砺波市

文字の大きさ

配色変更

Translation

行事・イベント(砺波郷土資料館)

行事・イベント

カレンダーで見る

今月のカレンダーを見る

砺波郷土資料館に 4 件の情報があります

旧中嶋家茅葺屋根見学会を開催しました!

旧中嶋家茅葺屋根見学会を開催しました! 砺波市指定文化財の旧中嶋家の茅葺屋根の葺替えに伴い、砺波地方の古民家の屋根の見学会を開催しました!
文化芸術施設 砺波郷土資料館 [2017年10月14日 (土曜日) 17時48分更新]

旧中越銀行本店(現砺波郷土資料館)2階の公開!(11月4日)

旧中越銀行本店(現砺波郷土資料館)2階の公開!(11月4日) 未公開であった旧中越銀行本店2階大会議室を、27年7月より、毎月第一土曜日の午前9時から12時の間、学芸員の解説を交えて公開しております。なお、毎月第一土曜日が、祝日、1月1日~3日、チューリップフェア期間中である場合は、公開しませんのでご注意ください。 平成29年11月は、第1週の土曜日に公開いたします。秋の特別展と共にお楽しみください。   第28回目 平成29年11月4日(土) 午前9時~12時
 身近なところに、すばらしい明治の銀行建築があります!
普段は見ることのできない旧中越銀行の2階部分。ぜひご家族でご覧ください。
文化芸術施設 砺波郷土資料館 [2017年10月14日 (土曜日) 17時0分更新]

第21回郷土先人展「民具が語る砺波のくらし―6900点が国の文化財に―」の開催のお知らせ

第21回郷土先人展「民具が語る砺波のくらし―6900点が国の文化財に―」の開催のお知らせ 平成29年3月3日に国の重要有形民俗文化財に指定された「砺波の生活・生産用具」を紹介します。
 50年ほど前、高度成長の波が砺波地方にも押し寄せ、人々の暮らしは変化していきました。それまで大切にしてきた農具や生活用品は不要になると捨てられていきましたが、その状況を憂い、呼びかけをして集めたのが民具収集の始まりでした。
 このたび、なぜ砺波の民具が文化財として評価されたのか、指定された6900点を分野別に展示するとともに、これらがどのような意味を持ち、何を語っているのかを紹介します。
文化芸術施設 砺波郷土資料館 [2017年9月6日 (水曜日) 20時30分更新]

第3回民具デー開催お知らせ

 砺波民具展示室(庄東小学校3Fフロア)には砺波地方の民具約8500点が集められ、このうち6900点は平成29年3月3日に国の重要有形民俗文化財「砺波の生活・生産用具」に指定されました。これら民具からは古くは加賀100万石のうちの25万石を支えていた、穀倉地帯の生活を感じることができます。民具は農具をはじめ、衣類、食器類、家具類、職人の道具など多岐に渡ります。 こうした民具に親しんでいただこうと、第3回民具デーを開催します!
お子さんも楽しめますので、ぜひご家族でお越しください。お待ちしています! 
文化芸術施設 砺波郷土資料館 [2017年9月6日 (水曜日) 15時1分更新]


砺波市役所
砺波市役所 法人番号:7000020162086
所在地:〒939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話番号:0763-33-1111
ファックス番号:0763-33-5325
Eメール:info@city.tonami.lg.jp
開庁時間:午前8時30分 ~ 午後5時15分まで
(12月29日から1月3日は閉庁)
砺波市 地図
Copyright (C) 2017 Tonami City All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る