砺波市

文字の大きさ

配色変更

Translation

砺波市消費生活相談窓口からのお知らせ

クーリング・オフ制度をご存知ですか

 「クーリング・オフ」とは、契約した後、頭を冷やして(Cooling Off)冷静に考え直す時間を消費者に与え一定期間であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のことをいいます。

 一度契約が成立するとその契約に拘束され、お互いに契約を守るのが契約の原則ですが、この原則に例外を設けたのが「クーリング・オフ」制度です。

 クーリング・オフは、消費者が訪問販売などの不意打ち的な取引で契約したり、マルチ商法などの複雑でリスクが高い取引で契約したりした場合に、一定期間であれば無条件で、一方的に契約を解除できる制度です。


 クーリング・オフができる主な取引と期間
●訪問販売(キャッチセールスやアポイントメントセールスを含む):8日間
●電話勧誘販売:8日間
●特定継続的役務提供(エステ、語学教室、学習塾、家庭教師、パソコン教室、結婚相手紹介サービス):8日間
●連鎖販売取引(いわゆるマルチ商法):20日間
●業務提供誘引販売取引(いわゆる内職商法):20日間
●訪問購入(業者が消費者の自宅を訪ねて、商品の買い取りを行うもの):8日間 ※法施行日(2013年2月21日)以降の契約が対象となります。

通信販売には、クーリング・オフ制度はありません。

クーリング・オフ期間は、申込書面または契約書面のいずれか早いほうを受け取った日を含めて数えます。
クーリング・オフは発信主義です。送付時点で解約の成立となります。期間内に送付すれば、到着するのが期間後でもクーリング・オフは成立しています。(事業者が「クーリング・オフ通知書を受け取っていない」と言っても、送付した時点でクーリング・オフの効果が発生しているので、心配する必要はありません。)

・クーリング・オフは必ず書面で行いましょう。はがきに書くのが簡単です。
・証拠として、はがきの両面をコピーしましょう。
・クーリング・オフができる期間内に通知します。
・クレジット契約をしている場合は、販売会社と信販会社に同時に通知します。
・「特定記録郵便」または「簡易書留」などの記録が残る方法で代表者あてに送付し、コピーや送付の記録は一緒に保管しておきましょう。(関係書類は5年間保管してください。)

書面の記載内容に不備があるときは、所定の期間を過ぎていてもクーリング・オフできる場合があります。

お困りの場合はすぐに、消費生活相談窓口にご相談ください。


 消費者行政に係る意志表明

 これからも、消費者行政につきましては、市民の皆様が安全に安心して暮らせる地域社会づくりを目指し、地域や関係者の皆様と連携を深めながら、自立した賢い消費者の育成に消費者行政の分野からも力強く取り組んでまいりたいと考えています。

砺波市長 夏野 修  .




お問い合わせ

名前 生活環境課
電話 0763-33-1111
ファックス 0763-33-6818

カテゴリー

生活環境


情報発信元

生活環境課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-6818

アンケート みなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります

Q このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

ご協力いただきありがとうございます

役に立った
0 件
役に立たなかった
0 件
どちらともいえない
0 件

砺波市役所
砺波市役所 法人番号:7000020162086
所在地:〒939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話番号:0763-33-1111
ファックス番号:0763-33-5325
Eメール:info@city.tonami.lg.jp
開庁時間:午前8時30分 ~ 午後5時15分まで
(12月29日から1月3日は閉庁)
砺波市 地図
Copyright (C) 2017 Tonami City All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る