Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2019年05月16日 10:30

「図書館だより」5・6月号発行しました。
PDFでもご覧いただけます)




庄川図書館で長年読み聞かせの活動を行ってこられた、
「おはなしポケット」さんが文部科学大臣表彰を受けられたことや、
砺波ファーストブックの会さんのえほんのじかん春のスペシャル
こどもの読書週間のイベントとして、
「本でビンゴ!」のレポートなどを掲載しています。

また、昨年9月に亡くなられた岡部昇榮元砺波市長のご遺志を継がれ、
ご遺族様から砺波図書館へご寄附いただき、
多くの方に末永くご利用いただけるような書籍、大型絵本など約380冊を購入しました。
どうぞ、ご利用ください。


5月のイベント予定として、
利用者の方が主催する「第二回 砺波で読書会」が開催されます。
5/26(日) 14時〜15時半ごろ
各自お好きな本を持ち寄り、ゆる〜く語り合う会ですので、
ぜひお気軽に参加してみてくださいね♪

6月には砺波図書館の特別整理休館があります。
6/12(水)〜6/20(木)
期間中、砺波図書館は蔵書点検のため休館いたします。
庄川図書館は通常どおり開館しておりますのでご利用ください。



その他、次回の企画展示テーマ、
予約の多かった本ランキングなどなど。

また、図書館では皆さまの調べもののお手伝いをしています。
(「レファレンス」といいます)
今月は「書の題材として、蘇軾の漢詩の一部分の読み下しと意味を調べたい?」
というレファレンス事例をご紹介しています。


その他の行事予定や図書館の話題は、
Twitterブログで発信していますのでチェックしてくださいね♪


  • 出来事

2019年05月14日 10:25




本を読んで、語り合えば、世界が広がる!

同じ本を読んでも感想は人それぞれ。
思いもしなかった視点を知ると、自分の世界が広がるかも(^^)

5月の「読んで語る会」は、
平野啓一郎・著「マチネの終わりに」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。


その一部をご紹介すると…

「芥川賞作家だが、読みやすい文章だった」

「音楽の話や、イラクのような国際的な話もまじっていて、飽きずに読めた」

「ジャリーラや武知など、物語の間をつなぐ人物が絶妙」

「現実にありそうな、説得力のある物語だった」


などなど。

・・・・・・・・・・・・・


次回は6/8(土)の開催です。
テキストは「クライマーズ・ハイ」(横山秀夫‖著)
昭和60年、御巣鷹山で未曽有の航空機事故が発生。
地元新聞の全権デスクに指名された悠木は、
緊迫した状況で次々と判断を迫られる―
新聞社という組織で葛藤する人間たちの姿が描かれます。


テキストは図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね♪



  • 出来事

2019年05月11日 09:38






児童のミニ展示コーナーを入れ替えました!
テーマは「古典って楽しい♪」です。

新元号「令和」は万葉集の中の言葉です。
この機会に、古典にチャレンジしてみましょう♪


「本をもっと楽しむ本 読みたい本を見つける図鑑」(塩谷京子‖監修)
「日本の古典大事典」(加藤 康子‖監修)
「妖怪マンガで楽しい古典」(小松 和彦‖監修)
「絵物語古事記」(富安陽子‖文 山村浩二‖絵)
「ちはやと覚える百人一首」(あんの秀子‖著 末次由紀‖漫画)
「人物で探る!日本の古典文学」(国土社編集部‖編)
「ジュニアのための万葉集」(根本浩‖文)
「絵で見てわかるはじめての古典」(田中貴子‖監修)
「ピカピカ名文 こころをピカピカにする、親子で読みたい美しいことば」(斎藤孝‖著 大塚いちお‖絵)
「絵巻平家物語」(木下順二‖文 瀬川康男‖絵)
「橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻」(橋本治‖文 岡田嘉夫‖絵)


