Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2017年09月12日 13:38

こんにちは!






児童書コーナー近くにある、ヤングアダルト向けの企画コーナーを入れ替えました!
「芸術」をテーマに、いろいろな本を置いてあります♪

特にYA(ヤングアダルト)と呼ばれるジャンルの本に限らず、
児童書から一般書まで、中・高校生でも大人でも楽しんでもらえるような本が
たくさんありますよ〜(^^)


「かわいい浮世絵」(日野原健司‖著)
「本の子」(オリヴァー・ジェファーズ‖作)
「サイン・署名のつくり方」(署名ドットコム‖著)
「声優さんになりたいっ!」(81プロデュース‖監修)
「「失われた名画」の展覧会」(池上英洋‖著)
「美篶堂とはじめる本の修理と仕立て直し」(美篶堂‖著)
「色鉛筆リアル画超入門」(林亮太‖著)
「日本のヴァイオリン王 鈴木政吉の生涯と幻の名器」(井上さつき‖著)
「書のひみつ」(古賀弘幸‖著)
「世界シネマ大事典 フィリップ」(ケンプ‖責任編集)


…などなど。
知らなかった世界や新しい趣味が見つかるかも?(^^)


  • おすすめ図書

2017年09月10日 12:52

 6月27日、突如現れた黄色いトラック!




 毎週火曜日10時から、0〜2歳児を対象とした「えほんのじかん」の様子を、地元ケーブルテレビのとなみ衛星通信テレビ(TST)さんが突撃取材され、放送されました。\(^o^)/

 
それでは、どうぞ (^O^)/



 「えほんのじかん」は毎週火曜日10時から砺波図書館で開催しています。
 お気軽に立ち寄ってください!
 また偶数月には「おじいさんとパパの読み聞かせ」などのスペシャル回があります!
 


  • エトセトラ

2017年09月09日 12:06

毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!
FMとなみさんで今月のイベント予定
オススメ本を紹介させていただきました(^^)




「なみきビブリオバトル・ストーリー 本と4人の深呼吸」
(赤羽じゅんこ‖ほか作/さ・え・ら書房)


「ビブリオバトル」って聞いたことがありますか?
バトルの参加者は、5分ほどの決められた時間内で
おすすめの本について、あらすじや自分が面白いと思ったところなどを発表します。
その後2〜3分で、参加者全体で質問やディスカッション。
最後にそれぞれ「読みたい本」に投票して、一番票を得た本が「チャンプ本」に選ばれるという
「書評合戦」なのです。

「並木図書館」で行われるビブリオバトルに集まった4人の小学生。
それぞれが好きな本の面白さや、本を読んで知ってほしいことを、
どうやったら伝わるのだろう…と悩みながら、
何度も本を読み返し、その魅力を再発見していきます。

出てくる「おすすめ本」は全て実際にある本なので臨場感がありますし、
子どもたちにそっと気づきを与えてくれる司書の「くるみん」さんも魅力的^^。
言葉で伝えることの大切さと面白さを感じてもらえる物語です。

4人の児童文学作家が、それぞれの登場人物を決めて、打ち合わせしながら物語を作ったそうで、
アンソロジーとはまた違った面白さがありますよ。





「読書で離婚を考えた。」
(円城塔・田辺青蛙‖著/幻冬舎)


作者の円城さんと田辺さんはご夫婦で、夫の円城さんは芥川賞を受賞、
純文学からSFまで多方面のジャンルで活躍されています。
妻の田辺さんは、日本ホラー小説大賞や高橋克彦賞などを受賞され、
ホラー作家として活躍しておられます。

夫婦で作家のお二人が、お互いに本をすすめあい、読書感想文を交換しあえば、
今よりお互いのことがわかるのでは?仲良くなるのでは?
テーマは「夫婦の相互理解」、ジャンルはなんでもOK。
…とはじまったこの企画。

しかし実際やってみると、お互いの「読み方」の違いがくっきり。
コミュニケーションや夫婦仲がだんだんぎこちなくなっていきます。
読んでいる読者は楽しいですが(笑)

もちろん実際に「離婚を考えた」わけではないのですが、
本の読み方にも、夫婦のかたちにも正解はないのだな〜と感じます。
人それぞれ、おもしろさを感じるところ、
達成感や満足感のある読書の方法は違うのですね。

読んできた本がほとんどかぶらないという、お二人の「おすすめ本」も
ものすご〜く多岐にわたっているので、自分の気になる本が見つかるかも。


  • おすすめ図書

2017年09月08日 17:05




今日は鷹栖小の2年生のみんなが、
バスに乗って図書館に見学にやってきました!

・図書館ってどういうところ?
・どんな人が働いているの?
・どれくらい本があるの?
・どうやって本を選んでいるの?


…などなど、図書館の謎についていろんなお話を真剣に聞く子どもたち。
館内を回りながら、いっしょうけんめいメモを取る姿をたくさん見かけました!




図書館見学ツアーでは、普段見ることのできない
禁断の(?)書庫の中も見てもらいました!
図書館の1階と2階の部分が、書庫は3層になっているので、
出てきた時はちょっとビックリしたかな?(^^)

見学の後は、『さがしてみよう、本のばしょ』
みんなに本の情報を書いたレシートと図書館の地図を渡して、
本のタイトルやラベルの番号などの手がかりから
本を探してもらいました!

