Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2011年12月01日  18:01

館の土居




■館の土居(たちのどい)・砺波市東保

東般若地区は高池・大坪・坊村・田中・石坂という五つの集落からなっています。
前回は田中でしたが、今回は坊村から「館(たち)の土居」という中世の館跡についてご紹介します。
さて、館とか土居は武士の屋敷のことをいい、屋敷があったとされるのは現在坊村公民館がある一帯だと言われています。圃場整備以前の地図によると館の周囲に土塁(図では山の地目になっている)がめぐり、全体として方形をしていたことがわかります。そして、土塁の外側には堀跡とみられる帯状の細長い地割もあります。土塁に堀跡となれば敵の攻撃に対する防御設備ですね。時には戦もあったんでしょうか?
ところで、館の土居を直訳すると屋敷の屋敷になってしまい意味わからん状態で困っていたところ、一つ資料をみつけました。
この近くの照円寺の縁起によれば、ここがかつて「般若郷」の地頭(お役人さん)多智民部大輔政道(たちみんぶたいふまさみち)の館であり、のちに増山城主神保氏に所領を奪われ没落し、その後仏門に入り道空と称したとの伝えが記されています。東般若は、高坪遺跡・東保般若堂遺跡で須恵器片や平安時代から室町時代に至る珠洲陶が出土しており、鎌倉時代初頭の土師質皿が大量に出土した高池遺跡などとともに中世の歴史と関わる遺跡が多い土地です。高坪遺跡の須恵器片はあるいは東大寺荘園など古代の初期荘園と関わる可能性もあり、寛保元年(1741)に中条村から出土した常福寺鐘銘には「般若野庄地頭方東保郷」とあって、東保が般若野荘の下地中分による地頭であったことを証しています。
屋敷の屋敷じゃなく、多智屋敷(たちやしき)だから館の土居といわれるんですね。
市内には、この館の土居以外に鷹栖の小倉の土居、東宮森の御館山館などがあります。戦乱が続いた中世を物語る貴重な文化遺産であることをみんなで後世に守り継いで行けたらいいですね。


  • 史跡