Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2019年02月14日 11:58




図書館友の会主催の講演会が開催されますのでお知らせします。

砺波市立図書館友の会 講演会
「源氏物語を読むポイント」


日時:2月16日(土) 13:30〜15:00
場所:砺波図書館3F

講師は富山新聞のカルチャー教室の講師も担当されている、
紫友会の谷口美都江先生です。

平安時代の発音で源氏を朗読してもらったり、
源氏物語の新たな魅力に出会える講演会です。

いつも途中で挫折してしまう…という方も、
この機会にぜひ源氏物語に親しんでみませんか。


申込不要、参加費無料です。
ぜひお聴きください(^^)


  • イベント案内

2019年02月13日 16:32

2/11付の読売新聞の連載記事「医療ルネサンス」で、
国立がん研究センターの「がん情報ギフトプロジェクト」について紹介されています。




⇒読売新聞オンラインでも記事が読めます


国立がん情報センターでは、
どの地域でも誰でも平等に、最新で正確ながん情報を知ることができるように、
図書館を通じて届ける活動をしています。

砺波図書館でもすべての「がんの冊子」が閲覧できますよ。
一部は配布もしていますので、どなたでもご利用ください。




  • 出来事

2019年02月10日 15:28




本を読んで、語り合えば、世界が広がる!

同じ本を読んでも感想は人それぞれ。
思いもしなかった視点を知ると、自分の世界が広がるかも(^^)

2月の「読んで語る会」は、
芥川賞を受賞した、沼田真佑・著「影裏(えいり)」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。


その一部をご紹介すると…

「暗い中にキラキラした言葉が混じっている」

「日浅親子の話が心に残った」

「理解できないところと、良いなと思うところが交互に出てきた」

「主人公が誰に好意を寄せていたのか、よくわからなかった」

「『電光影裏斬春風』についてもっと深く書いてほしかった」


などなど。

・・・・・・・・・・・・・


次回は3/9(土)の開催です。
テキストは「ブロードキャスト」(湊かなえ‖著)
高校の放送部を舞台に、ラジオドラマ部門で全国放送コンクールを目指す物語です。

テキストは図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね♪




  • 出来事

2019年02月07日 17:34



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。


新図書館の建設がはじまっています。
156号線沿いの建設地では、現在120メートルの大型クレーンが働いていますよ!
図書館のブログTwitterでも様子を紹介しているので、見てみてくださいね(^^)


今月のイベントは講演会が2つ開催されます。

★砺波市立図書館友の会講演会★
「源氏物語を読むポイント」

日時:2/16(土)13:30〜15:00
講師:谷口美津江先生(紫友会)


当時の発音での朗読や、時代背景など、
源氏物語の世界を紐解いていく講演会です。


★図書館サポーター講座 第3回★
「加賀藩政期の砺波地方」

日時:2/17(日)14:00〜15:30
講師:長谷川孝徳先生(北陸大学)


砺波地域の文化の基礎を築いた江戸時代、加賀藩政期における、
砺波地域の特色や魅力について学べる講演会です。


どちらの講演会も参加は無料で、どなたでもご参加いただけますよ。
興味のある方はお気軽にお問合せくださいね。



さて今月紹介した本は、




「たまねぎとはちみつ」
(瀧羽麻子‖作)



著者は1981年生まれ。『左京区七夕通東入ル』など
シリーズ化されている作品もあり、人気作家のおひとりです。
「せっかく物語を作るからには、ひと筋でもいいから光がほしい」と
ご本人がインタビューなどでもお話されている通り、
あたたかい読後感の作品が多く、中高生にもよく読まれています。
この作品は、著者のはじめての児童書作品となります。

このタイトルは、アラビア語のことわざ
「ある日ははちみつ、またある日はたまねぎ」からきているそうです。
『世界たべものことわざ辞典』(図書館にも所蔵)によれば、
「ある時はとてもうまくいき、またある時は悪い方へいく」という意味。
日常はいいこともあれば悪いこともあるけれど、大丈夫だよという感じでしょうか。

主人公は小学5年生の千春。
仲良しの紗希が塾に通うようになって一緒に遊べなくなり、
その楽しそうな様子に落ち込んでしまいます。
そんな時であった、修理屋のふしぎなおじさん。
知らない世界の話が楽しくて、クラスメイトの俊太とそのお店に通ううち、
おじさんの内緒の悩みを知ってしまい、なんとかしたいと思うのですが…

物語の中で、大きな事件は起きません。
日常の小さな出来事に悩んだり喜んだりする積み重ねです。
けれど、世界は思った以上に広く、自分が知らないことがたくさんある。
千春と俊太が感じるその世界に、読者も気づかされます。

子どもたちが読むと学校ではないもう一つの扉が開く、
大人が読むと「子どもはいつでも虹の橋を架けてくれる」存在
であることを再認識させてくれる物語です。



  • おすすめ図書

2019年02月07日 16:37

庄川図書館の入口にデジタルサイネージが登場!



