地が少なく江戸初期の石高は新開田2万石を含めても6万石程度。不足分を補うために戦国の時代も越中や能登の特産である塩や米、豊富な海の幸は飛騨に運ばれていた。
塩は人々の生活には不可欠なもの。食糧の保存、味噌や醤油にも使われる。
中世の塩の流通は塩座が独占的に行い、戦国大名は塩の保護統制を行い塩の確保、塩商人への課税を行っていた。
塩屋秋貞は三木氏の有力武将でありながら、元々は塩商人であったとも言われている。
飛騨では戦国時代より和佐保銀山、茂住銀山を代表とし多数の鉱山が開発されている。
この両銀山でも三万石に相当し、この莫大な収入が江馬氏、三木氏の財政を支えていた。
江馬氏の居館は庭園、会所といった将軍邸プランの館であり、北陸近隣では一乗谷、七尾の畠山氏にしか見られない。この豪奢な館を築けたのもこの銀山収入に裏打ちされている。
江馬氏が抱えたいた家臣とその家族は5千人、鉱山の人夫なども5千人、合わせて1万人を超えていた。
これらの人々が消費する食糧、その他物資の確保は飛騨の武将達の必然の生命線であった。
その飛越の物流ルートは飛騨街道、その他脇街道があった。主要道である飛騨街道は塩屋氏が掌握し、蟹寺城、栂尾城、猿倉城などを配下とした。
一方、対立する江馬氏は飛騨街道の封鎖もあり、「ウレ往来」と呼ばれる有峰ルートの脇街道も使用していた。
中地山城はその「ウレ往来」の越中側に在る。山間地の生産性の低い地にこの規模の山城があるのは不自然であり、江馬氏の物流拠点(物資の集積場である問屋として商人達が城内に蔵を持ち、牛馬を受け入れる目的で造営)ではなかろうかと推察されている。

曲輪の会 長江


  • お知らせ

2012年03月09日 10:56

@平成23年度 定期総会の案内
  平成23年度総会を開催します。
  
   ○日時:平成24年3月31日(土)
        午後1時30分〜
   ○場所:となみ散居村ミュージアム「交流館」
    ※昨年、戦国祭りの事前説明会を行いました同じ場
     所です。

   ◎御多忙の折とは思いますが、是非御出席下さい。
   ◎ブログを見ておられない方もいらっしゃいますので
     葉書にて再度ご案内します。
   ◎出欠連絡を事務局へご連絡下さい。       
       電話・FAX:0763−32−6815
   ◎平成24年度年会費1,000円を納付下さい。

A平成24年度事業計画第1回の案内
  昨年12月曳山会館で行いました、佐伯先生による「増山城塁群の歴史」講演の際、会員皆様よりご希望のありました、「縄張り図作成実習」を実施します。

    ○日時:平成24年4月14日(土)
         10:00〜2時間
    ○内容:『縄張り図作成実習と講演』
         講師:佐伯 哲也先生
    ○場所:安田城跡
         富山市婦中町安田244−1
          管理事務所電話:076−469−4241
    
    ◎本件は総会の前でありますが、時間の都合もあり
      早々に案内しました。
    ◎現地集合と致します。
    ◎持参する道具等は、3月31日の総会の際に説明
     します。
    ◎出欠の連絡を事務局へお願いします。

以上

曲輪の会事務局 津田


  • お知らせ

2012年03月05日 15:33

 先日、増山城跡の“堀切の写真”を緊急に探している旨を載せたところ、ありがたい事にブログを見たといって、曲輪の会の会員さんがわざわざセンターまで持って来て下さいました。本当に感謝です!
その写真が、とてもよく堀切を撮っていたので、皆さんにもお見せします。




 そろそろ雪も解けます。是非、実際の“堀切”を見に増山城跡に来てくださいね。
曲輪の会事務局


  • お知らせ

2012年03月02日 10:03

今、訳あって増山城跡のF郭の手前にある“堀切の写真”を探しています。右と左に分かれていますが、出来れば両方必要です。写真に撮っておられる方はいらっしゃいませんか?すみませんが急を要していますので、お持ちの方は早急に御連絡をお願いします。

  連絡先:砺波市埋蔵文化財センター
         0763−32−6815

曲輪の会事務局


  • お知らせ

2012年01月13日 14:09

年明け早々の「おしらせ」にてお願いしておりました 協力金に関しての署名・押印につきましては、お忙しい中それぞれ来ていただきましてありがとうございます。埋蔵文化財センターまでわざわざ来ていただくことに恐縮しておりましたが 快く足を運んでいただきまして本当に感謝しております。これからもお近くにいらした際には、お気軽にセンターにお寄りいただきお茶など飲んで行って下さい。

曲輪の会 事務局


  • お知らせ

2012年01月06日 10:50

新年明けましておめでとうございます。
皆様においては穏やかな新年をお迎えの事と思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 さて、会員の皆様へ新年早々、お願いです。
昨年の第3回戦国祭りの協力金を頂けることとなりました。
協力金をいただくに当たって参加者全員のサインと押印が必要となります。参加された方は是非一度、埋蔵文化財センターの方へ足を運んでいただけないでしょうか?1月末までにまとめたいと思います。
元気なお顔を見せてくれたら嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

曲輪の会 新年会のお知らせ
日時 1月28日〜29日
場所 コスモス荘にて
 
雪の予想がされるため、コスモス荘より送迎バスを出していただける事になりました。
参加者は砺波市埋蔵文化財センターへ1月28日14:00に集合ください。
ハンコをお忘れなく。

曲輪の会 事務局


  • お知らせ