Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2018年03月23日 17:01

こんにちは!




他の図書館にある本を、
砺波市立図書館で借りることができるのをご存知ですか?
実は簡単にできるので、
利用されている方も多いんですよ(^^)

新しい蔵書検索HP「となみっけ!」ならもっと簡単♪♪




砺波市立図書館に探している本がなかったら…

@検索範囲を「富山県内すべて」にして、どこの図書館にあるかチェック

A砺波市立図書館のカウンターやお電話で取り寄せを申込み

これだけです(^^)

・本の受取・返却とも砺波市立図書館でできます。
・受け取りまで1〜2週間かかります。
 (他館で貸出中の場合はさらにお時間がかかります)
・取り寄せは無料です。


館内にある「となみっけ!」のフライヤーも見てね♪
(ハガキサイズです。ご自由にお持ちください!)



  • 図書館利用案内

2018年03月20日 09:55

こんにちは!
「図書館だより」3・4月号発行しました。
PDFでもご覧いただけます)




2月に開催されたイベント、
「図書館サポーター講座 わらべうたであそぼう」
「えほんのじかん パパの読み聞かせ」や、
好評だった「科学道100冊ジュニア」の特別企画展示のレポートなどを掲載しています。

その他、現在の企画展示テーマ、
予約の多かった本ランキングなどなど。
2017年度によく借りられた本ランキングも!
歯に衣着せぬ物言いで人気の、佐藤愛子さんのエッセイが1位でしたよ。


先日新しくなった図書館システムについても紹介しています。
愛称は「となみっけ!」
覚えて使ってくださいね♪
⇒となみっけ!【砺波市立図書館の本をさがす】


その他、3・4月の企画やイベント予定も。

毎年恒例の人気イベント「雑誌リサイクル」
今年もはじまりますよ〜。
庄川図書館では3/21(水)〜28(水)
砺波図書館では4/21(土)〜27(金)
保存年数を過ぎた雑誌・英字新聞をお譲りします。
(1冊10円、おひとり5冊までです)
気になる雑誌がある方はお早目に!

4/24(火)の「えほんのじかん」は、
★「春のスペシャル」です!
(「えほんのじかん」は4月から時間が10:30〜に変更になります。)

4/23〜5/12は「こどもの読書週間」
こどもの頃から読書に親しみ、楽しみながら図書館利用を学んでもらおうと、
今年も砺波・庄川図書館では、
「本でビンゴ!」イベントなども企画しています。
ぜひ参加してみてくださいね♪


  • 出来事

2018年03月16日 10:45

こんにちは!




図書館システムが新しくなったことに伴い、
これまでレシートだった貸出票が
A5サイズのプリント用紙に変わりました。

100均ショップで見つけたA5ファイルに綴っていけば、
あなたの読書記録の出来上がり♪

読書通帳やブクログなどのWEBサービスを利用して、
読んだ本を記録しておきたい方は多いと思います。
手軽にファイルしてあなただけの読書記録を作ってみては?(^^)




  • 図書館利用案内

2018年03月15日 10:08

今年もやります! 「雑誌リサイクル」




保存期間の切れた雑誌を1冊10円でお持ち帰りいただけるとあって、毎年人気です(^^)

砺波図書館では4/21(土)〜27(金)まで!

庄川図書館では一足早く3/21(水)〜28(水)に開催します。

チェックしてくださいね♬


  • イベント案内

2018年03月15日 10:07




毎月開催している「読んで語る会」
3月は 伊東潤・著「西郷の首」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。

その一部をご紹介すると…

「明治維新の時代の加賀藩の事情がわかり、興味深かった」

「歴史の分かれ目がどちらに傾くかわからず、渦中の人々が命がけで事を起こす迫力がすごい」

「処刑の場面が恐ろしかった。加賀藩が歴史の表舞台に出てこなかったのは、このせいなのかと思った」

「それぞれの大義があり、いろいろ読み深めて調べたくなる本」

「主人公が青臭く、身近に感じられて共感できた。日本人らしいと感じた」

などなど。
歴史小説が好きで他の資料へと興味を深めていった方もおられたようですよ(^^)

・・・・・・・・・・・・・

本を読んでいて、誰かとこの感覚を語り合ってみたいな〜と思ったことはありませんか?
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね(^^)

次回は4/14(土)の開催です。
テキストは「ツバキ文具店」(小川糸‖著)

図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。



  • 出来事

2018年03月14日 15:30

砺波市立図書館の新しい蔵書検索「となみっけ!」
もう使ってみてくれましたか?






