砺波市
最終更新日:2016年1月25日 (月曜日) 8時44分 コンテンツID:1453435556

風呂場、トイレ、洗面器等の水際がピンクになってしまうのは、どうしてでしょうか?

Q 質問事項:風呂場、トイレ、洗面器等の水際がピンクになってしまうのは、どうしてでしょうか?

A 空気中に存在する雑菌(細菌やカビ)が付着し繁殖したためです。


 これは空気中に存在する雑菌(細菌やカビ)が付着し繁殖したためです。水道水中には殺菌のために残留塩素が0.1mg/l 以上入っていますので、細菌やカビ等は生息出来ません。しかし風呂場、トイレ等の水まわりは、適度な湿度があるため、空気中に存在する細菌やカビ等が繁殖することがあります。特に霊菌、酵母類、メチロバクテリウムなどは色素を作る作用をもっているためこれが繁殖すると、ピンク色等に着色します。対策としては、こまめにブラシ等で良く洗い、乾燥させることです。水で洗って落ちないときは、熱湯や市販の洗剤等を使用して下さい。


カテゴリー

ライフライン

情報発信元

上下水道課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-4037