Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

増山城解説ボランティア曲輪の会

増山城解説ボランティア養成講座の修了生を中心としたお城好きのグループです。国指定史跡「増山城跡」のガイド活動をはじめ、増山城跡でのイベントや定期的に各地のお城を訪れる「城攻め」などを行って楽しんでいます。文化庁の「市民から文化力プロジェクト」に参加しています。
メール kuruwano@gmail.com
ホームページURL http://www.city.tonami.toyama.jp/blog/group/kuruwa/
設立日 2010(平成22)年10月
会員数 36名
主な活動 国指定史跡・続日本百名城 増山城の解説/増山城関連及び関係機関の事業への協力
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7
次のページ

2020年09月13日 13:17

こちら事務局です。

市内小学校高学年向けに実施されている「ふるさと・となみ探訪事業」が今年も始まりました。
例年通りの全小学校ではなく、約半数での実施計画となっています。
弊会では解説器具の消毒と距離の確保・マウスシールドの使用といった感染対策を実施いたしました。



コロナ禍で遠足や社会見学・課外授業等の機会も少なくなっている時世の中、児童たちは本当に楽しみにしてくれていたようです。当日は予報の覆る晴天で、少し動くだけでも汗ばむ夏の名残の陽気でした。

ベテランガイド6名による約1時間の解説。「めっちゃ楽しかった」との声が聞こえ、会員の顔も自然とほころびました。


事務局


  • ガイドレポート

2020年07月25日 05:53

7月24日、増山城のガイド活動が今年初めて実施されました。
4月からの多数の観光バスのご予約もすべてキャンセルとなり、小学校向け以外では約1年ぶりです。


再開第1号の県内のグループのお客様に向けて、ベテランガイドH氏が丁寧に対応してくださりひと安心。



事務局員は付き添いにて、道中の個別の質問にお答えさせていただきました。
屋外ではありますが新型コロナウイルスの感染防止対策として、希望者へのフェイスシールドの配布(試験的)と距離の確保のお願いをしております。

数日前から不安視されていた天気は途中まで持ちこたえ、予報のどしゃ降りにはならず無事に終了しました。
事務局


  • ガイドレポート

2020年03月31日 18:13

3月30日、富山県内でも新型コロナウイルス感染例が確認されました。

昨今の社会の情勢及びお客様・会員の安全確保を考慮し、4月1日から15日までご予約をいただいておりました増山城ガイドを中止させていただきます。
再開時期につきましては未定ですが、ご予約のお問合せには随時対応させていただきます。

増山城への登城は自由ですが、公共交通機関等をご利用の方におかれましては最善の予防を心掛け、不調のみられる場合には控えていただけますようお願い申し上げます。

事務局


  • ガイドレポート

2019年08月25日 10:16

 8月24日 岐阜県恵那市のガイド研修受講生45名をガイドした。
 恵那市惠南地区は岩村城跡や岩村城下町、明智町の日本大正村や明智城跡、明智光秀公ゆかりの地など観光地として多くの地域資源が存在する地域。しかしながら、特に明智町では、観光ガイドの不足に悩んでおりガイドの養成が急務となっている。そこでガイド養成講座を実施を計画。実際のガイドを見て学ぶため「曲輪の会」への見学申し込みとなったもの。
 当日「曲輪の会」ガイドとして、高木、浜田、本保が担当した。
(岩村城へは曲輪の会として平成29年11月11日に訪問している)


  
バスから降りて一息 トイレタイムなど




本保がガイドした3班 一ノ丸



同じく本保がガイドした3班 増山杉  



最後に増山陣屋で全員で記念写真 はい!チーズ


ガイド研修受講生とあって全員熱心に聞いてくれた。またたくさんの質問もあった。

受講生からは「楽しかった」「わかりやすかった」
などの声を頂いた。中には「もう一度来たい。連絡先、ガイド料を教えてほしい」という声もあった。少しかもしれないが受講生の参考になったことが嬉しい。

高木さん、浜田さん  おつかれさまでした。

2019.8.25   
本保澄雄



  • ガイドレポート

2019年07月13日 13:48

 本日(7月13日)砺波市連合婦人会会員44名をガイド。ガイド役は3名
同婦人会からは昨年も申し出があったが昨年は雨 で中止。(フラレました)
 今年は幸い雨の心配はゼロ。さほど気温も高くなく絶好の散策日和。全員無事に増山城を散策した。


