Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2019年07月25日 14:35



今年も開催!毎年大人気の「英語絵本の読み聞かせ」♪
赤ちゃんから大人まで、約30名が参加してくれました!
子どもたちは最前列でテンションUP♪



まずは先生たちの自己紹介。
出町中のルーシー先生、庄西中のアレクサンダー先生、
般若中のライアン先生、庄川中のライアン先生です。
タブレットで出身の国を地図で教えてくれました。









英語で読みながら、となりの先生もボディランゲージ!
子どもたちとコミュニケーションをとりながら読んでくださっています。





途中でSing & Danceのコーナーもあります♪♪
♪『Head,Shoulders,Knees and Toes』 (あたま、かた、ひざ、ぽん)
英語も動きもどんどん早くなるよ〜。
♪『Hokey Pokey』 (ホーキーポーキー)
みんなで輪になって楽しい!









最後は先生たちとハイタッチ!
今日もたくさんの英語の絵本を読んでくださった先生たち、
ありがとうございました!!




明日も砺波図書館で開催しま〜す。
今日とは違う絵本を読んでくださいますよ(^^)

庄川図書館では8/27(火)に開催します!
まだ体験したことのない方も、リピーターの方も、参加お待ちしています♪


  • 出来事

2019年07月24日 15:49




砺波市の中学校に勤務するALTの先生方による、
英語絵本の読み聞かせ
です。
複数会参加される親子も多い、毎年大人気のイベントですよ〜(^^)


「Storytelling in English〜英語絵本の読み聞かせ」
日時:7/25(木)・26(金)10:00〜11:00
場所:砺波図書館3F視聴覚室

日時:8/27(火)10:00〜11:00
場所:庄川図書館児童室


対象は幼児から中学生まで。大人の方も一緒に参加できますよ!
申込は不要(^^)
ご参加お待ちしています♪


☆☆昨年の様子です☆☆










  • イベント案内

2019年07月24日 15:39




砺波市立図書館のおすすめブックリスト「フルフル」No.9
発行しました!
今号は低・中学年向きに10冊を選んでみました(^^)

各学校に配布する他、
砺波・庄川図書館に置いてありますので、ぜひ手にとってみてくださいね。
PDF版でもご覧いただけます)

「ココロふるえる本との出会いで❤(ハート)フル充電!!」


  • ブックリスト【フルフル】

2019年07月23日 12:14


一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!
【美しい建築 歴史ある建物】です。




オリンピックを控え、新国立競技場は間もなく、11月頃完成予定だそうですね。
そこで今回は様々な建築物に関する書籍を紹介します。



「奇界遺産」(佐藤健寿‖編著)

「日本の建築遺産12選 語りなおし日本建築史」(磯崎新‖著)

「帝国ホテル建築物語」(植松三十里‖著)

「屋根をかける人」(門井慶喜‖著)

「東京會舘とわたし」(辻村深月‖著)

「このタワーがすごい! 東京スカイツリーから「太陽の塔」まで」(鈴木重美‖著)

「小さな建築」(隈研吾‖著)

「大仏はなぜこれほど巨大なのか 権力者たちの宗教建築」(武澤秀一‖著)

「日本の美術館ベスト100ガイド アートと建築を巡る旅へ!」

「日本の最も美しい図書館」(立野井一恵‖文)

「東寺の謎 巨大伽藍に秘められた空海の意図」(三浦 俊良‖著)

「丹下健三 戦後日本の構想者」(豊川斎赫‖著)

「辰野金吾 美術は建築に応用されざるべからず」(河上眞理・清水重敦‖著)



…などなど。
趣ある美しい建物を、この夏訪ねてみるのはいかがでしょうか(^^)




  • おすすめ図書

2019年07月21日 11:03







一般書のミニ企画コーナーの展示が新しくなりました!
「平成生まれ大集合」です。

平成に生まれた作家の作品を紹介しています。


「スペードの3」(朝井 リョウ)
「パドルの子」(虻川 枕)
「烏に単は似合わない」(阿部 智里)
「樹液少女」(彩藤 アザミ)
「きみょうなこうしん」(長田 真作)
「アルタッドに捧ぐ」(金子 薫)
「洗礼ダイアリー」(文月 悠光)
「ぼくのとなりにきみ」(小嶋 陽太郎)
「ひよっこ家族の朝ごはん お父さんとアサリのうどん」(汐見 舜一)
「オーパーツ死を招く至宝」(蒼井 碧)
「僕と彼女の左手」(辻堂 ゆめ)
「さよなら、田中さん」(鈴木 るりか)
「星に願いを、そして手を。」(青羽 悠)


…などなど。
令和最初の夏にぜひ読んでみてください(^^)


  • おすすめ図書

2019年07月19日 17:01

「地域文庫」ってご存知ですか?
砺波図書館では、図書館まで距離のある地域の皆様にも読書を楽しんでいただくために、地域文庫という取り組みを行っています。
詳しくは こちら ≪「地域文庫」があるのを知っていますか?≫


