砺波に広がる美しい文化 散居村

いままで、そしてこれから

散居村の成立

時代年表
1
 砺波平野で人々が稲作を始めたのは、今から1500年以上前のことです。庄川扇状地扇端部の湧水の湧き出る福岡や戸出などの湿地や、平野周辺の山麓部に水田跡の遺構が発見されています。
2
 奈良時代になると東大寺の荘園(しょうえん)が砺波郡の4箇所に作られ、砺波の米が遠く奈良の都まで運ばれました。
3
 散居村がいつごろから成立したかは定かではありませんが、その起源については、今まで学会でさまざまな議論がなされてきました。古代の条里制に起源を持つという説や加賀藩の農業政策によるという説、扇状地の自然と開拓事情、稲作慣行によって散居村が成立、持続したとする説などがあります。しかし、一般的には中世末ごろから散居村が形成されたと考えられています。
 砺波平野の開拓は、洪水被害の少ない平野の周辺部から始まり、次第に中央部へと進みました。散居村はその過程で平野全体に広がっていったとみられます。
4
 江戸時代になって砺波郡を領有した加賀藩は、本来は散居村に不適な田地割(でんちわり)制度を行いましたが、屋敷林の木陰部分の年貢を軽減する「陰引き」や、田地割後、自分の屋敷の周辺に耕地を集めるための交換を認めていました。このことは、各農家が屋敷の周りの田を耕作することが米づくりにとって有利であることを藩が認めていたということです。加賀藩は、江戸時代を通して「加賀百万石」といわれた全国一の石高を持つ大藩でしたが、砺波郡はその4分の1にあたる25万石を生産していました。まさに豊かな穀倉地帯でした。

これからの散居村


 昭和40年代に始まった圃場整備(ほじょうせいび)で散居村の姿は大きく変わりました。小さかった水田は大型化され、曲がりくねっていた道路や水路は直線状になり、農業基盤の整備が一挙にすすみました。それに伴い農作業の仕方も大きく変わりました。大型のトラクター・田植機・自脱型コンバインなどが導入され、現在ではそのような大型機械を装備した認定農業者や集落営農組織に米作りそのものを委託して、農業を行わない農家も増えつつある状況となっています。
 また、美しい散居村を形成する屋敷林も年々減少しつつあります。電気やガスの普及で、落ち葉を燃料として利用することもなくなり、安い輸入材や合成材の導入により、建材としてのスギやケヤキが利用されることも少なくなりました。落ち葉の掃除や手入れが大変だとしてつぎつぎと伐採されるのです。
 現代の快適な暮らし方を取り入れながら、どのようにして散居村の持つ自然との接点を生かし、優れた原風景を守っていけばよいのでしょうか。散居村には、日々の暮らしに潤いと安らぎを与えてくれる癒しの効果があります。また農村の原風景ともいえる景色は、文化的景観としての価値もあります。
 砺波平野の散居村がもつ特性を、未来に投影させて、今後、より具体的に、より創造的に、どう生かしていくかが問われています。