  • おすすめ図書

2019年05月10日 14:50






一般書のミニ企画コーナーのテーマが新しくなりました!
「土方歳三没後150年」です。

新選組の副長・土方歳三が函館で戦死してから今年で150年。
現在も多くの小説や映像作品で、
様々な人間模様や歴史が語られていますね。


「新選組颯爽録」(門井慶喜‖著)
「暗闇から 土方歳三異聞」(北原亜以子‖著)
「壬生義士伝」(浅田次郎‖著)
「新選組列伝」(早乙女貢‖著)
「土方歳三」(富樫倫太郎‖著)
「黒竜の柩」(北方謙三‖著)
「新選組隊士伝 蒼き群狼、その生と死の断章」(歴史群像シリーズ)
「新選組グラフィティ1834−1868 幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち」(堀口 茉純‖文・絵)
「俳遊の人・土方歳三 句と詩歌が語る新選組」(管宗次‖著)
「土方歳三 新選組を組織した男」(相川司‖著)
「新選組と会津藩 彼らは幕末・維新をどう戦い抜いたか」(星亮一‖著)


…などなど。
「新選組」の魅力に迫ってみませんか。


  • おすすめ図書

2019年05月02日 14:32



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。


5月のイベントとして、

★本でビンゴ★

期間:4/13(土)〜5/12(日)


4/23〜5/12の「こどもの読書週間」に合わせて、
子どもたちに本に親しんでもらうイベントを開催中です。
クイズや図書館行事に参加してビンゴを完成させてね♪
カードは5種類!
ビンゴになるとプレゼントがありますよ(^^)


さて今月紹介した本は、



「あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所絵本と詩の教室」
(寮美千子‖著)



昨年12月に出版された本ですが、少しずつ反響が広がっています。
作者は1986年に童話作家としてデビュー。
2004に泉鏡花文学賞を受賞されたのを機に、
デザイナーのご主人と、親類もいない奈良に引っ越されたのだそうです。

その時見学に訪れたのが、明治の素晴らしい煉瓦建築である「奈良少年刑務所」。
年に1度の一般公開日に驚かされたのが、建物の美しさとともに
展示されていた受刑者たちのあまりにも繊細で切ない絵や詩でした。

「振り返りまた振り返る遠花火」
「夏祭り胸の高まり懐かしむ」

刑務所の教官からも、
「ここにいるのは獰猛で手に負えない少年や、
何を考えているのかわからないモンスターなどではなく、
引っ込み思案でおとなしい子や、礼儀正しい子がほとんど」
という話を聞き、寮さんは作家として何か手伝いたいと申し出られ、
10か月後、刑務所での講師を頼まれることになりました。

犯罪を犯した加害者ではあるけれども、
それ以前に虐待や貧困で傷ついた被害者でもあり、
自分の苦しみ悲しみや、他人の気持ちを受け止める感情が育っていない少年たち。

寮さん夫婦が手探りではじめた朗読や詩のプログラムは、
彼らに人間らしい感情や情緒と言葉を芽吹かせました。
固く閉ざしていた心の扉を開くと、
あふれ出てくるのは例外なくやさしさだったと綴られています。

半年ごとに受講者は入れ替わり、足掛け10年続けられたプログラムで、
以前受刑者たちが綴った詩集も刊行されましたが、
この本では少年たちとの交流で寮さん自身の変化もわかり、
より心の交流が伝わってくるようでした。


  • おすすめ図書

2019年04月29日 09:59

庄川図書館5月のカレンダーです。
ご利用時の参考にしてください。




  • 今月の予定@庄川図書館

2019年04月29日 09:52


※ ゴールデンウィーク期間中は、開館しております。


砺波図書館の5月のイベント予定などお知らせします。

こどもの読書週間
★本でビンゴ★開催中


4/13(土)〜5/12(日)
4/23〜5/12の「こどもの読書週間」に合わせて、
子どもたちに本に親しんでもらうイベントを開催しています。
クイズや図書館行事に参加してビンゴを完成させてね♪
ビンゴになるとプレゼントがあるので、ぜひ挑戦してみてください(^^)



利用者の方が企画された読書会が、砺波図書館で開催されます。
★第二回 砺波で読書会★


日時:5月26日(日) 14:00〜15:30
場所:砺波図書館2F和室

参加者が好きな本を持ち寄って、ゆる〜く語り合う読書会だそうですよ♪
気軽に参加してみませんか(^^)
詳しくはコチラへどうぞ⇒





その他砺波図書館の毎月のイベントはこちら。

0〜2才くらいのお子様を対象にした読み聞かせ
★えほんのじかん★

5/14 (火) 10時30分〜
5/21 (火) 10時30分〜
5/28 (火) 10時30分〜

 