図書館の本のラベルは住所のようなもの。
見方が分かると、本を探しやすくなりますよ♪






それぞれ好きな本を選んで貸出したもらったあとは、
「おはなしのへや」でストーリーテリングを聞いてもらいました。
「マーシャとくま」というロシアの民話を、
本を持たずにお話だけで想像してもらいます。





みんなのまちの施設のひとつ、図書館について
ちょっと詳しくなってもらえたかな?


  • 出来事

2017年09月07日 10:31

一般図書の新刊棚に最近並べた新着本をご紹介(^^)





<小説・エッセイなど>

「盤上の向日葵」(柚月裕子)
「ヒストリア 」(池上永一)
「パドルの子」(虻川枕)
「AX」(伊坂幸太郎)
「左京区桃栗坂上ル」(瀧羽麻子)
「わざと忌み家を建てて棲む」(三津田信三)
「家族のあしあと」(椎名誠)
「ネタ元」(堂場瞬一)
「白村江の戦い 天智天皇の野望」(三田誠広)
「歴史はバーで作られる」(鯨統一郎)
「嘘をつく器 死の曜変天目」(一色さゆり)
「真ん中の子どもたち」(温又柔)
「図書館は、いつも静かに騒がしい」(端島凛)
「水族館ガール 4」(木宮条太郎)
「書店ガール 6」(碧野圭)
「探偵レミングの災難」(シュテファン・スルペツキ)
「小さなモネ−アイリス・グレース− 自閉症の少女と子猫の奇跡」(アラベラ・カーター・ジ
ョンソン)
「戦争をよむ 70冊の小説案内」(中川成美)
「十歳までに読んだ本」(西加奈子、益田ミリ、杏ほか)


<その他>

「ホロコースト 女性6人の語り部」(大内田わこ)
「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」(若林正恭)
「いじめからは夢を持って逃げましょう! 「逃げる」は、恥ずかしくない「最高の戦略」」
「できる大人は、男も女も断わり上手」(伊藤由美)
「口から食べる幸せを守る 生きることは食べる喜び」(小山珠美)
「泣いて笑って食べた! 大腸がんステージ4を乗り越えて」(高野久美子)
「夫の定年 「人生の長い午後」を夫婦でどう生きる? 」(グループわいふ)
「子や孫にしばられない生き方」(河村都)
「手島圭三郎全仕事 木版画で極めた聖域〈原始の森〉」
「平原綾香と開くクラシックの扉」(平原綾香)
「フリージングで作りおき離乳食 5か月〜1歳半まで」(松尾みゆき)
「予約がとれない伝説の家政婦が教える魔法の作りおき」
「日本の自然 いつまでも守り続けたい 2017年版」
「まんがでわかる自律神経の整え方 「ゆっくり・にっこり・楽に」生きる方法」(小林弘幸)
「ココロとカラダ元気のしくみ」(おのころ心平)
「家族と国籍 国際化の安定のなかで」(奥田安弘)
「チャヴ 弱者を敵視する社会」(オーウェン・ジョーンズ)
「世界に通じるマナーとコミュニケーション つながる心、英語は翼」
「あなたのいるところが仕事場になる 「経営」「ワークスタイル」「地域社会」が一変す
るテレワーク社会の到来」
「挑戦者たちに学ぶデジタルマーケティング ブランディング・地域活性から新市場開拓まで「洞察とアイデア」で課題解決した32の事例」
「南三陸町屋上の円陣 防災対策庁舎からの無言の教訓」(山村 武彦)
「ブラック・フラッグス 「イスラム国」台頭の軌跡 上・下」(ジョビー・ウォリック)


・・・などなど。
生き方、仕事、趣味・・・に図書館を役立ててくださいね(^^)


  • 新刊・新着図書

2017年09月05日 11:39

こんにちは!






一般書のミニ企画コーナーもテーマが新しくなりました。
9月18日の敬老の日に合わせて、
「心ゆたかに生涯読書のすすめ」として展示しています。

上半期話題となった「九十歳。何がめでたい」(佐藤愛子‖著)他、

「超老人の壁」(養老孟司・南伸坊‖著)
「老後ぐらい好きにさせてよ」(野末陳平‖著)
「媚びない老後 親の本音を言えますか?」(桐島洋子‖著)
「リーチ先生」(原田マハ‖著)
「週末介護」(岸本葉子‖著)
「ハゲ川柳」(ツル多はげます会‖著)
「四人のおばあちゃん」(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ‖作)
「トットちゃんとソウくんの戦争」(黒柳徹子・田原総一朗‖著)
「今日すべきことを精一杯! 105歳の医師の原点」(日野原重明‖著)
「角野栄子の毎日いろいろ」(角野栄子‖著)
「小林カツ代伝 私が死んでもレシピは残る」(中原一歩‖著)



いかがですか?
心が健康になりそうな本がたくさんありますね(^^)
コーナーにはリーフレットも置いてあるので
手に取ってみてくださいね!


