砺波市

文字の大きさ

配色変更

Translation

行事・イベント

行事・イベント

カレンダーで見る

今月のカレンダーを見る

関連情報に 44 件の情報があります

《催し》となみ夜高まつり

《催し》となみ夜高まつり 砺波地方各地では、古くから夜高祭りが開催されています。 一番古いものは南砺市福野の夜高で、慶安の昔、神明社の創設にあたって人々が、手に手に行燈を持って伊勢神宮の御分霊を出迎えたことに由来し、およそ300年の歴史と伝統をもった春の祭りとなっています。 砺波市内(庄川地区含む)や小矢部市津沢の夜高祭りは、大正年代より豊年万作を祈る田祭り行事として毎年6月に行われます。 夜高行燈の作り方は同じですが、大きさやけんかの方法は、その町によってそれぞれ違っており、砺波地方の春の風物詩となっています。 戦中戦後の一時期は、資材や労力不足等のため中断したこともありますが、砺波市の出町子供歌舞伎とともに市民に親しまれています。
商工農林部 商工観光課 [2019年5月16日 (木曜日) 16時52分更新]

【ニュース】「となみ元気道場」チューリップフェアで写真を題材にした企画を実施しました!

【ニュース】「となみ元気道場」チューリップフェアで写真を題材にした企画を実施しました!【となみチューリップフェアでの企画のお知らせ】
チューリップフェア・砺波の良さを発信する写真を撮影させてもらいました!
教育委員会 生涯学習・スポーツ課 [2019年5月14日 (火曜日) 16時58分更新]

《催し》「となみ元気道場」チューリップフェアで写真を題材にした企画を実施します!

《催し》「となみ元気道場」チューリップフェアで写真を題材にした企画を実施します!【となみチューリップフェアでの企画のお知らせ】
チューリップフェア・砺波の良さを発信する写真を撮ってみませんか?
教育委員会 生涯学習・スポーツ課 [2019年4月24日 (水曜日) 17時0分更新]

《催し》水土里探訪ウォークinとなみ野

となみ平野の文化・歴史・産業と、それを守る洪水調整施設を巡りながら、楽しく歩きましょう。
商工農林部 農地林務課 [2019年4月5日 (金曜日) 8時25分更新]

【ニュース】となみ元気道場「活動報告会」を実施しました!

【ニュース】となみ元気道場「活動報告会」を実施しました!3月4日(月)に活動報告会を実施しました。地域の方々など、多くの方にご参加いただきました。大変ありがとうございました。
教育委員会 生涯学習・スポーツ課 [2019年3月15日 (金曜日) 14時31分更新]

《催し》出町子供歌舞伎曳山祭

《催し》出町子供歌舞伎曳山祭 砺波市の前身「出町」の曳山は、西町・中町・東の三基があり、4月29日、30日の両日、出町神明宮の春の祭礼に曳き出されます。 出町神明宮は、慶安3年(1650年)に杉木新町の総氏神として勧請されました。
商工農林部 商工観光課 [2019年3月15日 (金曜日) 12時45分更新]

《催し》「となみ元気道場」活動報告会を開催します!

《催し》「となみ元気道場」活動報告会を開催します!砺波市の若者グループ「となみ元気道場」の活動報告会を開催します。
今年の活動内容の報告と来年の活動予定を発表します。
ぜひお越しください!
教育委員会 生涯学習・スポーツ課 [2019年3月8日 (金曜日) 10時5分更新]

砺波民具展示室 季節の展示 「春を待つ民具展」のお知らせ

砺波民具展示室 季節の展示 「春を待つ民具展」のお知らせ 砺波民具展示室では、季節の展示として「春を待つ民具展」を開催します。

 砺波民具展示室では重要文化財「砺波の生活・生産用具」6900点をはじめ、多くの民具を収蔵しています。これらの民具の中から、早春の民具たちにスポットを当てて紹介します。

 また展示に合わせ、スキに関する研究をまとめた「田んぼを耕すスキの話」の講演会も開催しますので、ぜひお越し下さい。

              記

   期 日:平成31年3月2日(土)~3月27日(水)
        ・9時~17時まで開館(入館は16時30分まで)
        ・毎週月曜日、第3日曜、祝日は休館です。

   会 場:砺波民具展示室(砺波市頼成566 庄東小学校3階)

   講演会:平成31年3月2日(土)13時30分~14時30分
         「田んぼを耕す スキの話」
           砺波郷土資料館前主任学芸員 安ヵ川恵子
         ・犂の歴史、砺波地方の犂の特色、民具展示室の犂を用いた解説など

   その他:入場は無料です。
        お問い合わせは、砺波郷土資料館まで。℡0763-32-2339 
文化芸術施設 砺波民具展示室 [2019年2月28日 (木曜日) 9時31分更新]

《催し》厄払い鯉の放流

《催し》厄払い鯉の放流 この奇祭は、1816年(文化13年)3月26日に行われました金屋神明宮の遷宮祭に、昔から「神の化身、庄川の主」とされていた鯉を神饌として供えた際、長時間の神事が終了してもまだ鯉が生きていたことから、この鯉の生命力にあやかるとともに身の厄を託し、御神酒を飲ませて庄川に放流したのが起源とされています。 明治の初めごろより神事を1月7日に変更しましたが、今日にいたるまで、厄年にあたる老若男女(男性は、数え年7、13、25、42、61歳、女性は、数え年7、13、19、33、61歳)が「長寿」「学業成就」などを願い、御神酒を与えられた鯉に一人ひとりが手を触れ、庄川へ放流いたしております。
商工農林部 商工観光課 [2019年1月8日 (火曜日) 13時34分更新]

【ニュース】土器片型クッキー作り体験を開催しました(1月5日)

【ニュース】土器片型クッキー作り体験を開催しました(1月5日)1月5日(土)砺波市埋蔵文化財センターで、土器片型クッキー作り体験を開催しました。
文化芸術施設 砺波市埋蔵文化財センター [2019年1月7日 (月曜日) 13時0分更新]


砺波市役所
砺波市役所 法人番号:7000020162086
所在地:〒939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話番号:0763-33-1111
ファックス番号:0763-33-5325
Eメール:info@city.tonami.lg.jp
開庁時間:平日午前8時30分~午後5時15分
(12月29日から1月3日は閉庁)
砺波市 地図
Copyright (C) 2019 Tonami City All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る