Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

1

2018年01月31日 17:02

こんにちは!




今日はお昼休みに南部小学校へ出前図書館「パレット」で行ってきました。
楽しみにしていた子どもたちがうれしそうに借りていってくれましたよ♪

「こんな本が読みたい」リクエストがあれば、
学校司書の先生に伝えてくださいね〜(^^)





また、午後からは出町小学校の「たんけんクラブ」のみなさんが、
図書館の探検にきてくれました。

普通は見られない書庫の中や、
砺波市や富山県の郷土資料の保管などなど…
この機会に知ってもらえたかな(^^)





  • 出来事

2018年01月31日 11:41

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「雪となかよし」をテーマに絵本を紹介しました。

今年は雪が多くて、大人はあまり嬉しくありませんが、
子どもたちは雪が降ると大喜びですよね(^^)


「こねこちゃんこねこちゃん」
(長野ヒデ子‖作・絵)


12ひきのいたずらこねこちゃんが、雪合戦をしたり雪だるまを作ったり、
元気に遊びまわっています。表情やしぐさがとってもかわいいですよ。
そして夜になって「ねんね」の時間。
「ねんねんねこねこ〜♪」を「いとまきまき〜♪」のメロディで、
リズミカルに読むと、とても盛り上がる絵本です。


「ゆきだるまうさぎ」
(田中てるみ‖文 えがしらみちこ‖絵)


風邪をひいて高熱を出してしまったあっちゃん。氷を食べようと冷凍庫を開けると、
いつかの雪の日に作ったうさぎの雪だるまがあらわれて…。
うさぎに誘われて冷凍庫の中に入ると、そこは一面の雪景色!
ファンタジックなお話で、あっちゃんと雪だるまうさぎのやりとりが微笑ましく、
えがしらさんの水彩画の雪の世界もやさしく穏やかで、魅力的な一冊です。


「おばけのゆきだるま」
(ジャック・デュケノワ‖さく)


作者はフランスの絵本画家で、「おばけ」の絵本シリーズは子どもたちに大人気です。
今回はおばけたちがスキーをしたり、雪だるまをつくったり。
雪だるまに目と口をつけると、あららら雪だるまが動き出して…。
「おばけ」は夏のイメージですが、この絵本なら冬の季節にもおすすめです。


「えりまきの花」
(中島和子‖作 いもとようこ‖絵)


広場で雪合戦をしていたたっちゃん。暑くなって木にえりまきをかけましたが、
いつのまにかなくなって…?雪の上の足跡をたどると、そこは森のほらあな。
子ぎつねがお母さんのためにと、暖かそうなえりまきを持ち帰ったのでした。
たっちゃんと友達たちから子ぎつねに、子ぎつねから母ぎつねに、
優しさがギュッとつまった、心温まるお話です。


雪や冬の絵本は、ほっこりするものが多いので、
大人も子どもも、心はぽかぽかあったかくなってくださいね♪

さて来月の「そらいろのたね」はお休みです。
次回は3/28(水)10時〜、

お気軽にご参加をお待ちしています♪


  • おすすめ図書

2018年01月30日 11:13

こんにちは!




今年の冬は久しぶりの大雪ですね。
通勤通学や雪かきなど、お気を付けくださいね!
砺波・庄川図書館では2/26(月)〜3/8(木)まで、
図書館システム更新のため休館
いたします。
その間、インターネットの蔵書検索も使えなくなります。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


さて、砺波図書館の2月のイベント予定などお知らせします。


★2/25まで特別企画展示中
「科学道100冊ジュニア」⇒詳しくはコチラ



★2/3(土)図書館サポーター講座
「親子で楽しむわらべうた講座」⇒詳しくはコチラ



0〜2才くらいのお子様を対象にした読み聞かせ
★えほんのじかん★

2/6 (火) 10時〜
2/20 (火) 10時〜 ※おじいさんとパパの読み聞かせスペシャル!




幼児を対象にした読み聞かせ
★おはなしのじかん★

2/3 (土) 14時〜
2/10 (土) 14時〜
2/14 (水) 16時〜
2/17 (土) 14時〜





★親子映画会★

2/17(土) 10時30分〜/15時〜
「アリババと40人のとうぞく」「おおかみと7ひきのこやぎ」(30分)





★読んで語る会★

2/10(土) 13時30分〜
「Mr.トルネード 藤田哲也世界の空を救った男」(佐々木健一 // 著)

テキストは図書館で用意しています。
はじめての方も歓迎ですよ♪




おすすめの絵本を紹介する
★そらいろのたね★

2月はお休みです。次回は3月です。




ツイッターでもイベント予定や新着案内、オススメ本など発信していますので、
こちらもチェックしてみてください(^^)

砺波市立図書館Twitter(@tonami_citylib)



  • イベント案内

2018年01月25日 16:08

こんにちは!