幼児を対象にした読み聞かせ
★おはなしのじかん★

5/4  (土) 14時〜
5/8  (水) 16時〜
5/11 (土) 14時〜
5/18 (土) 14時〜
5/22 (水) 16時〜





★親子映画会★

5/18(土) 10時30分〜/15時〜
「たまごにいちゃん」(26分)





★聞いて 話して 世界が広がる!!(読んで語る会)★

5/11(土) 13時30分〜
「マチネの終わりに」(平野啓一郎‖著)

テキストは図書館で用意しています。
はじめての方も歓迎ですよ♪




おすすめの絵本を紹介する
★そらいろのたね★


5/29(水) 10時〜
テーマは「トミー・ウンゲラーの絵本」です。




ツイッターでもイベント予定や新着案内、オススメ本など発信していますので、
こちらもチェックしてみてください(^^)

砺波市立図書館Twitter(@tonami_citylib)



  • 今月の予定@砺波図書館

2019年04月25日 10:49




今週末からGWがはじまりますね。
4/27(土)〜5/6(月)の10連休期間、
砺波図書館、庄川図書館は開館
しています。
開館時間は9:30〜17:00までとなります。

5/7(火)振替休館日
5/9(木)整理休館日


長いお休みにゆっくり読書はいかがですか?


  • エトセトラ

2019年04月24日 11:40

 平成15年から庄川地域の子供たちへの紙芝居や絵本の読み聞かせを通して読書活動の推進に努めたてこられた「おはなしポケット」さんが、昨日、「子どもの読書活動優秀実践団体」として文部科学大臣表彰を受彰されたことを受けて、砺波市教育長を表敬訪問されました。
 おめでとうございます。







・文部科学大臣表彰報告者 おはなしポケット 代表 島田陽子 さん

・「おはなしポケット」さんは、平成15年にグループを結成されてから今日に至るまで、庄川図書館の「おはなしのじかん」をはじめ、庄川地域の小学校、4保育所や子育て支援センター等に出向いて、子どもたちに郷土の紙芝居や絵本の読み聞かせを継続的に行っておられます。
・紙芝居や絵本の読み聞かせにより、子ども読書活動支援に貢献するとともに、庄川地域にまつわる民話を手作りした紙芝居を用いて、 子どもたちに民話を伝える活動を積極的に行っておられます。



笑顔とともに 親から子に伝える おはなし そして...  心








  • 出来事

2019年04月24日 11:31



こんにちは!




児童書の企画展示コーナーを入れ替えました! @砺波図書館
テーマは「かがくのとも50周年」です。

1969年の創刊以来、子どもたちの発見の喜びや驚きを応援してきた
月刊科学絵本の「かがくのとも」。
科学のおもしろさを伝えてくれる、素晴らしい絵本がたくさんありますよ!
ぜひ読んでみてください(^^)




  • おすすめ図書

2019年04月24日 11:00

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「”おいしいお弁当”の絵本」をテーマに絵本を紹介しました。

うららかな陽気の日には、お弁当を持って出かけたくなりますね!
絵本にはウインナーや卵焼きといった定番のおかずが入っています。
新しい時代になっても、お弁当は変わらぬ味が一番ですね(^^)


「ふたごのたこたこウィンナー」
(林木林‖作 西村敏雄‖絵)


ふたごの赤いたこさんウィンナーがお皿から逃げ出した!
トマトの中、チューリップ柄のハンカチ…
いろんなところに隠れているのが見つかるかな?
「とこたことこたこ かくれたよ〜」の繰り返しも楽しい、隠し絵絵本です。
子どもたちの喜ぶ声が聞こえそうですね。


「おべんとう」
(小西英子‖さく)


お弁当箱を用意して、さあ何から入れようか。
ほかほかごはん、あつあつミートボール、次はふんわり卵焼き!
色鮮やかなおかずに、思わず手を伸ばしたくなりますよ。
小西英子さんは他にも「カレーライス」「のりまき」など、
リアルで心躍る食べ物絵本がたくさんありますよ。


「おべんとう まえからもうしろからもよめるえほん」
(さとうめぐみ‖作・絵)


この絵本は、前から読むとお弁当を詰めていくお母さんの、
ひっくり返して後ろから読むと、お弁当を食べる子どもの気持ちで
読める絵本です。1冊で2度おいしい!
「MOE絵本屋さん大賞2016」の「パパママ賞」を受賞した、
発想力が光る1冊です。


