砺波市
最終更新日:2018年1月23日 (火曜日) 15時3分 コンテンツID:1516687607

[お知らせ]雪の日に注意するべきこと!



 雪により、積雪や路面が凍結するおそれがありますので、通勤通学など十分に注意してください。
 建物の所有者は、大雪警報等で相当規模の降雪が予想される場合や、大雪により積雪荷重が超過することが想定される場合には、適切な管理に努めるとともに必要な措置をお願いいたします。
 また、カーポートなどの簡易な建物や老朽化している建物などは倒壊のおそれがあるため、近寄らないように注意してください。
 除雪の作業については、一人では行わず、落雪や転倒に注意して行うようにしましょう。

大雪に対する準備・対策について

食料・水・灯油の確保

 大雪で交通機関にも影響がでます。物流がストップする可能性もあります。

 その場合、スーパーやコンビニに食べ物が供給されず、食料等が不足します。事前に家庭において必要な分の食料等を確保しておきましょう。

 積雪による停電も考えられ、停電してしまうとエアコン・こたつ・ホットカーペット等が使えなくなります。ストーブ等を準備し、灯油も補給しておきましょう。また、カイロ・毛布・ダウン等の防寒グッズや停電に備え、懐中電灯やラジオも準備しましょう。

スリップや転倒に注意

 積雪や凍結によって、路面は滑りやすい状態になります。転倒すると場合によっては、骨折することもあります。普段履いているスニーカーやビジネス靴では非常に危険です。滑りにくいものを選びましょう。

 また、雪がやんでもなかなか雪解けが進まず、しばらくの間は、雪が残り滑りやすい状態が続くので、注意しましょう。

 帽子・手袋は防寒の他、転んだ時のクッションの役割にもなるので厚めのものをつけましょう。

 走ったり、ポケットに手を入れて歩いたりするのは危険なのでやめましょう。

車の運転には注意。不要な外出は控えましょう。

 冬タイヤ等を装着していてもスリップによる事故や立ち往生が多発する恐れがあります。また、慎重に走行していても、周りの車がスリップして巻き込まれてしまうことなども想定されますので、不要な外出は控えましょう。

除雪、屋根の雪おろし作業は必ず2名以上で!

 毎年、屋根の雪おろしや家屋周り等の除雪作業中の事故が多発しています。
 除雪作業中の事故は「自分は大丈夫」と油断している時に起きていますので、作業は2名以上で、油断することなく、また、怪我をしないよう注意して除雪作業を行ってください

 

 

 




カテゴリー

ライフライン

情報発信元

総務課 (本庁2階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-5325