Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6
次のページ

2018年06月21日 18:00

 砺波図書館の特別整理休館は本日で終了し、明日22日(金)から通常通り開館いたします。

 みっけねこ も、明日からカウンターデビューしますよ!




新聞に 「移住の決め手は、教育水準の高さ」 の記事が掲載されていました。

図書館も頑張ります!      .
もうひとつ上の砺波 (^_-)-☆


  • 出来事

2018年06月14日 18:02

 庄川図書館のパッションフルーツの花が咲きました。




 早速、おしべの先をちぎってめしべにくっつけて受粉させてやりました。


まだいくつもつぼみができているので、たくさん実がなると思うと楽しくなります。


  • 出来事

2018年06月13日 16:44

秋の開催に向けて準備中の、
「ねんりんピック推進班」のお部屋にて・・・






謎の機械を使わせてもらいました。
先日作っていた「となみっけ」いろいろ…






缶バッチ&マグネットを作る機械でした(^^)
図書館のイベントなどで見かけるかも♪




「ねんりんピック」「となみっけ!」
どちらも盛り上げて行きましょう〜♪♪


  • 出来事

2018年06月10日 11:10




毎月開催している「読んで語る会」
6月は 有川浩・著「旅猫リポート」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。

その一部をご紹介すると…

「日常のささいなことに焦点を当てた、心温まる話」

「物語の世界に読者を引き込むのが上手い」

「ノリコの不器用さに共感する」

「サトルがいい人すぎたから、周りが苦しんだのでは?」

「自分は愛されていると無条件で信じられる関係性は、生きていく上で力になる


などなど。
読書会をきっかけに、同じ著者の別の本を読んでみるのもいいですね。


・・・・・・・・・・・・・

本を読んでいて、誰かとこの感覚を語り合ってみたいな〜と思ったことはありませんか?
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね(^^)

次回は7/14(土)の開催です。
テキストは「銀河鉄道の父」(門井慶喜‖著)

図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。



  • 出来事

2018年05月26日 08:12

 耳寄りな情報


 5月27日(日)AM10時からFMとなみ76.9MHzにて、
春の褒章を受章された『めばえの会』さんの34年にわたる活動報告がオンエアされます。

 インターネットラジオでも発信されます。
 https://www.jcbasimul.com/?radio=fmtonami




追加情報 (^^)/

 FMとなみさんでは、毎週土曜AM6時から(再放送:日曜AM11時〜、木曜PM1時〜)
「本との出会い」と題し、1冊の本を全文朗読する番組を制作され、放送されています。

 「砺波ファーストブックの会」の瀬尾並木さん、
「音訳グループ あゆみ会」の松村邦子さん、
「朗読 花びらの会」の明道幸子さんが朗読されています。

 5月26、27、31日の放送は、太宰治「トカトントン」です。




(=^ェ^=)


  • 出来事

2018年05月23日 16:16

こんにちは!






今日の「パレット」は南部認定こども園さんへ。
3歳児さんははじめてのパレットでしたが、
あてっこ遊びで声も出すとリラックスして、
おはなしを楽しんでくれました(^^)






4歳児さん、5歳児さんは、
くりかえしのあるおはなしに大盛り上がり!
知っている絵本も、大型絵本で見ると迫力があり、
細かいところまで見て楽しんでくれていましたよ♪


次はどこに行こうかな〜(^^)


  • 出来事

2018年05月22日 15:58

こんにちは。
今年度の小学校への本の出前がはじまりました!
出前図書館「パレット」です。






1年生は入学してはじめてのパレットで、たくさん参加してくれました!
学校司書さんから「こすずめのぼうけん」のおはなしと、
図書館から「わたしおべんきょうするの」という絵本の読み聞かせ。

また、本の貸出を楽しみに待っていてくれた子どもたちにも、
「面白そうな本がたくさんある!」と喜んでもらえました(^^)


これから市内の小学校・中学校に出前に行きますので、
掲示ポスターに注目してくださいね!
借りたい生徒さんは図書館カードをお忘れなく♪


  • 出来事

2018年05月21日 18:08

読み聞かせボランティアの「めばえの会」さんが、
富山県庁(総合政策局長 蔵堀さま)へ緑綬褒状受章の報告をしてまいりました。





そして・・・
ご褒美に、県庁特別室で記念撮影させていただきました。!(^^)!





からの  施設鑑賞 (@_@)






コンナチャンスハ ナイカモ・・・  (^_-)-☆
明日死ぬかのように生きよう。 永遠に生きるかのように学ぼう!


  • 出来事

2018年05月17日 11:10

 【めばえの会 緑綬褒状受章】

 昨日の砺波市長への受章報告が、今日の北日本新聞、富山新聞 各朝刊に掲載されていました



 砺波図書館では、1階にて関連記事を掲示していますので、
 来館の際には注目してみてくださいね!