  • おすすめ図書

2017年09月02日 10:08

こんにちは!




夏休みが終わり、図書館もいろいろ模様替え。
児童書の企画展示のテーマは、
「不思議なキャラが楽しい擬人化の絵本」






野菜や電車や文房具…
いろんなモノが擬人化されたキャラクターが、
絵本の世界では大活躍!

どんな”おもしろキャラ”に出会えるかな?(^^)


  • おすすめ図書

2017年09月01日 11:00

こんにちは!




夏が終わってなんだかさみしいですが、
今日のような秋晴れの日は気持ちよいですね。
夜も過ごしやすくなってきたので長〜い物語を読んでみては?(^^)

さて、砺波図書館の9月のイベント予定などお知らせします♪


0〜2才くらいのお子様を対象にした読み聞かせ
★えほんのじかん★

9/5 (火) 10時〜
9/12 (火) 10時〜
9/26 (火) 10時〜





幼児を対象にした読み聞かせ
★おはなしのじかん★

9/2 (土) 14時〜
9/9 (土) 14時〜
9/13(水) 16時〜
9/16(土) 14時〜
9/27(水) 16時〜





★親子映画会★

9/16(土) 10時30分〜/15時〜
「ミッキーマウスD ミッキーの誕生日」(30分)





★読んで語る会★

9/27(土) 13時30分〜
「羊と鋼の森」(宮下奈都 // 著)





おすすめの絵本を紹介する
★そらいろのたね★

9/27(水) 10時〜
テーマは「お月さま こんばんは」です。


  • イベント案内

2017年08月30日 13:22

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「夏バテをふきとばす元気の出る絵本」をテーマに紹介しました。
夏休みの最後に、おじいちゃんのところに遊びにきたという子どもたちも
参加してくれました(^^)




「どん!」(西村敏雄//作・絵)

主人公はたいこの「どんとちゃん」は、
いつでもどこでも「どん どん どん」と太鼓でご挨拶。
散歩をしている途中で、くまの帽子が木に引っ掛かっていましたが、
どんとちゃんがたいこを鳴らすと・・・?
ど〜んと笑えるユーモア絵本です。


「きょだいな きょだいな」(長谷川摂子//作 降矢なな//絵)

「あったとさ あったとさ」のリズミカルな歌声とともに、
広い野っぱらにいろいろな「巨大なもの」が登場します。
きょだいな電話、きょだいな桃、きょだいなトイレットペーパー!?
電話が地獄につながったり、桃からは桃太郎がたくさん生まれたり…
100人の子どもたちと奇想天外な出来事な物語を楽しみましょう♪


「だってだってのおばあさん」(さのようこ//作・絵)

ねこくんに「一緒に○○しようよ!」と言われても、
「だってわたしはおばあさんだもの」が口ぐせのおばあさん。
ところが99歳の誕生日、ケーキにろうそくが5本しかなかったおばあさんの口ぐせが変わり…?
気持ちが5歳になったおばあさんは、いろんなことに挑戦します!
ポジティブなおばあさんから大きなパワーをもらえる絵本です。


「パパ・カレー」(武田美穂//作)

夏バテして食欲がなくてもカレーなら入る!っていう人もいますね。
ごろごろ大きく切ったお肉や野菜をドカンと炒めて、パパがお手製のカレーを作ります。
おいしそうな絵とリズミカルな文章でカレーが食べたくなること間違いなし!
食べ物が出てくる絵本はおはなし会でも盛り上がります♪
他にもハンバーグやオムライス、ごはんが主役の絵本もありますよ!


大きな声で笑って、おいしそうな食べ物を見て、
元気なおばあさんにパワーをもらって夏バテを吹きとばしましょう♪

さて来月は9/27(水)10時〜、テーマは「お月さま こんばんは」です。
今年は10月4日が中秋の名月ですね。
いろいろな月の絵本を紹介しますのでお楽しみに!


  • おすすめ図書

2017年08月28日 14:10

 こどもらが3階に駆け上がる。
 んんん・・・!?  今日は、お父さん・お母さんも3階へ (@_@;)

 なになに???  3階へ行ってみよう!




 砺波市少年少女発明クラブの全国チャレンジコンテスト地区(砺波)大会ではないですか!!

 早速、お邪魔に !(^^)!

 会場は、緊張した雰囲気の中、作品の最終調整に余念がありません。


 堀先生から、審査項目の再確認を


 では、競技開始 \(^o^)\(^o^)/(^O^)/

 タイムを計る人

 こどもの説明と作品の動きをビデオ撮影する人

 作品を操る人 (@_@)



 この仕掛けが、行燈を荒ぶる ヽ(^o^)丿

 こちらは、北陸新幹線とバルーン そしてチューリップ公園を再現。

 こちらは、出町子供歌舞伎曳山とオランダ風車を

 こちらは、出町子供歌舞伎曳山に水車と鮎


以上、大会の様子でした。 m(__)m


 砺波のお祭りを取入れた作品が、モーターで奇抜な動きを見せてくれました。


 さぁ、全国大会に出場するのは、どのチームかな (^.^)


  • 出来事