Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2017年08月28日 14:10

 こどもらが3階に駆け上がる。
 んんん・・・!?  今日は、お父さん・お母さんも3階へ (@_@;)

 なになに???  3階へ行ってみよう!




 砺波市少年少女発明クラブの全国チャレンジコンテスト地区(砺波)大会ではないですか!!

 早速、お邪魔に !(^^)!

 会場は、緊張した雰囲気の中、作品の最終調整に余念がありません。


 堀先生から、審査項目の再確認を


 では、競技開始 \(^o^)\(^o^)/(^O^)/

 タイムを計る人

 こどもの説明と作品の動きをビデオ撮影する人

 作品を操る人 (@_@)



 この仕掛けが、行燈を荒ぶる ヽ(^o^)丿

 こちらは、北陸新幹線とバルーン そしてチューリップ公園を再現。

 こちらは、出町子供歌舞伎曳山とオランダ風車を

 こちらは、出町子供歌舞伎曳山に水車と鮎


以上、大会の様子でした。 m(__)m


 砺波のお祭りを取入れた作品が、モーターで奇抜な動きを見せてくれました。


 さぁ、全国大会に出場するのは、どのチームかな (^.^)


  • 出来事

2017年08月26日 17:23

 新砺波図書館の吹き抜け部分をイメージした模型を作るワークショップを、建設地の砺波体育センターで開催しました。

 最初に、実施設計を行っている三上建築事務所(茨城県)の益子一彦社長より新図書館の概要を説明しました。


 模型に近づき、上から見たり (^.^)

 姿勢を低くし、実際の視線の高さに近づけることで、イメージがさらに膨みました。\(^o^)/

 次に、愛知工業大学の中井孝幸教授より「世界の図書館」の紹介をし、夢をさらに大きく !(^^)!

 そして、本日の企画運営をしていただいた愛知工業大学 中井研究室のみなさんの自己紹介です。
 (宿泊は、一泊一人1000円で泊まれまる砺波市移住体験ハウス”佐々木邸”を利用されました。)


さあ! 模型作りにチャレンジ (^O^)/
 最初に、模型作りの方法やカッターの安全な使い方を説明を

 好みのパーツを利用し、模型をデコレイトしましよう!



 制作スタート!


 次々と夢あふれる作品が出来上がる \(◎o◎)/





 出来上がった夢の図書館への思いを一人ひとりが作品発表しました。 \(^O^)ワクワクドキドキ(^O^)/



 市民ワークショップ 楽しんでいただけたでしょうか。

 では、みなさんで集合写真を!   1+1=? 4−2=? √2×√2=?


 ご参加いただきましたみなさま、お世話いただいたみなさま ありがとうございました。
 心よりお礼申し上げます。<(_ _)>
 来年は、解体直前の砺波体育センター全体を使用した市民ワークショップを開催したいと思っています。(^^)

追伸
 企画運営いただきました中井研究室のみなさんは、来春ご卒業かと思いますが・・・
来年のワークショップには、スタッフとして是非、参加してくださいネ。 (^_-)-☆




 
\(^o^)/ 夢の図書館! \(^o^)/













 新砺波図書館は平成32年度(2020年度)の開館を目指し、現在、実施設計を進めています。




もうひとつ上のとなみへ



 


  • 新図書館情報

2017年08月24日 11:14

こんにちは!
「作ろう!夢の図書館!〜新砺波図書館 市民ワークショップ〜」
今週末8/26(土)に開催されます♪




こちらは昨年の様子ですが、
新砺波図書館の模型を囲んでお話を聞きました。
実際のイメージがふくらみますね!