 
 受付係の皆さん




 
出発前に全員でラジオ体操。まずは体をほぐしてから




馬之背ゴ キャー 怖い。




 
Aグループの皆さん




無事下城 下では冷たいお茶と甘いお菓子で疲れも吹っ飛ぶ



増山城登城記念写真 全員で トナミ― でにっこり




山道は一人ずつ。ゆっくり慌てず。特に下りの場合には要注意

2019.7.13     
本保澄雄


  • ガイドレポート

2019年07月06日 15:31

本日(7月5日)砺波市鷹栖小学校6年生児童28名が増山城を探訪。同校は6月7日に探訪の予定であったが当日は雨天のため延期。本日実施となったもの。探訪時間は2時間とたっぷりあり普段は探訪できない《馬洗い池》や《安室屋敷》の探訪もできた。十分に増山城を楽しんでもらえたものと思われる。ガイドは渡辺(昭)、本保が行った。また足のケガで登城できなかった女子児童には津田事務局長が増山陣屋でわかり易くを説明し大変喜ばれた。


 
増山陣屋前で 準備




二ノ丸で一休み




水分補給は十分に




馬之背ゴへ



 
地形を見ながら 説明を聞く児童たち



  
探訪を終え無事下城

2019.7.5
                 
本保澄雄


  • ガイドレポート

2019年07月02日 14:43

本日(7月2日)砺波北部小学校6年生児童73名が増山城を探訪。ガイドは石崎、林、福田、本保の4名が行った。
心配されていた雨も中休み。絶好の探訪日和。熱心にメモを取ったりいろいろ質問があったり、増山城に対する関心の深さが感じられた。
探訪を終わってから「戦国祭りにはお父さん、お母さんも一緒に登りたい」という児童もいた。最後に先生からの質問「今日増山城が楽しかった人」に対しほとんど全員が手を挙げた。ガイドとしても嬉しい限り。



   
全員そろって山へ入る時の注意




   
本日のガイドさんの紹介




 
福田ガイドの説明を聞く児童たち




二ノ丸で一休み。その間も案内板で理解を深める




他のグループも二ノ丸で一休み



本日の探訪を終え無事下城。

2019.7.2
                 
本保澄雄


  • ガイドレポート

2019年06月19日 10:15

 6月18日 砺波市庄南小学校6年生児童39名が増山城跡を探訪。ガイドは高木、本保が務めた。先日來の悪天候もやみ、久しぶりに朝から晴れ間の広がる絶好の探訪日和。全員が熱心にメモを取ったりで増山城跡への関心の深さが窺われた。


バスから降りてさあ今から増山城短探訪。先生からの注意



高木ガイドのわかりやすい説明。全員納得



二ノ丸で一休み。水分補給は十分に




 
休憩時間の間に案内板で勉強




全員無事下山 涼しいところでひとやすみ


写真の上にカーソルを当てクリックすると写真が大きくなります


    
本保澄雄


  • ガイドレポート

2019年06月15日 15:36

 6月13日 高岡観光ボランティアガイド「保与(ほよ)の会」メンバー19名をガイドした。同会は高岡観光ボランティアガイドグループ6団体のうちの一つ。会員23名を擁し、高岡瑞龍寺、利長公墓所、山町筋など高岡観光スポットを案内。
 今回はグループの研修の一環として最近人気の増山城跡を訪れたもの。



馬之背ゴ。前を見るのが怖い。後ろ向きで!!



 
山道は狭いですね。一列に並んで




二ノ丸 全員で記念写真


写真にカーソルを合わせクリックすると写真が拡大します。


保与(ほよ)の会の保与とはヤドリギの古名。
生命力の強い木で、これをかざして身に着けると長寿が得られるなど信仰の対象にもされた。

万葉集 巻18 4136
 あしひきの 山の木末(こぬれ)の ほよとりて
   かざしつらくは 千年(ちとせ)寿(ほ)ぐとぞ
                 大伴家持
口語訳 山の木々の梢の寄生木(やどりぎ)を取って髪に挿したのは、千年の寿命を祝う気持ちからだ。
750(天平勝宝2年正月2日に詠んだ歌。
この歌から「保与の会」と名付けた。

高岡観光ボランティアガイド6団体のうち4団体は万葉集に因んだ名前を付けている。

 
本保澄雄


  • ガイドレポート

2019年06月12日 17:03

本日(6/12)砺波東部小学校6年生の児童141名が「ふるさととなみ探訪事業」として増山城跡を探訪した。市内一のマンモス校とあってガイドも8名で対応。児童たちは長袖、長ズボン、長靴と事故対策もバッチリ。熱心にメモを取ったりするどい質問があったりで増山城に対する熱意が感じられた。


  
今から増山城へ登城 全員勢ぞろい



ガイドさんと対面「よろしくお願いします」




一ノ丸切岸の下の平坦地 敵が攻めてきたら弓矢で防ぐのにつごうがよいね




一ノ丸 きょう勉強したことしっかりとメモ
  
本保澄雄


  • ガイドレポート