今日の出前図書館「パレット」は、
出町認定こども園に併設の出町子育て支援センターに行ってきました!

ここは市内に7ヵ所ある子育て支援センターの一つで、
未就園児の遊びの体験や子育て相談などをしています。
定期的に利用されている方も多く、
外はしんしん雪景色でもセンター内はにぎやか♪
こども園の2歳児さんも1クラス、一緒に参加してくれました(^^)





小さいお子さんたちもお母さんたちといっしょに盛り上がってくれましたよ♪


  • 出来事

2018年01月24日 11:26




毎月開催している「読んで語る会」
1月は 今村夏子・著「あひる」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。

その一部をご紹介すると…

「答えを出さない、続きがないところが、不安な気持ちにさせる。上手い小説なのがわかる」

「洗練された最低限の文章で、読者に解釈をゆだね、判断を任せているように感じた。短歌や俳句のよう」

「非現実的でありながら、現実的」

「アヒルや子どもを可愛がっていても、固有名にこだわりがない老いた両親が気味が悪かった」

「三つの話が収められた短編集だが、共通のエピソードがあり、つながりがあるように感じた」

「明確にはされていないものの、社会問題を扱っていて読み応えがあった」

・・・・・・・・・・・・・

本を読んでいて、誰かとこの感覚を語り合ってみたいな〜と思ったことはありませんか?
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね(^^)

次回は2/10(土)の開催です。
テキストは「Mr.トルネード 藤田哲也世界の空を救った男」(佐々木健一‖著)

図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。



  • 出来事

2018年01月23日 10:52


一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!



「富山の逆襲」という本が話題になるなど、
「TOYAMA」に注目が集まっています。
そこで、「BORN IN TOYAMA」と題し、
富山県出身の方や、富山発祥の企業などの本を集めてみました。


「たゆたえども沈まず」(原田マハ‖著)

「YKKの流儀 世界のトップランナーであり続けるために」(吉田忠裕‖著 出町譲‖取材・構成)

「九転十起 事業の鬼・浅野総一郎」(出町譲‖著)

「魯山人美食の名言」(山田和‖著)

「銅版画家南桂子 メルヘンの小さな王国へ」南桂子‖画)

「藤子・F・不二雄 「ドラえもん」はこうして生まれた」

「科学実業家 高峰譲吉博士物語」

「生涯最高の失敗」(田中耕一‖著)

「100年の木の下で」(杉本りえ‖著 佐竹 美保‖画)

「時局発言! 読書の現場から」(上野千鶴子‖著)

「大人の気づかい 仕事も人間関係もうまくいく」(坂東眞理子‖著)

「志の輔の背丈」(立川志の輔‖著)

「70からはやけっぱち」(野際陽子‖著)



などなど。
書く人、描かれる人、え、こんな人も富山なの?と、
魅力ある人々に出会えますよ!!



  • おすすめ図書

2018年01月20日 13:14



今年度2回目の図書館サポーター講座を開催します(^^)

「わらべうたであそぼう
〜親子で楽しむわらべうた講座」


日時:2月3日(土) 13:30〜
場所:砺波図書館3F
講師:林あゆみさん(高岡おはなしの会)


子どもたちの成長を促し、次の世代に文化を伝承する、
そんな「わらべうた」の楽しみをもう一度思い出し、
遊び継いでいきましょう。

@13:30〜14:30「0〜2歳児向け」

A14:30〜15:30「3〜5歳児向け」

定員は各回 親子10組、大人20名程度です。
30分ほど親子でわらべうたの会を楽しんだあと、
大人向けの講座の時間があります。

一般の方どなたでも参加可能ですよ。
先着となりますので、お早めにお申し込みくださいね。
お申込み、お問合せは砺波図書館までお気軽にどうぞ!


