砺波市
最終更新日:2016年11月9日 (水曜日) 13時10分 コンテンツID:1478597563

交通事故にあったとき(第三者行為)

 交通事故や暴力行為など、第三者行為によってケガをした時の治療費は、加害者が負担するのが原則です。
 国保で治療を受けようとするときは「第三者行為による被害届」等の必要書類の届出が義務付けられています。
 国保を使用した場合、本来加害者が支払うべき治療費を国保が一時的に立て替え、後日、加害者へ請求します。
 ただし、次の場合は国保で治療を受けることはできません
・加害者からすでに治療費を受け取っているとき
・業務上や通勤災害によるケガのとき。(労災保険の対象となります)
・酒酔い運転、無免許運転などによるケガのとき

【届け出に必要なもの】
1.第三者行為による被害届
2.事故発生状況報告書
3.念書
4.誓約書
5.交通事故証明書※事故証明書が「物損(物件)扱い」の場合は「人身事故証明書入手不能理由書」もご提出ください。
6.同意書(医療費の負担割合が1割の方)

 交通事故の場合、ご加入の自動車保険会社で書類作成等を代行していただける場合がありますので、自動車保険会社へご相談下さい。

※被害者と加害者の話し合いにより示談が成立すると、その取り決めが優先され、加害者に医療費を請求できなくなる場合があります。示談をされるときは、事前に市民課国保年金係までご連絡ください。




関連ファイル


カテゴリー

届出・証明・税金
健康・福祉

情報発信元

市民課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-6855