⇒となみっけ!【砺波市立図書館の本をさがす】

気になるあの本、さがしてみてね!
館内のパソコンからも、ご自宅やスマホからも同じように使えますよ♪


  • 図書館利用案内

2018年03月14日 10:10




砺波市立図書館のおすすめブックリスト「フルフル」No.4
発行しました!
今号は人生クリエイト!青春(アオハル)編
自分のこと、将来のこと…
考えるきっかけになったらいいなという本を選んでみました(^^)

各中学校の図書室に配布する他、
砺波・庄川図書館に置いてありますので、ぜひ手にとってみてくださいね。
PDF版でもご覧いただけます)

「ココロふるえる本との出会いで❤(ハート)フル充電!!」


  • ブックリスト【フルフル】

2018年03月13日 11:28


一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!



誰かの言葉をずっと大事にしていたり、
心の支えになっていたりすることがありますね。
今回は「贈ることば 伝えることば」と題し、
著名人やコピーライター、人生の師が紡いだ、
心に響く言葉が見つかる本を紹介します。


「大遺言 祖父・永六輔の今を生きる36の言葉」(永拓実‖著)

「生きていくあなたへ 105歳どうしても遺したかった言葉」(日野原重明‖著)

「生きつづける言葉 情と知で動かす」(平尾誠二‖著)

「明日のために、心にたくさん木を育てましょう」(若宮正子‖著)

「戦国武将の辞世 遺言に秘められた真実」(加藤廣‖著)

「寝る前に読む一句、二句。 クスリと笑える、17音の物語」(夏井いつき・ローゼン千津‖著)

「「言葉にできる」は武器になる」(梅田悟司‖著)

「いつか別れる。でもそれは今日ではない」(F‖著)

「美しいものを 花森安治のちいさな絵と言葉集」(花森安治‖画)

「詩人なんて呼ばれて」(谷川俊太郎‖語り手 詩)

「絶望を生きる哲学 池田晶子の言葉」(池田晶子‖著)

「病気は人生の夏休み がん患者を勇気づける80の言葉」(樋野興夫‖著)

「吉本せいと林正之助愛と勇気の言葉」(坂本優二‖著)

「あんた、ご飯食うたん? 子どもの心を開く大人の向き合い方」(中本忠子‖著)



…などなど。
今あなたは、どんな言葉が気になりますか?



  • おすすめ図書

2018年03月10日 17:15

こんにちは!






一般書のミニ企画コーナーのテーマが新しくなりました!
韓国平昌で開催されたオリンピックは盛り上がりましたね!
パラリンピックも開催され、観戦に熱中されている方も多いはず。
そんなあなたに、アジアの国々を舞台にした小説を集めました。
テーマは「アジアの風に吹かれて…」です。


「真ん中の子どもたち」(温又柔‖著)
「あとは野となれ大和撫子」(宮内悠介‖著)
「小旋風(つむじかぜ)の夢絃」(小島環‖著)
「傾国 もうひとつの楊貴妃伝」(中路啓太‖著)
「模範郷」(リービ英雄‖著)
「僕が殺した人と僕を殺した人」(東山彰良‖著)
「キャピタル」(加藤秀行‖著)
「あなたへの歌」(楊逸‖著)
「楽園の蝶」(柳広司‖著)
「タックスヘイヴン」(橘玲‖著)
「楽昌珠」(森福都‖著)
「Deluxe Edition」(阿部和重‖著)
「めぐりくる春」(梁石日‖著)
「墓頭」(真藤順丈‖著)
「波の音が消えるまで」(沢木耕太郎‖著)


などなど。
今アジアが熱い!