本日、新明文庫(聞願寺)、久泉文庫(光圓寺)の本を交換しました♪
文庫には、子ども向けの絵本や紙芝居から、大人向けの小説や実用書など約140冊(久泉文庫は70冊)用意してあります。
2か月に1回交換しています。
今回入れ替えする本は、9月10日までの貸し出しです(^^♪

楽しい本、シリアスな本、勉強になる本など、様々な種類の本があります♪♪

地域にお住まいの方ならどなたでも借りられますので、
ぜひご利用ください。





◇◆◇◇ 回 覧 板 ◇◇◆◇


地域の方々には回覧板に 「文庫からのお知らせ」 を入れています。
そちらにお住まいの方は、見てみてくださいね♪






共通の裏面↓


  • 地域文庫

2019年07月19日 16:11

こんにちは!






今日の出前図書館「パレット」は鷹栖保育所へ。
年中さんも年長さんも元気いっぱい!
どちらも「おばけ」の手遊びやおはなしは大人気でした♪








年中さんは当てもの絵本、年長さんは早口ことばにも挑戦!
盛り上がったあとは、しずかにおはなしも聞いてくれたのしい会になりました(^^)

8月の鷹栖保育所のパレットは、
お迎えのお家の方も一緒に楽しんでいただけますよ〜。


  • 出来事

2019年07月15日 10:39




本を読んで、語り合えば、世界が広がる!

同じ本を読んでも感想は人それぞれ。
思いもしなかった視点を知ると、自分の世界が広がるかも(^^)

7月の「読んで語る会」は、
崔実・著「ジニのパズル」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。


その一部をご紹介すると…

「朝鮮学校の内情など、著者の経験もあり面白く読め、勉強になった」

「在日韓国人の難しいテーマを扱っているが、重くなりすぎていないので読みやすい」

「解決しないテーマで、ジニは悩み苦しみ続けるが、考えさせられるよい終わり方だった」

「ジニに感情移入して、読んでいて辛くなった」


などなど。

・・・・・・・・・・・・・


次回は8/10(土)の開催です。
テキストは「僕が殺した人と僕を殺した人」(東山彰良‖著)
アメリカで7人の少年を手にかけた殺人鬼サックマン。
主人公は30年前台湾でサックマン同じ13歳の少年だった。
殺人鬼を生み出してしまったのは、
子どもの頃のあの出来事がきっかけだったのかもしれない…
織田作之助賞、読売文学賞などを受賞した作品です。


テキストは図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね♪



  • 出来事

2019年07月13日 11:04

 砺波図書館1階のセンターテーブルにおいて、学習まんが を紹介しています。



 こちら↓は、学習まんが がならぶ本棚です。読みたい本はありませんか。








 ページをめくるたびに知識が頭の中に (^^♪

 学習まんが「世界の歴史」を中学生の時に読んでおけば、世界史がもうちょっと好きになっていたのではないか!? って思うのは、私だけでしょうか… (^^ゞ


この夏、学ぶことを楽しんでみませんか♪


  • おすすめ図書

2019年07月12日 16:40

「図書館だより」7・8月号発行しました。
PDFでもご覧いただけます)




図書館友の会の講演会「土蔵の扉を開く」のレポートや、
毎回人気の「えほんのじかん パパの読み聞かせスペシャル」
新砺波図書館の建設現場の様子など、掲載しています。

またこの度、利用者の方から、資格障害者向けの
CD資料購入費として50万円のご寄付をいただきました。
朗読、ラジオ番組、講演、落語などのCDは、
視力が落ちてきた方や、何か作業をしながらでも楽しめると、
この数年利用も増えています。
ご厚意に感謝申し上げ、資料の充実に努めてまいります。


7・8月のイベント予定として、

☆英語絵本の読み聞かせ☆ 毎年満員御礼♪【砺波・庄川図書館】
☆めばえの会 夏のおはなし会スペシャル☆ 【砺波図書館】
☆夏休みブックスタンプラリー☆ 【庄川図書館】
☆星と星座を楽しむ会☆ 【庄川図書館】

ぜひチェックして参加してみてくださいね♪


その他、次回の企画展示テーマ、
予約の多かった本ランキングなどなど。

また、図書館では皆さまの調べもののお手伝いをしています。
(「レファレンス」といいます)
今月は「雨合羽の業界シェアがわかる資料はあるか?」
というレファレンス事例をご紹介しています。


その他の行事予定や図書館の話題は、
Twitterブログで発信していますのでチェックしてくださいね♪


  • 出来事

2019年07月11日 17:29



こんにちは!