壊れたノートパソコンと古いモニターを再利用しました!!


次々にチラシや広告データを映し出し、


時折、砺波の写真なども織りまぜました。    ( *´艸`) パワーポイントのスライドショー





|д゚)  さぁ、次は・・・             .

新たな変化を見つけに来ませんか


  • 出来事

2019年02月05日 18:20

 120tクローラークレーンが組み上がり、作業を開始しました。

 その大きさに、国道156号を運転される方は、わき見運転にご注意ください!


 
 砺波図書館の屋上から新砺波図書館の建設現場を望む。(゜o゜)
 東北東の方角に約700mの位置になります。
 

 チューリップタワーから新砺波図書館建設現場を望む。(@_@)
 南南西の方角に約500mの位置になります。
 砺波チューリップ公園南門からは 約250mです!!


 建設現場から (゜-゜)


大きすぎて、カメラに収まらず。



新図書館開館まで待てない。
今日から! 今から!! 図書館を利用してみませんか。


  • 新図書館情報

2019年02月01日 17:32



こんにちは!




児童書の企画展示コーナーを入れ替えました! @砺波図書館
2017〜2018年にかけて亡くなった、
児童文学会で著名な2人の女性作家の作品を集めました。
「ありがとう!!まついのりこさん、森山京さん」です。

それぞれの作品を通して、
やさしさやあたたかさを感じ取ってもらえたらと思います。








  • おすすめ図書

2019年02月01日 17:22

【新砺波図書館建設現場】

土工事が完了!
120tクローラークレーンの組み立てが始まりました。





  • 新図書館情報

2019年01月31日 17:29

庄川図書館2月のカレンダーです。
ご利用時の参考にしてください。




  • 今月の予定@庄川図書館

2019年01月31日 13:34




砺波図書館の2月のイベント予定などお知らせします。
講演会が2つあるので、お気軽にご参加くださいね!



図書館友の会講演会
★「源氏物語を読むポイント」★

日時:2月16日(土) 13:30〜15:00
場所:砺波図書館3F
講師:谷口美都江先生(紫友会)

平安時代の発音で源氏を朗読してもらったり、
源氏物語の新たな魅力に出会える講演会です。
この機会に源氏物語に親しんでみませんか。
詳しくはコチラから⇒


図書館サポーター講座 講演会
★「加賀藩政期の砺波地方」★

日時:2月17日(土) 14:00〜15:30
場所:砺波図書館3F
講師:長谷川孝徳先生(北陸大学教授)

砺波地域の文化の基礎を築いた、
江戸時代・加賀藩の時代の砺波地方について学びます。
砺波地域の特色や魅力について知ることができる講座です。
詳しくはコチラから⇒


その他毎月のイベントなど

0〜2才くらいのお子様を対象にした読み聞かせ
★えほんのじかん★

2/5  (火) 10時30分〜
2/19 (火) 10時30分〜
2/26 (火) 10時30分〜
 ※スペシャル回
 



幼児を対象にした読み聞かせ
★おはなしのじかん★

2/2  (土) 14時〜
2/9 (土) 14時〜
2/13 (水) 16時〜
2/16 (土) 14時〜
2/27 (水) 16時〜





★親子映画会★

2/16(土) 10時30分〜(今月は1回の開催です)
「ねずみくんのチョッキ」(40分)




★聞いて 話して 世界が広がる!!(読んで語る会)★

2/9(土) 13時30分〜
「影裏」(沼田真佑‖著)

テキストは図書館で用意しています。
はじめての方も歓迎ですよ♪



おすすめの絵本を紹介する
★そらいろのたね★


2/27(水) 10時〜
テーマは「人気者パンダ絵本大集合!」です。




ツイッターでもイベント予定や新着案内、オススメ本など発信していますので、
こちらもチェックしてみてください(^^)

砺波市立図書館Twitter(@tonami_citylib)



  • 今月の予定@砺波図書館

2019年01月30日 16:10

こんにちは!



今日は出町小学校の「たんけんクラブ」のみなさんが、
砺波図書館を探検に来てくれました(^^)




砺波の図書館の歴史や、所蔵している本の冊数などなど…
新しくできる図書館のお話も聞いてもらいましたよ。

普段一般の利用者が入ることのできない書庫の探検も。






書庫の中は2階分の建物を3層に区切ってあります。
郷土の書架には、筆で書かれた、貴重な「出町史資料」も保存してありましたね。




2階には芸術、スポーツ、囲碁将棋、鉄道などなど…
実は小・中学生が読める本がたくさんあるんですよ(^^)
探検を機会に、ぜひ図書館の本を利用してみてくださいね♪


  • 出来事

2019年01月30日 14:18

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「レオ・レオニの絵本」をテーマに絵本を紹介しました。

レオ・レオニが1999年に亡くなって、今年はちょうど20年。
「スイミー」「あおくんときいろちゃん」などが有名ですが、
他にも魅力ある絵本がたくさんあるのでご紹介します。


「フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし」
(レオ・レオニ‖作 谷川俊太郎‖訳)


フレデリックは、ちょっと面白いねずみです。仲間たちが一生懸命に働いているのに、
「おひさまのひかりをあつめているんだ」とじっとしたまま動きません。
そんな一軒ぼんやりして暮らしているフレデリックが、やがて仲間を助けることに…。
想像力が生み出すチカラが、やがて幸せを与えてくれることを教えてくれます。


「じぶんだけのいろ いろいろさがしたカメレオンのはなし」
(レオ・レオニ‖作 谷川俊太郎‖訳)


おうむはみどり、きんぎょはあかい。自分も自分だけの色がほしいと願うカメレオンは、
ある時、もう一匹のカメレオンに出会います。
二匹が一緒に同じ色になれば、周りがどんなに変わってもいつも同じでいられる。
そんな単純なことが喜びになると気づかされる絵本です。
カラフルな絵にも注目して読んでみてください。


「ねずみのつきめくり」
(レオ・レオニ‖作 谷川俊太郎‖訳)


1月から12月まで、それぞれの月のねずみの絵に、谷川さんがぴったりの詩をつけました。
「すべってころんで ひがくれて つめたいあしを だんろでぬくめて」
テンポの良い言葉が心地よく聞こえてきます。
短いけれど、静かに心が満たされてくる詩集のような絵本です。


「コーネリアス たってあるいたわにのはなし」
(レオ・レオニ‖作 谷川俊太郎‖訳)


ワニのコーネリアスは、普通のワニとちがい、二本足で立って歩くことができました。
他のワニには見えない景色が見えるのに、ワニたちは「それがどうした?」と無反応。
怒ったコーネリアスは群れから出ていくのですが…。
見える世界が違うことで、生き方が激変していく展開に、好奇心の大切さが感じられます。


さて来月は2/27(水)10時〜、テーマは「人気者パンダ絵本大集合!」です。
お気軽にご参加をお待ちしています♪


  • おすすめ図書

2019年01月25日 10:48

1/22放送のTBS「マツコの知らない世界」で、
声に出して読みたい「読み聞かせ絵本の世界」が取り上げられていましたね。

⇒TBS公式「マツコの知らない世界」
(⇒見逃し配信はコチラ)


紹介された絵本は、昔から読み継がれてきたものが多く、
その魅力を”音”や”声に出して読む”という視点で紹介されていて、
新しい発見もありました(^^)

番組で取り上げられた絵本を、ミニコーナーで紹介していますので、
砺波図書館でチェックしてみてください♪









  • おすすめ図書

2019年01月24日 11:07

「図書館だより」1・2月号発行しました。
PDFでもご覧いただけます)




昨年12/19に行われた、新砺波図書館の起工式の様子や、
砺波市子ども読書月間の取り組み

イベントでは
ワークショップ「読書手帳、作っちゃおう!」
えほんのじかん クリスマススペシャル

などのレポートを掲載しています。


また来月のイベントとして、2つの講演会が予定されています!



2/16(土)「源氏物語を読むポイント」
2/17(日)「加賀藩政期の砺波地方」

チラシ等で興味をもっていただいている方が多いですね(^^)
どちらも予約不要、参加無料なので、お気軽にご参加お待ちしています♪


その他、次回の企画展示テーマ、
予約の多かった本ランキングなどなど。

また、図書館では皆さまの調べもののお手伝いをしています。
(「レファレンス」といいます)
今月は「砺波総合病院のヘリコプター利用回数が載っている新聞記事はないか?」
というレファレンス事例をご紹介しています。


Twitterブログで図書館の話題をチェックしてくださいね♪


  • 出来事

2019年01月23日 16:41

「地域文庫」ってご存知ですか?
砺波図書館では、図書館まで距離のある地域の皆様にも読書を楽しんでいただくために、地域文庫という取り組みを行っています。
詳しくは こちら ≪「地域文庫」があるのを知っていますか?≫


今日、鷹栖公民館・若林公民館・林公民館内にある地域文庫の本を交換しました♪
この3か所の文庫には、子ども向けの絵本や紙芝居から、大人向けの小説や実用書など、
約140冊用意してあります。
2か月に1回交換しています。
今回入れ替えした本は、3月19日までの貸し出しです(^^♪

楽しい本、美味しそうな本、勉強になる本など、様々な種類の本があります♪♪

地域にお住まいの方ならどなたでも借りられますので、
ぜひご利用ください。





◇◆◇◇ 回 覧 板 ◇◇◆◇


鷹栖・若林・林 地域の方々には回覧板に 「文庫からのお知らせ」 を入れています。
そちらにお住まいの方は、見てみてくださいね♪








共通の裏面↓

砺波図書館で開催される講演会の案内です。

参加無料ですので、ぜひご参加ください♪

☆2月16日(土) 「源氏物語を読むポイント」

☆2月17日(日) 「加賀藩政期の砺波地方」



  • 未分類