  • おすすめ図書

2018年03月10日 16:34

新砺波図書館は2020年に開館予定です。
場所は、国道156号線沿いのTSUTAYAさんとマクドナルドさんの間、
現砺波体育センターの移転後に建設されます。






館内に新図書館のイメージパースを掲示していますよ(^^)




  • 新図書館情報

2018年03月09日 18:22

自宅のパソコンやスマホから蔵書検索。
そのままWEBで予約したい!

…わかります!できますよ♪v(^^)v




これまでも、貸出中の本に限りWEBで予約できていましたが、
図書館の棚にある本もWEB予約が可能になりました!
(※ただし図書館で確保して予約完了となりますのでご注意くださいね)
(※当面は試験運用とさせていただきます)



@まずは利用登録をお願いします。
※初回のみ図書館の窓口でメールアドレスとパスワードの登録が必要です。



Aとなみっけ!【砺波市立図書館の本をさがす】で蔵書検索
 ⇒砺波・庄川図書館のボタンから資料詳細のページへ



B予約申込⇒ログイン





C検索結果詳細ページから「予約する」
※連絡方法(メールまたは電話)と受取館(砺波・庄川砺波駅)を選択してください。





★★ご注意ください★★
「貸出可」となっている本は、システム上予約となっても、
館内で他の利用者が借りようとしていたり、入れ違いで貸出されたり、
あるいは行方不明の場合もあります。
図書館から予約の本がご用意できた連絡があってからご来館ください。
(すぐに取りにきたい場合はお電話くださいね)


D貸出状況や予約の確認、貸出延長の手続きもWEBから




★★ご注意ください★★
貸出延長は1回に限り可能です。
予約がついている本や、他の図書館から借りた本は延長できません。

メール登録でとなみっけ!がますます便利になりますよ♪


  • 図書館利用案内

2018年03月08日 19:13

こんにちは!



図書館内の蔵書検索端末からも、ご自宅のパソコンからもご利用できます。
名前は、となみ+見っけ!=となみっけ!
となみっけ!【砺波市立図書館の本をさがす】
※このTOPページをブックマーク等しておくと便利です(^^)

スマホからも。






ホーム画面に追加すると となみっけ!のアイコンが出ます♪
砺波市立図書館の蔵書検索HPが新しくなりました


使い方はこの検索窓に、書名や著者名を入れるだけ。
「砺波・庄川図書館」と「富山県立図書館」の蔵書が一度に検索できますよ!




 印刷する  ボタンで資料請求書を発行できます。
棚や書庫にある本はお探ししますし、
貸出中の本、市内図書館にない本であれば、これがそのまま予約票となります。
カウンターの係員にお渡しください。



砺波図書館の所蔵情報は、館内のオレンジの表示に対応していますよ。




また、検索エリアを広げて、
県内公立図書館、そして北陸中部の6県の図書館の蔵書
このまま同じページから検索できます!




図書館では、館内にない本を他の図書館から取り寄せて借りることができます。
お気軽にお問合せくださいね。

それぞれの図書館ボタンは、その図書館の蔵書検索ページにリンクしています。
砺波・庄川図書館のボタンから、WEBでの予約もできますよ(^^)
それは次の記事で♪


図書館がもっと楽しく、そして
ワクワクする本との出会いにつながりますように
 (^_-)-☆★★


  • 図書館利用案内

2018年03月07日 14:06


(※このHPは3/9からご利用いただけます)



3/7付の北陸中日新聞さんで、
砺波市立図書館の「新しい蔵書検索システム」を紹介していただきました(^^)

⇒中日新聞WEB版でも読めます


新しい蔵書検索システムは、日本最大の図書館検索サイト「カーリル」と提携し、
砺波・庄川図書館と富山県立図書館の蔵書が一度に検索できるようになりました!
またそのまま同じ検索ページで、
県内の公立図書館、北陸中部の6県まで範囲を広げて
簡単に検索できるようになっています。

これまでより素早く、簡単に、
そして図書館がもっと楽しくなるシステムですよ♪

新しい砺波市立図書館蔵書検索サイトの名前は、
となみ+見っけ!=「となみっけ!」

「となみっけ!」で、いろいろな本と出会ってくださいね!
3/9の公開をお楽しみに(^^)


  • 出来事

2018年03月05日 14:21

こんにちは!




