砺波市

文字の大きさ

配色変更

Translation

みんなで、散居のまち砺波で、三世代同居を!

三世代同居推進事業シンボルマーク
各世代のメリット


砺波市では“地域性”を生かしながら、豊かな持続力ある社会づくりや次世代への文化等の継承、人口減少への対策を図るため、家庭内での子育てや高齢者介護など、世代間で支え合う機能が期待される「三世代同居の推進」に積極的に取り組んでいます。(下記の①②⑤⑥の事業については、平成29年度から居住要件を拡大し、三世代同居に加えて三世代近居も支援します。)



【この事業の「三世代同居」とは…】(下記事業①~⑥が対象)
◆居住敷地要件

三世代以上が同一敷地内または隣接する敷地に居住している状態

ただし、下記事業のうち①、②、⑤、⑥は、近居【三世代以上が同一の自治振興会の区域内(庄東小学校及び庄川小学校の通学区域にあっては、それぞれの通学区域内)または市内で直線距離500メートルの範囲内に居住している状態】を含むものとしています。

下記事業のうち⑦、⑧については、居住要件はありません。


◆世帯の構成要件
 三世代以上の親族が居住(住民票と居住実態の両方を備えていること)していることを前提としています。また、以下の場合においても対象となります。
○各世代が1人の場合
○4世代の間の1世代がいない場合【例:祖父母世代、子世代、孫世代で構成される世帯(親世代がいない)】
○傍系親族と同居の場合(おじ、おば、甥、姪などと同居している世帯)

※事業ごとの要件もあります。詳細については下記の事業一覧を確認ください(事業名をクリックすると事業詳細ページに移動します)。

①となみっ子にっこり子育てプロジェクト(三世代子育て応援給付金給付事業)
三世代同居の孫世代の子どもを0歳から2歳まで自宅で育児された場合、給付金10万円(三世代家庭で2回目以降の給付は5万円)を贈呈します。


②となみっ子 子宝券
平成27年4月1日以降に生まれたお子さまを持つ三世代同居をしている家庭に、市内での絵本の購入や予防接種などに利用できるクーポン券を配付します。
(第1・2子/1万円分 第3子以降/3万円分)


③高齢者ちょっとねぎらい事業
三世代家庭の75歳以上の高齢者が年齢の節目(5歳毎)を迎えた場合、市内の宿泊施設等で利用できる利用証を進呈(上限1万円/1人)

④介護者もちょっと一息事業
三世代家庭の65歳以上の要介護者(4または5)がショートステイを利用した場合、利用料の一部(対象となる自己負担相当額)を助成します。

⑤三世代同居住宅支援事業
三世代同居住宅の新築、増改築に対して、対象となる工事費用の1/10を助成(上限20万円)
近居の場合は、対象となる工事費用の1/20を助成(上限10万円)

⑥定住促進空き家利活用補助金
「砺波市空き家情報バンク」に登録されている空き家を購入し改修するする場合、または空き家を賃借する場合、費用の一部を助成します。
●空き家を購入する場合改修等経費の1/2(上限50万円)※三世代同居するために改修する場合は、改修等経費の3/4(上限100万円)
●空き家を賃借する場合家賃月額の1/2(上限1万円、2年間)

 

⑦孫とお出かけ支援事業
同居の有無にかかわらず、砺波市、富山市、高岡市、小矢部市、南砺市又は射水市に居住する祖父母(年齢を問わない)と、孫(ひ孫)が一緒に施設を観覧するときに入館料等が無料となります。

⑧三世代交流ふれあい事業
昔ながらの遊び体験や郷土料理の伝承、スポーツ、レクリエーションなど三世代が交流する事業に対して助成(上限2万円)します。




関連リンク


関連ファイル


カテゴリー

ライフステージ


情報発信元

企画調整課 (本庁2階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-5325

アンケート みなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります

Q このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

ご協力いただきありがとうございます

役に立った
1 件
役に立たなかった
0 件
どちらともいえない
0 件

砺波市役所
砺波市役所 法人番号:7000020162086
所在地:〒939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話番号:0763-33-1111
ファックス番号:0763-33-5325
Eメール:info@city.tonami.lg.jp
開庁時間:午前8時30分 ~ 午後5時15分まで
(12月29日から1月3日は閉庁)
砺波市 地図
Copyright (C) 2017 Tonami City All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る