その後は、参加者がそれぞれ自分だけの夢の図書館を作りました(^^)
書架や本を読むくつろぎスペース、お庭や遊びのコーナーなどなど
自由に想像をカタチにしていきます♪








いろいろな夢の図書館が完成!
見ているだけで楽しい!
今年は、吹き抜けのある図書館を作りますよ〜(^^)
どんな作品が完成するかな♪♪










「作ろう!夢の図書館!〜新砺波図書館 市民ワークショップ〜」

日 時 : 8/26(土) 9時〜12時
場 所 : 砺波体育センター2F (新砺波図書館建設予定地)
対 象 : 小学生・中学生・高校生 (保護者の付添可)
参加費 : 無料

※お申込みが必要です。図書館までお問い合わせください。


  • 新図書館情報

2017年08月22日 11:21




毎週火曜日10時〜11時は、砺波ファーストブックの会さん主催の
0〜2歳児向けの読み聞かせ会「えほんのじかん」
今日は夏まつりスペシャルでした!






赤ちゃんたちもお母さんと一緒に手遊びやお歌、絵本を楽しみました♪
カエルの絵本を読みながら、子どもたちも身体をつかって「ぴょ〜〜ん」!
その流れでぴょ〜んと飛ぶおもちゃも作りましたよ。




今日はスペシャル回ということで、
パネルシアターも準備してくださいました(^^)
ブラックライトで光るパネルで、
暗くなった部屋に子どもたちはちょっとびっくりしていましたが、
なじみのある「いぬのおまわりさん」がはじまると子どもたちも興味しんしん。




最後はみんな大好き「アンパンマンのマーチ」!
音楽に合わせて音符や星があらわれて、
子どもたちの目もキラキラしていましたよ♪




楽しい「えほんのじかん 夏まつりスペシャル」でした!
読み聞かせは毎週やっていますので、また来てくださいね♪


  • 出来事

2017年08月19日 12:54

こんにちは!




以前ご紹介した、砺波市の「地域文庫」のひとつ、
砺波東部小学校の中に東部小文庫があります。
学校内ですが、地域の方に開放されていて、どなたでもご利用いただけるのです(^^)

昨日は、普段からお世話してくださっているボランティアの方主催で、
「夏休みおはなし会」が開催されました〜!






60人ほどの子どもたちで、図書室は大にぎわい。
紙芝居や絵本の読み聞かせあり、手品あり♪
ボランティアの皆さん、夏休みのこの時期、1年に1度、
子どもたちに楽しんでもらおうと張り切ってくださいました(^^)

空っぽの紙袋から次々大きな箱が出てくると
子どもたちは前のめりで不思議がり、大興奮!






工作は、ストローと折り紙を使った「ストロートンボ」を作りました!
最後はみんなで飛ばしっこ〜。

ちょうど大きな雨が降っていたのですが、
楽しい時間になりましたね(^^)









  • 出来事

2017年08月18日 11:49

こんにちは!




現在、兵庫県立美術館で開催中の「怖い絵展」が話題ですね!
(会期〜9/18まで。10/7〜12/17は上野の森美術館で開催されます)

⇒「怖い絵展」オフィシャルHPはコチラ

「恐怖」に焦点をあてた絵画鑑賞、
その絵の時代背景や隠された物語という知識をもとに読み解く美術書
として
作家・ドイツ文学者の中野京子氏が出版した「怖い絵」は大きな反響を呼び、
シリーズ化されて現在も人気です。

刊行10周年を記念して開催された展示会ということで、
ヨーロッパ近代絵画の巨匠の作品の数々を、
”この絵はなぜ怖いのか”読み解きながら鑑賞できるのだそうですよ(^^)

この機会にこちらの本も手にとってみてはいかがでしょうか?





素敵にじわっと怖いお土産をいただいたので、
私もこの絵にかくされた物語を探してみたいと思います…!


  • エトセトラ

2017年08月17日 10:15

砺波図書館、週末のイベントのお知らせです(^^)




「親子映画会」
8/19(土) 10:30〜/15:00〜

「日本のおばけ話 きもだめしのばん」
「日本のおばけ話 絵からとびだしたねこ」


の2本立て(各回15分)です。

あつ〜い夏は、コワ〜イ話で涼しくなってくださいね(^^)


  • イベント案内

2017年08月13日 13:45

こんにちは!