  • イベント案内

2018年01月19日 10:20

こんにちは!
「図書館だより」1・2月号発行しました。
PDFでもご覧いただけます)




新年号ということで、
「砺波・庄川図書館職員に聞いた
2017年に読んでおもしろかった本は?」

という「チョイ押し!」企画1ページあります(^^)

また12月は「砺波市こども読書月間」で、
子どもたちのイチ押し!をPOPや写真でおすすめ
してもらっていました♪
毎年恒例のお楽しみBOOK PACKや、
学校司書さんが選んだ「うちどく」などなど、
そのレポートを掲載しています。

(イチ押しPOPは1月以降も館内で順次掲示、
またブクログで子どもたちのコメントを紹介しています)


その他、現在の企画展示テーマ、
予約の多かった本ランキングなどなど。
先日新しい直木賞、芥川賞も発表されましたね。
話題の本、チェックしてみてくださいね(^^)


また、図書館では皆さまの調べもののお手伝いをしています。
(「レファレンス」といいます)
今月は「古い本に付着した斑点状のシミの取り方はないか?」
というレファレンス事例をご紹介しています。


1・2月の企画やイベント予定も。

★「科学道100冊ジュニア」
2/25(日)まで【特別企画展示中】です!

詳しくはコチラ⇒


2/20(火)の「えほんのじかん」は、
★「おじいさんとパパの読み聞かせスペシャル」
毎回大人気ですよ(^^)


2/3(土)に「図書館サポーター講座」
★「わらべうたであそぼう〜親子で楽しむわらべうた講座」

講師は林あゆみさん。
@13:30〜14:30 0〜2歳児向け
A14:30〜15:30 3〜5歳児向け
各回定員、親子10組、大人20人程度
30分ほどの親子向け講座の後、大人向けの講座があります。
お問合せ、お申込みは砺波図書館までどうぞ!


  • 出来事

2018年01月18日 10:15




1/18付の富山新聞さんで、
砺波図書館に新しく設置した「がん情報」コーナーを紹介していただきました。

⇒富山新聞WEB版でも読めます

これは、国立がん研究センターが「信頼できるがん情報を」と作成されたもので、
1Fの病気の本のコーナーで、57種のがんについての冊子がすべて閲覧できる他、
玄関横のコーナーには配布用の冊子も置いています。

砺波総合病院にもがん相談支援センターがありますし、
国立がん情報センターでは「がん情報サービス」というウェブサイトを運営されています。
合わせてお役立てくださいね。





  • 出来事

2018年01月16日 14:00

こんにちは!




今日は出前図書館「パレット」で出町小学校へ。
インフルエンザが流行りはじめたようで、
参加できない学年やクラスもあったのですが、
1年生を中心に集まってくれました。

学校司書さんの「いぬの足」のおはなしは、
沖縄の民話だそう。
犬の鳴き声クイズも盛り上がりましたね♪




手洗いうがいで、風邪にまけるな〜〜o(^^)o


  • 出来事

2018年01月12日 16:30




1/5(金)〜2/25(日)までの【特別企画展示】!
「科学道100冊ジュニア」
の本が、
明日1/13(土)〜貸出できますよ(^^)

科学道100冊ジュニアとは…コチラ


「子どもたちが科学の世界を楽しく深く学べる100冊」というテーマで、
6つのステージに分けて本を紹介しているのですが、
大人でも読んでみたい!と思える本ばかりです!


★不思議がいっぱい★
考えること、想像することがもっと楽しくなる。
世界の入り口のための15冊。


★とことん集める★
好奇心は探究のエンジン。
「不思議」のその先を追いかけたくなる20冊。


★世界のヒミツ★
集めると見えてくる自然のルール。
世界のヒミツに出くわす15冊。


★ふみだせ冒険★
失敗をおそれず、いざ出発!
まだ見ぬ世界にふみだす、冒険の20冊。


★まほうの発明★
想像力が実を結ぶ。
科学のまほうと発明の驚きに出会う15冊。


★ひろがる未来★
科学の道はどこまでも。
果てしなく広がる未来に思いをはせる15冊。


砺波図書館では100冊すべて用意しました(^^)
どのステージからでも手に取ってみてください。
「なぜ?どうして?」からはじまる科学の世界をのぞいてみませんか♪



  • おすすめ図書

2018年01月06日 13:09






国立がん研究センターが行っている「がん情報ギフト」プロジェクトは、
・すべての人が必要なときに信頼できるがん情報を得られる社会
・がんになっても安心して生活できる社会
をめざし、全国の図書館や公民館に「がん情報」を届ける活動です。

今回、砺波図書館にも「がん情報」の冊子58冊等が届きましたので、
皆さまのお役に立てていただければと思います。
(県内では、黒部市立図書館、朝日町図書館 そして、砺波図書館に設置)

1階の病気に関する本のコーナーに閲覧用の冊子セットを設置しました。
また、図書館入口そばに、配布用の冊子もありますので、
必要な方はどうぞお持ち帰りください。







また、国立がん情報センターでは、
「がん情報サービス」というウェブサイトを運営されています。
冊子等をPDFでも公開されていますし、
最新の正しい情報をわかりやすく紹介していますので、
合わせてお役立てください。


  • 出来事

2018年01月05日 14:31

こんにちは!