「まんなかのはらのおべんとうや」
(やすいすえこ‖作 重森千佳‖絵)


お弁当屋の「あなパパさん」は、朝早くから大忙し。
今日は10個のお弁当を作って届けます。
それぞれの動物たちにピッタリの、愛情込めたお弁当が、
細かいところまで描かれていますよ。
おかずで「しりとり」を楽しむなど、何度も読み返してみたくなる絵本です。
シリーズもありますよ。


さて来月は5/29(水)10時〜、テーマは「トミー・ウンゲラーの絵本」です。
お気軽にご参加をお待ちしています♪


  • おすすめ図書

2019年04月23日 16:42


一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!
【旅のススメ】です。




SGW(スーパーGW)にこんな旅はいかが?
日帰り旅や列車旅、宿坊に泊まる旅やうつわ旅など!
ガイド本や旅にまつわるエッセイなど、旅の参考になる本を紹介します(^^)



「ニッポン47都道府県正直観光案内」(宮田珠己‖著)

「離島ひとり旅」(大畠順子‖著)

「高野山の宿坊公式ガイドBOOK 世界遺産の霊場」

「旅育BOOK 家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ」(村田和子‖著)

「遊廓に泊まる」(関根虎洸‖著)

「旅の食卓」(池内紀‖著)

「うつわを巡る旅 ほしいものはどこにある?」(赤木明登・赤木智子‖著)

「お母さん、旅はじめました」(後藤由紀子‖著)

「おやこデート こどもと楽しむおでかけガイド」(杉浦さやか‖著)

「バッグをザックに持ち替えて」(唯川恵‖著)

「ぐるぐる博物館」(三浦しをん‖著)

「爺は旅で若返る」(吉川潮・島敏光‖著)



…などなど。
新しい旅の楽しみを見つけてみませんか。




  • おすすめ図書

2019年04月23日 16:16


こんにちは!

毎週火曜日10時30分からは、砺波ファーストブックの会さんによる
0〜2歳児向けの読み聞かせ「えほんのじかん」
今日は2ヵ月に1度のスペシャル会、
「春スペシャル」でした!!






手ぶくろの人形や、
カラフルな花やちょうちょが動くパネルシアターで
いっしょに歌ったりして楽しみます♪
おかあさんにゆらゆらされて赤ちゃんも気持ちよさそうです(^^)






大型絵本の読み聞かせでは、
本といっしょに「ぴょ〜ん」をしたり、
親子でたっぷり触れ合って遊べる時間になりました(^^)



  • 出来事

2019年04月19日 19:21

 図書貸出しカウンターで本を貸出しする際、杖が床に倒れる音をよく耳にします。

 杖置き場を設置したいのですが、カウンター周りにはお子様も多く、
プラスチック製の物は危ないと思い、設置を躊躇していました。

 最近、杖が倒れる音がくなってきました。
 っ! クッションで自作してみよう。 (^^)/


 用意したのは、養生用のクッション材。ホームセンターで200円程度。


 これを、杖を支えれるくらいの2センチぐらいでカット。(^^)v


 土台の厚紙(L型のボード材)に穴をあけ、結束バンドで固定。


 カウンターに超強力両面テープで貼り付けました。

 

 図書館利用者さんにご意見をいただきながら、試行錯誤を重ねてみます。


  • エトセトラ

2019年04月16日 10:32




「砺波ファーストブックの会」さんの会報第14号が発行されました。
⇒PDFでもご覧いただけます

今年10周年を迎えた「砺波ファーストブックの会」さんは、
砺波市の乳幼児健診での絵本(ファーストブック)のプレゼントや、
砺波図書館でも毎週火曜日に、0〜2歳児向けの読み聞かせ
「えほんのじかん」などの活動を続けてこられました。





⇒4/13付北日本新聞でも記事が掲載されました(要会員登録)


今回の会報では、
設立10周年の記念式と総会の案内や、
10年間の歩み、研修会の報告などが掲載されています。

また、今年の乳幼児健診でプレゼントされる絵本や、
独自に作成された「おすすめ絵本リスト」の紹介も。

10周年おめでとうございます(^^)


  • エトセトラ