Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ふるさと学芸員の小窓

ふるさと学芸員のブログです。砺波市の「ふるさと文化財」とは、地域の財産として親しまれ大切にされている文化的財産のことです。このブログで少しずつご紹介していきたいと思います。
メール furubun001@gmail.com
ホームページURL http://blog.city.tonami.toyama.jp/group/furusato/
前のページ
1  | 2

2011年08月08日 17:24



■東中の六地蔵・砺波市東中

砺波市林地区に地蔵河原といわれる場所がある。

室町時代ごろまでは、このあたりを大きな庄川が流れていたのです。当時は「中村川」といいましたが、ここはその川の東の岸でした。そこに地蔵堂が建てられたので、こう呼ばれるようになったのです。
この地蔵堂が建てられたのは江戸時代の終わりごろで、文化元年(1804)のことです。この近くにすんでいた仁兵衛(四代目)さんは、たいそう信心深く、先祖の恩に報いようと建てたのです。三代目仁兵衛さんのころから奉行所にお願いしてあったので、願いがかなって落成したときは、村をあげてお祝いをしました。夜通しで御詠歌をうたったり、能登・加賀・越中から集まった若衆が相撲を取ったりして、大にぎわいでした。
しばらくして大凶作が起こり、続いていた地蔵祭りをやむなくとりやめにしました。餓死者も多く、藁まで煮て食べるありさまでした。その後も、村に災難が続いていたので、村人たちは「これは地蔵祭りをとりやめにしたからだ。」と話し合い、何とかお祭りを再開しました。そのとき、地蔵堂の扉を開けると、中から喜びの大声が響き、地蔵様の目から涙がこぼれ、床をぬらしたそうです。
それからというもの、村人の信仰はますます厚くなり、今も毎年九月十四日に地蔵祭をとりおこなっています。(地蔵堂前案内看板より)






地蔵堂の向い側に不動明王石仏が安置されている御堂があります。
現在御堂は老朽化により改修工事中で、不動明王は六地蔵、延命地蔵と同じ場所に移され新しい御堂の完成を待っています。
(ここでも大切にされているのですね。)
来月行われる地蔵祭りは蔵河原(ぞうがわら)の祭りとも言われ、予定通り今年も催されると自治会長さんからお聞きしました。六地蔵、延命地蔵と一緒にお披露目が楽しみです。


  • 彫刻

2011年07月25日 11:12

■狐島の太子堂・砺波市狐島

狐島の三軒町(さんげんまち)と言われる場所に太子堂があり、2歳の太子像が安置されている。
昔、このお堂の近くに医者がありその付近にお堂があったが、道路の基盤整備事業で現在の場所に移された。
この行事は毎年7月22日が開催日となっていて、昭和50年頃まで狐島青年団主催であったが、現在は集落全体で世話・管理をしている。
当日は、朝から夕方にかけてお堂周辺を掃除して建具を外し、幕や提灯を飾り付け、花や供物を用意する。夕方、僧侶が読経されて住民がお参りし、その後、参加者全員で親睦会が行われる。
お堂は22日から一週間開放され、誰でも太子像にお参りすることが出来る。
太子像作者は、一生の間に一千体の石仏を彫ったといわれる庄川町金屋の森川栄次郎である。
昭和60年、像の台座は漆塗りの物になった。




当日参加者は約30余名。
お寺さんはおじいちゃんとお孫さんでの勤行でした。
お孫さんはまだ小学生とお見受けしましたが、しっかりおつとめを果たされていました。
区長さんや住民の皆さんも熱心に行事に取り組んでおられ、太子像を大切にされていることが伝わってきました。


  • 彫刻

2011年07月22日 16:17

祭事は夕方と聞いているので出かけてみたいと考えています。
昼休みに行ってみると祠の飾付けは終わっていました。
2歳とは思えない崇高な顔立ちでオーラを感じます。


以前出かけた時には気付きませんでしたが、すぐ側に薬師地蔵堂があり、一緒に飾られていました。
こちらは掛けられた袈裟がとっても素敵です♪


  • 彫刻