砺波・庄川図書館では3/8(木)まで、
図書館システム更新のため休館しています。
その間インターネットの蔵書検索も使えないため、
ご不便をおかけしますが、
3/9に蔵書検索のHPがリニューアルして、
より早く、探しやすく、便利になります。
「となみっけ!」猫があなたの探し物をお手伝いしますよ♪

さて、砺波図書館の3月のイベント予定などお知らせします。


0〜2才くらいのお子様を対象にした読み聞かせ
★えほんのじかん★

3/13 (火) 10時〜
3/20 (火) 10時〜
3/27 (火) 10時〜





幼児を対象にした読み聞かせ
★おはなしのじかん★

3/10 (土) 14時〜
3/14 (水) 16時〜
3/17 (土) 14時〜
3/28 (水) 16時〜





★親子映画会★

3/17(土) 10時30分〜/15時〜
「クマのミナクロと公平じいさん」(23分)





★読んで語る会★

3/10(土) 13時30分〜
「西郷の首」(伊東潤 // 著)

テキストは図書館で用意しています。
はじめての方も歓迎ですよ♪




おすすめの絵本を紹介する
★そらいろのたね★

3/28(水) 10時〜
テーマは「家族の絵本」です。




ツイッターでもイベント予定や新着案内、オススメ本など発信していますので、
こちらもチェックしてみてください(^^)

砺波市立図書館Twitter(@tonami_citylib)



  • イベント案内

2018年03月02日 11:33

毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!
FMとなみさんで今月の予定や
オススメ本を紹介させていただきました(^^)

現在図書館は3/8まで<特別整理休館>期間中で、
この間は図書館の蔵書検索をするHPも停止しています。
(そのため、予約やお問い合わせも受付停止しています)
ご不便おかけしますが、
3/9のHPリニューアルまでしばらくお待ちくださいね!

リニューアル後のHPには、
みなさんの探し物をお手伝いする「となみっけ!」猫が登場し、
より早く、探しやすく、便利になりますのでお楽しみに♪♪




「うしとうそ とやまの土人形」
(宮田裕美‖著・発行)


今月ご紹介する本は、先月まで富山市にある
「D&DEPARTMENT TOYAMA」1階のギャラリーで開催されていた
「うしとうそ とやまの土人形」展の目録です。

著者の宮田さんは、富山市在住の若手グラフィックデザイナーで、
富山駅の「とやマルシェ」のロゴや、
小矢部の和菓子「五郎丸屋」の「T五」のパッケージデザインなどを手掛けられています。

土人形は、江戸末期から明治にかけて、
天神様やお雛様などの節句行事の普及ともに広まったと言われています。
実は富山県は土人形が長く残った土地柄で、
神社の神事でも使われていたのだとか。
「亀」「鯛」「鱒」「鶏」など、
それぞれの神社にまつわるものがモチーフになっているのだそうですよ。

タイトルの「うそ」は鳥の「鶯」。
富山の於保多神社で行われていた「鶯替え(うそかえ)」は、
太宰府天満宮ではじまったとされる神事で、
土人形の「鶯」を交換して、悪いことを吉に「取り替える」いわれがあるそうです。

現在は民芸品としても「かわいい」と人気の土人形。
この本には、ころんと愛らしいフォルムの富山の土人形の写真が掲載されています。
富山において、信仰や文化と結びついて広がった
「土人形」の魅力に触れてみませんか?


  • おすすめ図書