夏休みに企画展示した「科学道100冊」
「科学者たちの見方・生き方・考え方を伝える100冊の本」というテーマで
市外からも見にこられたほど、好評なフェアでした。

この子ども向けのものがあればおもしろいなと思っていたところ、
「科学道100冊ジュニア」のラインナップが登場したので、
さっそく砺波図書館でも特別追加!企画展示をはじめます!
期間は1/5(金)〜2/25(日)までです。

科学道100冊ジュニアとは…コチラ


「子どもたちが科学の世界を楽しく深く学べる100冊」というテーマで、
6つのステージに分けて本を紹介しています。


★不思議がいっぱい★
「ホワット・イズ・ディス? むずかしいことをシンプルに言ってみた」
「つまんないつまんない」
など


★とことん集める★

「世界動物アトラス」
「イルミネイチャー 3色のマジックレンズで、180の動物をさがせ!」
など


★世界のヒミツ★
「アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵」
「せいめいのれきし」
など


★ふみだせ冒険★
「世界不思議地図」
「ボタニカム ようこそ、植物の博物館へ」
など


★まほうの発明★
「クロスセクション 輪切り図鑑」
「エジソンと発明」
など


★ひろがる未来★
「宇宙の地図」
「ロスト・シング」
など


「なぜ?どうして?」が科学のはじまり。
身近な体験の中にある科学にふれてみませんか?
思わず手にとりたくなるタイトルや装幀の本がたくさんありますよ!

※1/5〜12までは展示のみ、1/13(土)より貸出可能です。




  • おすすめ図書

2018年01月04日 15:00

〜〜新年明けましておめでとうございます〜〜



砺波図書館、庄川図書館の開館は明日1/5(金)からですが、
今日は閉館中に返却された本の整理や、
新しい企画展示の準備などしております(^^)

また、毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!
ということで、FMとなみさんで今月のイベント予定
オススメ本を紹介させていただきました(^^)





「南風(みなみ)吹く」
(森谷明子‖著/光文社)


お正月ということで、爽やかな小説を紹介します。
最近テレビ番組などでも「俳句」が人気ですね。
若い方でも興味あるという方も増えているのではないでしょうか。
この小説は高校生の「俳句甲子園」を取り上げたもので、
「春や春」に続くシリーズの2作目になります。

「俳句甲子園」は、正岡子規や高浜虚子など
著名な俳人の出身地である松山が発祥です。
舞台は瀬戸内海に浮かぶ五木島、
生徒数の減少で閉校が決まっている島の分校の高校生たちが、
「俳句甲子園」をめざしてメンバー探しに奔走します。

そこに彼らの進路問題、家族の事情などの物語がからみあい、
それぞれの思いを抱えているからこそ詠める俳句になっていきます。
お題に思いを重ね、部内で批評しあい、練り上げていく過程も読みごたえがあり、
たった17文字とは思えないほどの言葉と思いがこめられた句にひきこまれます。

小さな島が舞台だからか、大人と子供との距離が近く、
差し伸べられる手が優しく、温かく、
読後感がとても気持ちの良い小説でした。





「ちゃんと食べとる?」
(中本忠子、食べて語ろう会‖著/小鳥書房)


ラジオでは時間がなくて少ししか紹介できませんでしたが、
著者の中本忠子さんは、広島市で保護司をしておられた方で、
そんな中で出会った行き場のない子どもたちに、
ごはんをつくる活動を続けてこられ「ばっちゃん」と慕われています。

また、この活動がずっと続いていくようにと、
現在はNPO法人「食べて語ろう会」を立ち上げられました。

この本では、「ばっちゃんのごはん」やその活動も紹介していますが、
あいだあいだに「ばっちゃんからこどもたちへ」の言葉がはさまれています。

タイトルからしてそうですが、
みじかく、かんたんな言葉の中に思いがこめられています。

中本さんのことを書いた本は他に
「ばっちゃん 子どもたちの居場所。広島のマザー・テレサ」(伊集院要‖著/扶桑社)
も新着していますよ。


  • おすすめ図書