児童書の企画コーナーを入れ替えました! @砺波図書館

もうすぐ夏休みですね。
図書館には宿題に役立つ本もたくさんありますよ。
児童企画コーナーには、課題図書、工作、自由研究の本を集めてみました。
テーマは「読もう!作ろう!調べよう!」


☆課題図書の貸出は、一人2冊まで、1週間となります☆



  • おすすめ図書

2019年07月10日 14:21

こんにちは!




今日のパレットは出町小学校へ。
しげの先生のおはなしは「傘屋の天のぼり」
昨日はすごい雷が鳴っていたので、想像がふくらみました(^^)






もうすぐ夏休み!ということで、
「夏休みにオススメの本」も紹介しました♪

低学年向け
「ふたりはとっても本がすき!」
(如月かずさ‖作 いちかわなつこ‖絵)


本をあっという間にたくさん読んでしまうチッタちゃんと、
ゆっくりゆっくり、でも素敵なところをたくさん見つけて読むヒッポくん。
本が大好きな二人だけど、感想文はふたりとも苦手で困っているみたい…
自分はどっちの読み方に似ているかな?と考えて読むのも面白いですよ。


高学年向けには
「ドームがたり 未来への記憶」
(アーサー・ビナード‖作 スズキコージ‖画)


今は「広島平和記念碑」(原爆ドーム)という名前の建物は、何度も名前が変わりました。
最初は「広島県物産陳列館」、広島の食べ物や品物が売られ、
たくさんの人で賑わっていたそうです。
戦争がはじまり、原子爆弾が落とされてたくさんの人が亡くなりました。
美しかったドームは骨だけの姿になり、その恐ろしさ、悲しさを語りかけています。
ドームの声に耳を傾けてみて下さい。


  • 出来事

2019年07月07日 13:14

 今年も星の観察会を開催いたします!

 日時:令和元年8月7日(水) 午後7時30分から
 場所:砺波市立庄川図書館
     当日は、庄川図書館内の児童閲覧室にお集まりください。

 天候が悪くて観察できない場合は楽しい星の話を予定しています☆彡
 ※ 急な変更等がある場合は、図書館ツイッターで連絡しますので、ご確認ください。
   https://twitter.com/tonami_citylib




  • イベント案内

2019年07月05日 12:46

足場が さらに高くなりました。



  • 新図書館情報

2019年07月04日 17:43



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。


7月のイベントとして、

★英語絵本の読み聞かせ★

日時:7/25(木)・26(金) 10:00〜11:00
場所:砺波図書館

※庄川図書館では8/27に開催します

毎年夏休みに開催される「英語絵本の読み聞かせ」です。
市内の中学校でALTをされている先生方が、
英語で絵本をたっぷり読んでくださいます(^^)
毎回幼児・小学生にも大人気!
ぜひチェックしてくださいね♪


★めばえの会 夏のおはなし会スペシャル★

日時:7/28(日) 10:00〜(幼児向け)/10:30〜(小学生向け)
場所:砺波図書館


砺波図書館での「おはなしのじかん」や「パレット」で読み聞かせをしてくださっている、
ボランティアグループ「めばえの会」さん主催のおはなし会です。
夏休みのスペシャル版ですので、お気軽にご参加ください♪




さて今月紹介した本は、



「育休刑事(デカ)」
(似鳥鶏‖著)



「育休」と「刑事」という異色の組み合わせ。
県警捜査一課の秋月春風巡査部長は、夫婦の事情もあり
男性刑事としては初の”育休”に挑戦しているのですが、
赤ちゃん連れで外出する先で事件や謎に巻き込まれて…
という、3編が収録された短編集になっています。

育児に関する記述がとても具体的なのは、
作者の実体験が生かされているそうです。
主人公の春風も、もちろん蓮くんはかわいいけれども
泣き止まない時はイライラしたり途方に暮れたり。
ご飯を作ろうとしても、なかなか思うようには進みません。
その警察組織で働いているだけでは得られない育児経験や学びが、
事件に巻き込まれた春風が解決に至る糸口となっていくのです。

作者によれば、イメージは「子連れ狼」。
作中ではほとんど描かれなくとも、きっと育児もしていたに違いないと思ったそうです。
男性が育児をすることに対する世間の目線や偏見は、
まだまだ作者や春風が思う以上に複雑で強い反発があるようです。
だからこそ、育児の現実を書いていくことは、
社会問題を書くことに繋がるという思いで書かれた本書。
いろんな世代に読んでほしい1冊です。


また育児つながりで
「家事のワンオペ脱出術」
(佐光紀子‖著)

も合わせてご紹介しました!



家事は、家族全員が快適に暮らすためのもの。
誰かがひとりで奮闘するのではなく、
みんなが笑顔で過ごせるくらいに分担したり、減らしたり。
家族が協力しやすいように、男性にも伝わりやすくお願いすることも必要ですね。
「家事のワンオペ」から抜け出すヒントが提案されています。


  • おすすめ図書