  • 出来事

2018年05月16日 18:14

 【めばえの会 緑綬褒状受章】


 砺波図書館で34年にわたり、読み聞かせの活動をしてこられた「めばえの会」さんが緑綬褒状を受章され、
昨日、藤井代表さんが厚生労働省での伝達式、皇居での拝謁に臨まれました。


 そして、きょうは砺波市長へ受章報告をされました。




 これまで活動に携わられた皆さま、おめでとうございます!


  • 出来事

2018年05月16日 10:50




毎月開催している「読んで語る会」
5月は アリス・フェルネ著「本を読むひと」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。

その一部をご紹介すると…

「文字の読めないアンジェリーヌが本を大切に手元に置いていたシーンが印象的」

「汚いところと美しいところの対比がよい」

「空の色が国によって違うことや、その国のにおいを感じられた」

「ジプシーについて知りたくなった」


などなど。
国や時代など理解できないところもあり、
その疑問を語り合うことも興味深いですね(^^)



・・・・・・・・・・・・・

本を読んでいて、誰かとこの感覚を語り合ってみたいな〜と思ったことはありませんか?
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね(^^)

次回は6/9(土)の開催です。
テキストは「旅猫リポート」(有川浩‖著)

図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。



  • 出来事

2018年05月15日 12:23



 庄川図書館では、閲覧室の外にパッションフルーツ、メロン、インゲンマメ、エンドウマメ、フウセンカズラ、夕顔の6種類の植物によるグリーンカーテンを設置しています。





 北東向きなので日当たりがあまり良いとはいえませんが、今後の成長ぶりが楽しみです。


  • 出来事

2018年05月13日 16:42

こんにちは!
「図書館だより」5・6月号発行しました。
PDFでもご覧いただけます)




砺波図書館で34年にわたり、読み聞かせの活動をしてこられた
「めばえの会」が緑綬褒状を受賞されました。
改めておめでとうございます!

また、4月の「えほんのじかん春のスペシャル」には、
大勢の親子が参加してくださり、楽しい時間を過ごしましたよ♪

図書館ではボランティアさんといっしょに、
子どもと本をつなぐ活動を多く行っています。
ぜひ親子で遊びにきてくださいね(^^)


その他、雑誌リサイクルや本でビンゴ!などのイベントレポート、
絵本作家のサトシンさんが、ふらりと砺波・庄川両図書館に立ち寄ってくださったことなどなど。
ホットな話題はTwitterとなブロで公開中なのでチェックしてみてくださいね〜♪

◎◎ちょこっと図書館のヒミツ◎◎
砺波図書館長、庄川図書館長はどちらも写真が趣味♪
Twitterで素敵な写真が見れるのでお楽しみに〜〜!


5・6月の企画やイベント予定も。

6/24(日)14:30〜
砺波市立図書館友の会講演会
「とやまのさくらの魅力」

(講師:金川豊樹さん)
参加は無料です。

6/13(水)〜21(木)
砺波図書館は蔵書点検のため休館いたします。
庄川図書館は通常通り開館しています。


  • 出来事

2018年04月24日 12:07


こんにちは!

毎週火曜日10時30分からは、砺波ファーストブックの会さんによる
0〜2歳児向けの読み聞かせ「えほんのじかん」
今日は2ヵ月に1度のスペシャル会、
「春スペシャル」でした!!






まずはパネルシアターからスタート♪
色鮮やかな花や動物たちを動かしながら歌ってくれます。
お母さんたちも一緒に歌いながら赤ちゃんを揺らしてあふげていて、
赤ちゃんたちも楽しそうです(^^)






紙芝居や手あそび、大型絵本の読み聞かせもあって、
親子でたっぷり触れ合って遊べる時間になりました(^^)
最後にこいのぼりのかざりがついたかぶとをプレゼントしてもらいましたよ♪





  • 出来事

2018年04月17日 17:00




毎月開催している「読んで語る会」
4月は 小川糸・著「ツバキ文具店」をテキストに、
参加者同士で読後感などについて語り合いました。

その一部をご紹介すると…

「鳩子の生い立ちが気になって最後まで読んだ」

「登場人物の心の動きが丁寧に描かれている」

「主人公がずっといい子ではなく、反抗していた時期があることが、物語のバランスを良くしている」

「代書屋という仕事で、挿絵として"文字"が入っているのが他になくていい」

「昔使っていた文房具が出てきてうれしかった」

「鎌倉がテーマの作品は多いが、この物語の舞台はわびさびを感じるいい場所をチョイスしていて雰囲気が良い」

などなど。
ドラマ化もされた作品で、ドラマと原作を味わいの違いも興味深かったようですよ(^^)


・・・・・・・・・・・・・

本を読んでいて、誰かとこの感覚を語り合ってみたいな〜と思ったことはありませんか?
飛び入りもOKなので気軽に参加してみてくださいね(^^)

次回は5/12(土)の開催です。
テキストは「本を読むひと」(アリス・フェルネ‖著)

図書館で用意しますので、カウンターでお問合せください。



  • 出来事