砺波市
最終更新日:2011年3月24日 (木曜日) 8時57分 コンテンツID:1300860619

なかなか、かたづけをしないのですが

Q 質問事項:なかなか、かたづけをしないのですが

A 遊びのイメージのままいっしょに楽しくかたづける


遊びに夢中になるあまり、たくさんのおもちゃを出しっ放しにしてしまう時期もありますが、三歳を過ぎるとちょっとしたお手伝いを喜んでしたり、認められたいという気持ちも芽生えてきますので「かたづけなさい」と一方的に言うよりも、「いっしょに手伝ってね」と誘ったり、「お家に返してあげましょう」「車庫に入れましょう」など遊びのイメージのままいっしょに楽しくかたづけるのもひとつの方法です。

■質問詳細
四歳になりますが、次々おもちゃを出してかたづけようとしません。習慣となるよいコツは、ありませんか。

■解答詳細
また、お子さんのペースに合わせて待ってあげることなく、大人の方で遊ぶ後からかたづけてしまうということはありませんか。引き出しに大好きなキャラクターの絵が貼ってあったり、また中味の見えるケースや子どもの入れやすい棚など工夫をすることで、お子さん自身が日々の繰り返しの中で、かたづけを学んで行く機会を作ってあげましょう。


カテゴリー

ライフステージ
健康・福祉

情報発信元

こども課 (本庁1階)
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7-3
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-6828