お盆ということで、砺波に帰省してこられた方が
図書館に立ち寄ってくださったり、
遊びにこられるお孫さん用に絵本を探しにこられたりしています(^^)

さて、砺波図書館では現在夏の企画展として
「科学道100冊」を開催中です!

⇒「科学道100冊」企画展示の様子



昨日のNHKニュースでも紹介されましたので、
こちらでももう一度お知らせしておきます♪

「ファーブル驚異の博物学図鑑」
フランスの生物学者ジャン・アンリ・ファーブルが書いた「昆虫記」に
登場する虫の迫力ある写真を楽しむことができます。

「ややっ、ひらめいた!奇想天外発明百科」
中に人間が入って操作する「チェスをする機械」など、
世界各国のユニークな発明品がイラストとともに紹介されています。

などなど…
科学者が選んだ科学の本や図鑑など、
子どもだけでなく大人も楽しめる本がたくさん揃っていますよ!

企画展は8/31まで開催しています。
展示してある本はすべて貸出できますので、
ぜひいろんな科学の本を手にとってみてくださいね(^^)

⇒NHK NEWS WEBでも記事が読めます。


  • 出来事

2017年08月11日 14:28

砺波市立図書館のお盆期間の開館・休館日のお知らせです。




8/12(土)  8/11(祝)の振替休館
8/14(月)  月曜休館


この日以外は、お盆期間も開館しております!

たまに長いお休みに本でも読んでみようかな…というお父さんも、
お子さんと一緒に図書館へどうぞ(^^)


  • エトセトラ

2017年08月10日 12:06

一般図書の新刊棚に、新着本がたくさん並びましたよ!






<小説・エッセイなど>

「腐れ梅」(澤田瞳子)
「空に咲く恋」(福田和代)
「フォマルハウトの三つの燭台 倭篇」(神林長平)
「わたしたちは銀のフォークと薬を手にして」(島本理生)
「コンビ」(畑野智美)
「ぷろぼの」(楡周平)
「ゼンマイ」(戌井昭人)
「チャップリン暗殺指令」(土橋章宏)
「泣き虫弱虫諸葛孔明 第5部」(酒見賢一)
「横濱エトランゼ」(大崎梢)
「さよなら、ムッシュ」(片岡翔)
「木に登る王 三つの中篇小説」(スティーヴン・ミルハウザー)
「ちいさな国で」(ガエル・ファイユ)
「荒野に立てば 十字路が見える」(北方謙三)
「ノミのジャンプと銀河系」(椎名誠)
「来てけつかるべき新世界」(上田誠)
「よわむし」(大塚咲)


<その他>

「明仁天皇の言葉 平成の取材現場から読み解く「お気持ち」」(近重幸哉)
「キリスト教を世に問う!」(奥山篤信)
「自分でする相続放棄」(碓井孝介)
「大人の“かくれ発達障害”が増えている」(岩橋和彦)
「家をせおって歩いた」(村上慧)
「路地の子」(上原善広)
「人間はだまされる フェイクニュースを見分けるには」(三浦準司)
「ぐるぐる博物館」(三浦しをん)
「見落とされた癌」(竹原慎二)
「魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く」(奥野修司)
「YouTube投稿&集客プロ技セレクション」(リンクアップ)
「本当に必要な薬がわかる本」
「インバウンドビジネス集客講座 図解でパパッとわかる決定版」(村山慶輔)
「あなたのその「忘れもの」コレで防げます」(芳賀繁)
「悪魔の日記を追え FBI捜査官とローゼンベルク日記」(ロバート・K・ウィットマン)
「日本の覚醒のために 内田樹講演集」(内田樹)
「メディアミックス化する日本」(大塚英志)
「〈弱いロボット〉の思考 わたし・身体・コミュニケーション」(岡田美智男)
「いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画」(原田マハ)


・・・などなど、まだまだあります。
順次入れ替えしていますが、すぐ貸出になっている本も多いので、
棚にない時はカウンターでお気軽にお問合せくださいね。


  • おすすめ図書