Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

1

2018年08月10日 10:05

 平成32年秋の新砺波図書館開館に向け、建設工事に着手しております。
 これにともない、市道鍋島5号線を大型工事用車両が通行いたします。

 頻繁に大型車が出入りする際は、交通誘導員を配置するなど、歩行者、一般車両の交通事故防止に万全を期します。
 ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。


新砺波図書館整備事業 工事場所:砺波市幸町4-24(現砺波市体育センター敷地)


 事故防止及び安全管理には十分に留意し、進めてまいりますが、お気付きの点等がございましたら、砺波図書館までご連絡くださいますようお願いいたします。


  • 新図書館情報

2018年08月08日 11:15

 新砺波図書館建設に向け、事業用地内の一部施設(旧幸町保育所)の取壊し工事が始まりました。




 位置図
新砺波図書館整備事業 工事場所:砺波市幸町4-24(現砺波市体育センター敷地)



 事故防止及び安全管理には十分に留意し、進めてまいりますが、お気付きの点等がございましたら、砺波図書館までご連絡くださいますようお願いいたします。


  • 新図書館情報

2018年07月19日 21:00

 平成30年7月19日(木)午後7時から砺波体育センター3階会議室にて、地元住人の方(鍋島常会、太郎丸中央自治会、花園町町内会)を対象に工事説明会を開催いたしました。



 最初に、荒木自治振興会長さん、稲垣市議会議員さん、教育委員会事務局長より挨拶いたしました。






 続いて、新図書館建設班より事業計画概要を説明いたしました。


 引き続いて、施工業者より工事に関する説明をいたしました。


 質疑応答では、作業時間や防音対策など率直なご意見を数多く頂戴いたしました。





 事故防止及び安全管理には十分に留意し、進めてまいりますが、お気付きの点等がございましたら、砺波図書館までご連絡くださいますようお願いいたします。


  • 新図書館情報

2018年07月06日 18:35

 7月6日(金)午後1時30分より、発注者・監理者・施工者による顔合わせを行いました。


 新砺波図書館整備事業の概要説明に引き続き、模型をもとに実施設計図の説明を行いました。






 今後は、近隣住民説明会等について協議を進めてまいります。


  • 新図書館情報

2018年07月04日 08:23


  • 新図書館情報

2018年07月03日 08:26

 去る5月23日に新図書館整備事業にかかる建築主体工事・機械設備工事・地中熱利用設備工事・電気設備工事の入札を終え、契約に係る議会の議決等の必要な手続きが完了し、このほど契約が整いました。


 速やかに事業用地内の施設等の取り壊しを行うなど、早期の建設に向けた取組みを進めてまいります。


  • 新図書館情報

2018年03月10日 16:34

新砺波図書館は2020年に開館予定です。
場所は、国道156号線沿いのTSUTAYAさんとマクドナルドさんの間、
現砺波体育センターの移転後に建設されます。






館内に新図書館のイメージパースを掲示していますよ(^^)




  • 新図書館情報

2018年02月11日 10:20


 <地中熱利用について>

 地中熱とは、地表からおおよそ地下200mの深さまでの地中にある熱のことを言います。

 深さ10m以深の地中温度は季節に関わらずほぼ安定しており、
その地域の平均温度より少し高い程度(17℃程度)となっています。
 その安定した熱エネルギーを地中から取り出し、冷暖房・給湯・融雪などに
利用することを 「地中熱利用」 と言います。 ( ..)φメモメモ


 新砺波図書館では、地中熱を開架エリア等の市民の皆さまが利用されるエリアの空調設備として活用し、
エネルギーの有効活用による低環境化(CO2削減)とともに、地域の方々への環境啓蒙の広がりを目指しています。
※ この事業は、「二酸化炭素排出抑制対策事業等補助金(再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業)」(環境省)の補助金を活用しています。



 昨年度、当該地にてサーマルレスポンステストを実施し、
地中熱利用に充分な効果を得られる地盤特性値を得ました。

 採熱方式(地中熱交換器)は、
ボーリング孔にUチューブを設置し、そのUチューブにて地熱を採熱・放熱を行う「クローズド型・ボアホール方式」としました。
 地下水を取水しないことから、地盤沈下等の近隣への影響はありません。




