イメージ画像

チーム医療

感染制御

面会についてのお願い 『みんなで予防!インフルエンザ、ノロウイルス』

インフルエンザやノロウイルスなど感染性胃腸炎が流行する季節となりました。
熱・咳・くしゃみ・鼻水や下痢など感染症状がある方の面会はご遠慮ください。
また、面会時には感染予防のため手洗い、マスクの着用をお願いします。
職員が体調を確認させて頂くこともあります。また、体調の悪い方の面会をお断りすることもあります。
(詳細については、こちらの「面会時のお願い」へのリンクをご覧ください。)

感染制御

患者様および職員に安全で快適な医療環境を提供する必要から、感染予防と感染制御の対策に取り組んでいます。

院内感染予防のための策定と推進のため院内感染対策委員会を設置、また院内感染対策委員会の下部組織として、 日々感染対策の実践部隊(ICT:INFECTION CONTROL TEAM)として活動を行っています。 さらに、各部署に感染リンクナースを配置し、ICTと協力して院内感染予防に努めています。

院内感染対策委員会のメンバーは、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、リハビリテーション技師、栄養士、事務等で構成されています。

ICTメンバーは、医師(感染制御医師:ICD 2名)、看護師(感染管理認定看護師:CNIC 2名)、 薬剤師(感染制御認定薬剤師・抗菌化学療法認定薬剤師:1名)、臨床検査技師で構成されています。

主な活動

  1. 定期委員会の実施:毎月1回
    1. 薬剤耐性菌など検出状況報告および対策の検討
    2. 院内感染対策マニュアルの審議
  2. ICTラウンドの実施:毎週1回、その他必要時
    1. 薬剤耐性菌、抗MRSA薬使用事例
    2. 環境ラウンド     など
  3. サーベイランスの実施
    1. 耐性菌サーベイランス(MRSA、ESBL産生菌、CRE、CD等)
    2. 外科病棟対象:手術部位感染
    3. 針刺し、血液・体液曝露事故
    4. 尿道留置カテーテル関連尿路感染
  4. 職員教育
    全職員、新規採用者、看護助手、清掃業者など
  5. 職員に対してインフルエンザやB型肝炎ワクチン、麻疹・水痘などのワクチン接種、QFT検査の推進
  6. アウトブレイクへの対応
メインメニュー