砺波市

文字の大きさ

配色変更

Translation

かぐや姫ももたろう事業 不妊治療費助成制度について



 体外受精・顕微授精の特定不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成します。
※平成29年度から制度を一部変更します。
<変更点>
 ①対象となる方の要件に「市税等の滞納がない」を追加(平成29年4月1日~)
 ②対象となる方の要件「市内に1年以上居住していること」に「1年以上居住見込みであること」を追加(平成29年10月1日~)

<対象となる方>
次の要件を全て満たす方
・県の指定医療機関において体外受精または顕微授精の治療を受けたご夫婦
・市内に住所があり、1年以上居住している又は1年以上居住見込みのご夫婦
・県の不妊治療費助成の決定を受けたご夫婦
・妻の年齢が43歳未満
(ただし、妻の年齢が40歳~42歳で以前不妊治療助成を受けたことがあるご夫婦については、対象とならない場合があります。*詳しくは関連ファイルをご覧ください)

<助成する金額>
 助成金額は、1回の治療費から県助成額を差し引いた金額のうち15万円を上限とする金額です。助成回数は妻の年齢により決まります。
  
<申請に必要なもの>
1 砺波市不妊治療費助成金交付申請書(申請時、窓口でご記入いただけます)
2 富山県不妊治療費助成決定通知書
3 富山県不妊治療費助成事業受診証明書の写し
4 指定医療機関発行の領収書
5 認印
6 助成金の振込先口座がわかるもの
7 市税等納付(納入)状況確認承諾書

【通算7回目を申請する年度以降の対応について(妻の年齢:40歳未満の方)】
 市では、1回15万円を上限に年4回まで助成します。
 4回目の助成の際も、富山県不妊治療費助成事業受診証明書に医療機関で記入を受ける必要があります。また、申請時には年度内に受けた富山県不妊治療費助成決定通知書3回分を持参ください。

 

【男性不妊治療費助成について】
 特定不妊治療の一環として精巣又は精巣上体から採取するための手術を行った場合、特定不妊治療費助成金のほか、1回につき15万円を上限に助成します。
※特定不妊治療同様、県の助成決定を受けた場合に助成します。

<申請に必要なもの>
1 砺波市不妊治療費助成金交付申請書(特定不妊治療にかねて申請することができます)
2 富山県特定不妊治療費助成決定通知書
3 富山県男性不妊治療費助成事業受診証明書の写し
4 指定医療機関発行の領収書
5 認印
6 助成金の振込先口座がわかるもの
7 市税等納付(納入)状況確認承諾書

 

<申請及び支給>
 治療が終了し、県の不妊治療費助成決定通知書が交付されたら、市の不妊治療費助成金交付申請書に必要事項を記入し、必要書類を添えて砺波市健康センターへ提出してください。
 なお、助成は年度単位で行ないますので、治療が終了した日の属する年度内に申請してください。
 また、不妊治療費助成金は医療費控除の際に差し引かれるため、確定申告前に申請をお願いします。
 申請後は、書類審査の上、決定通知をお送りします。
※年度とは、毎年4月1日~3月31日の期間をいいます。

<指定医療機関>
 富山県の指定医療機関に準じます。




お問い合わせ

名前 砺波市健康センター(市立砺波総合病院北棟2階)
電話 0763-32-7062
ファックス 0763-32-7059

関連リンク


関連ファイル


カテゴリー

ライフステージ
健康・福祉

関連情報


情報発信元

健康センター
所在地:939-1395 砺波市新富町1番61号
電話:0763-32-7062 ファックス:0763-32-7059

アンケート みなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります

Q このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

ご協力いただきありがとうございます

役に立った
0 件
役に立たなかった
0 件
どちらともいえない
0 件

砺波市役所
砺波市役所 法人番号:7000020162086
所在地:〒939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話番号:0763-33-1111
ファックス番号:0763-33-5325
Eメール:info@city.tonami.lg.jp
開庁時間:午前8時30分 ~ 午後5時15分まで
(12月29日から1月3日は閉庁)
砺波市 地図
Copyright (C) 2017 Tonami City All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る