 新砺波図書館内では、地中熱利用システムの概要や省エネ効果を映し出すモニターを設置し、
地中熱利用についての理解を深めていただくとともに、その効果をリアルタイムに発信していきます。<(_ _)>








  • 新図書館情報

2017年08月26日 17:23

 新砺波図書館の吹き抜け部分をイメージした模型を作るワークショップを、建設地の砺波体育センターで開催しました。

 最初に、実施設計を行っている三上建築事務所(茨城県)の益子一彦社長より新図書館の概要を説明しました。


 模型に近づき、上から見たり (^.^)

 姿勢を低くし、実際の視線の高さに近づけることで、イメージがさらに膨みました。\(^o^)/

 次に、愛知工業大学の中井孝幸教授より「世界の図書館」の紹介をし、夢をさらに大きく !(^^)!

 そして、本日の企画運営をしていただいた愛知工業大学 中井研究室のみなさんの自己紹介です。
 (宿泊は、一泊一人1000円で泊まれまる砺波市移住体験ハウス”佐々木邸”を利用されました。)


さあ! 模型作りにチャレンジ (^O^)/
 最初に、模型作りの方法やカッターの安全な使い方を説明を

 好みのパーツを利用し、模型をデコレイトしましよう!



 制作スタート!


 次々と夢あふれる作品が出来上がる \(◎o◎)/





 出来上がった夢の図書館への思いを一人ひとりが作品発表しました。 \(^O^)ワクワクドキドキ(^O^)/



 市民ワークショップ 楽しんでいただけたでしょうか。

 では、みなさんで集合写真を!   1+1=? 4−2=? √2×√2=?


 ご参加いただきましたみなさま、お世話いただいたみなさま ありがとうございました。
 心よりお礼申し上げます。<(_ _)>
 来年は、解体直前の砺波体育センター全体を使用した市民ワークショップを開催したいと思っています。(^^)

追伸
 企画運営いただきました中井研究室のみなさんは、来春ご卒業かと思いますが・・・
来年のワークショップには、スタッフとして是非、参加してくださいネ。 (^_-)-☆




 
\(^o^)/ 夢の図書館! \(^o^)/













 新砺波図書館は平成32年度(2020年度)の開館を目指し、現在、実施設計を進めています。




もうひとつ上のとなみへ



 


  • 新図書館情報

2017年08月24日 11:14

こんにちは!
「作ろう!夢の図書館!〜新砺波図書館 市民ワークショップ〜」
今週末8/26(土)に開催されます♪




こちらは昨年の様子ですが、
新砺波図書館の模型を囲んでお話を聞きました。
実際のイメージがふくらみますね!

その後は、参加者がそれぞれ自分だけの夢の図書館を作りました(^^)
書架や本を読むくつろぎスペース、お庭や遊びのコーナーなどなど
自由に想像をカタチにしていきます♪








いろいろな夢の図書館が完成!
見ているだけで楽しい!
今年は、吹き抜けのある図書館を作りますよ〜(^^)
どんな作品が完成するかな♪♪










「作ろう!夢の図書館!〜新砺波図書館 市民ワークショップ〜」

日 時 : 8/26(土) 9時〜12時
場 所 : 砺波体育センター2F (新砺波図書館建設予定地)
対 象 : 小学生・中学生・高校生 (保護者の付添可)
参加費 : 無料

※お申込みが必要です。図書館までお問い合わせください。


  • 新図書館情報

2016年09月14日 12:54


 現在、新砺波図書館の建設に向けて基本設計が進められています。

 その完成イメージ動画が出来上がりましたので公開します。

↓こちらの画像上でクリックすると動画が再生されます。



注)現時点でのイメージであり、実際のものとは多少異なる場合があります。


 ↓こんなコラムがありました。 
 東大生が図書館で勉強する6つの理由  ・・・ 図書館で勉強していれば、今ごろ ・・・ (笑)



☆━…‥(*^o^) さぁ、図書館に通ってみませんか (^O^)/.


  • 新図書館情報