砺波市

文字の大きさ

配色変更

Translation

児童扶養手当

児童扶養手当とは、父母の離婚などにより父親または母親と生計をともにしていない児童が育成される家庭や、父親または母親が身体などに重度の障害がある家庭などに対し、児童の健やかな成長を願って支給される手当です。

支給要件

 

次のいずれかにあてはまる18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(特別児童扶養手当を受給、又は同等(政令で定める中度以上)の障害の状態にある場合は20歳未満)の児童について、その児童を監護している母、その児童を監護し生計を同じくする父、父または母にかわって児童を養育している養育者に支給されます。
※監護とは、監督し、保護することです。養育とは、児童と同居し、監護し、生計を維持していることです。

(1)父母が婚姻を解消した児童

(2)父または母が死亡した児童

(3)父または母が政令で定める重度障害の状態にある児童

(4)父または母の生死が明らかでない児童

(5)父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童

(6)父または母が裁判所からのDV(配偶者からの暴力)保護命令を受けた児童

(7)父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童

(8)婚姻によらないで生まれた児童

(9)棄児など父母が明らかでない児童

ただし、上記に該当していても、下記のいずれかにあてはまるときは、手当は支給されません。

(1)受給資格者(母、父または養育者)もしくは児童が日本国内に住所を有しないとき

(2)児童が里親に委託されているとき

(3)児童が児童福祉施設(母子生活支援施設・保育所・通園施設を除く)等に入所しているとき

(4)児童が受給資格者(母または父)の配偶者に養育されているとき(配偶者には、戸籍上婚姻関係になくても、事実上婚姻関係と同様の状態にある者を含む)。ただし、配偶者が政令で定める程度の障害の状態にあるときを除く。

(5)受給資格者が母または養育者の場合、児童が父と生計を同じくしているとき。ただし、父が政令で定める程度の障害の状態にあるときを除く。

(6)受給資格者が父の場合、児童が母と生計を同じくしているとき。ただし、母が政令で定める程度の障害の状態にあるときを除く。

 

児童扶養手当の額(月額) 平成30年4月~

子ども1人の場合     全部支給:42,500円

             一部支給:42,490円~10,030円(所得に応じて決定されます)

子ども2人目の加算額   全部支給:10,040円

             一部支給:10,030円~5,020円(所得に応じて決定されます)

子ども3人目以降の加算額 全部支給:6,020円

             一部支給:6,010円~3,010円(所得に応じて決定されます)

ただし、手当を受けるには下記の所得制限があります。

 

所得制限額 

 受給資格者の前年の収入から給与所得控除額等を控除し、養育費の8割相当額を加算した所得額と下記に示す制限額を比較して、全部支給・一部支給・支給停止のいずれかを決定します。
また、扶養義務者(受給資格者の配偶者、生計同一の直系血族及び兄弟姉妹)の所得が制限額以上の場合は支給停止となります。

※1月~6月の間に申請する場合は前々年の所得額で判定します。

【所得制限限度額表】平成30年8月~

扶養親族等の人数

請求者本人の所得限度額

扶養義務者の

所得限度額

全部支給

一部支給

0人

  490,000円

1,920,000円

2,360,000円

1人

  870,000円

2,300,000円

2,740,000円

2人

1,250,000円

2,680,000円

3,120,000円

3人以上

以下380,000円ずつ加算

以下380,000円ずつ加算

以下380,000円ずつ加算

※所得額、扶養親族等の数は、住民課税台帳によります。

※養育費の8割相当額を所得に加算します。

【所得から控除される額】

(1)一律控除 8万円

(2)特別障害者控除 40万円

(3)障害者・勤労学生控除 27万円

(4)医療費控除、配偶者特別控除等 地方税法で控除された額

(5)寡婦(夫)控除 27万円

(6)寡婦特例控除 35万円

((5)、(6)は受給資格者が養育者の場合のみ適用)

【限度額に加算されるもの】

(1)受給資格者の場合:

老人控除対象配偶者・老人扶養親族1人につき10万円

特定扶養親族(19~22歳)1人につき15万円

扶養親族(16~18歳)1人につき15万円 (申立書が必要。ただし所得が38万円を超える児童は除く)

(2)扶養義務者の場合:

老人扶養親族1人につき6万円(ただし、扶養親族がすべて70歳以上のときは1人を除く)

 

支給方法

 

手当は、認定請求した日の属する月の翌月分から支給され、年3回、支払月の前月までの分が支給されます。
(支払日)     12月11日  8~11月分
           4月11日 12~ 3月分
           8月11日  4~ 7月分
※支給日が土・日・祝日の場合は、直前の金融機関営業日に繰り上げになります。

 

手続きの方法

 

児童扶養手当を申請される方は、こども課の窓口でご相談ください。

申請にあたっては、申請者および該当する児童の戸籍謄本や個人番号カード(通知カード)など、必要に応じた書類の提出が必要です。

 

現況届

 

児童扶養手当を受給されている方(支給停止の方を含む)は、受給資格の確認のため、毎年8月に現況届の提出が必要です。手当証書・必要書類とともに窓口へ提出してください。
現況届を提出されない場合は、手当の支給ができませんので、必ず期限内に届け出てください。

 

手当額の一部支給停止措置について

 

 手当の受給期間が5年等を超えるとき(手当の認定請求(額改定請求)をした日において3歳未満の児童を監護する場合は、この児童が3歳に達した日の属する月の翌月の初日から起算して5年を経過したとき)、下記の《適用除外事由》に該当しない場合は所要の「手続き」を行わなかった場合には一部支給停止となります。

【適用除外事由】

(1)就業している場合

(2)求職活動その他自立を図るための活動を行っている場合

(3)障害を有する場合

(4)負傷・疾病等により就業することができない場合

(5)受給資格者が監護する児童または親族が障害・疾病、要介護の状態にあること等により、受給資格者が介護を行う必要があり、就業することが困難である場合

 

受給資格がなくなる場合

 次の場合は手当を受ける資格がなくなりますので、必ず資格喪失届を提出してください。

届出をしないまま手当を受けていると、その期間の手当を全額返還していただくことになりますのでご注意ください。

 

(1)手当を受けている父または母が婚姻したとき(内縁関係、同居なども含む)

(2)対象児童を養育、監護しなくなったとき(児童の施設入所、里親委託、児童の婚姻を含む)

(3)遺棄されていた児童の父または母が帰ってきたとき

(4)児童が父または母と生計を同じくするようになったとき

(5)その他受給要件に該当しなくなったとき




関連リンク


カテゴリー

健康・福祉

関連情報


情報発信元

こども課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7-3
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-6828

アンケート みなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります

Q このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

ご協力いただきありがとうございます

役に立った
0 件
役に立たなかった
0 件
どちらともいえない
0 件

砺波市役所
砺波市役所 法人番号:7000020162086
所在地:〒939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話番号:0763-33-1111
ファックス番号:0763-33-5325
Eメール:info@city.tonami.lg.jp
開庁時間:午前8時30分 ~ 午後5時15分まで
(12月29日から1月3日は閉庁)
砺波市 地図
Copyright (C) 2019 Tonami City All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る