Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10
次のページ

2019年11月07日 17:44



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。


お知らせとして、

★こどもプログラミング体験教室★
日時:12/14(土)〜15(日) 10:00〜15:00(2日間の教室です)
場所:砺波図書館


2020年度から、小学校でプログラミング教育がはじまります。
砺波市では、子どもたちにプログラミングに親しんでもらおうと、
TST、信州大学との共催で「プログラミング体験教室」を開催していますよ。
対象は小学3〜6年生ですが、興味があれば中学生、大人の方も参加できます。
締切は12/6、先着順ですので、お早目にお申込みください。


★新しい朗読CD等、約200点ご利用いただけます★

今年6月に利用者の方から、視聴覚資料の拡充にとご寄付いただいた分で購入した、
CD資料約200点が揃って貸出可能となりました。
平岩弓枝さんの御宿かわせみ、北大路魯山人の作品、落語の新シリーズなど、
多くの方にご利用いただければと思います!


さて今月紹介した本は、



「鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋」
(鴻上尚史‖著)


鴻上さんは作家・演出家。エッセイも多く書いておられます。
最近の著作でも、
『「空気」を読んでも従わない〜生き苦しさからラクになる』(岩波ジュニア新書)
がベストセラーになりましたが、
息苦しく感じる「世間」とか生きづらさが
最近の鴻上さんのテーマの一つになっていると思います。

「小学5年生の帰国子女の娘が、個性的な服を理由にいじめられそう。
普通の服を買うべきですか」というお母さんからの相談。
「アイドルを目指していた妹が、30代になりうつ症状を発症して実家に戻ってきた。
親は世間体を気にして病院に連れていきたがらない」というお兄さんからの相談。

鴻上さんは、日本人の「同調圧力の強さ」と「自尊意識の低さ」は、
今の日本の宿痾(長い間なおらない病気)だと言います。
「同調圧力」自体は災害時に略奪が起こらないなど、
プラスに働くケースもありますが、
「学校」などでその強さと理不尽さに向き合う大変さは並大抵ではありません。

こういった質問への鴻上さんの答えには、
悩みを抱える人の気持ちを想像する力、
相手に対する気配りがあります。
声のかけ方や考え方、コミュニケーションの取り方など、
「そうか」と思わせることが本当に多いです。

自分らしく生きていく現実的な方法、
未来に向かう考え方など、
まじめに、時にユーモラスに、
まるで隣に座って話を聞いてもらっている感じがありました。
息苦しい「世間」で息をしていくための優しい処方箋になる本です。


  • おすすめ図書

2019年11月02日 11:41







一般書のミニ企画コーナーの展示が新しくなりました!
「楽(らく)っと運動★」です。

段々寒くなってくるこの季節。
気軽にできる運動で、健康に乗り切りましょう♪

砺波体育センターや富山県西部体育センターの
利用パンフレットも一緒に手にとってみてくださいね(^^)


「超ラジオ体操」
「5秒ひざ裏のばし完全ガイド」
「100歳まで元気に歩ける体づくり「75のコツ」」
「50歳からはじめるらくちんヨーガ」
「体が硬い人のための関節が柔らかくなるストレッチ&筋トレ」

・・・などなど♪


  • おすすめ図書

2019年11月01日 15:21






10/27〜11/9は「読書週間」

絵本にも本や読書がテーマになっているもの、
図書館がでてくるものなど、たくさんあります。
砺波図書館の1階閲覧室にて、
ミニコーナーを作っていますので手にとってみてくださいね。

「読書の秋」に、親子で読んでみてはいかがでしょうか(^^)


  • おすすめ図書

2019年10月30日 11:15

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「深まる秋を感じよう!」をテーマに絵本を紹介しました。

落ち葉やドングリ、キノコや焼き芋など、
秋は絵本の題材がたくさん見つかる季節です。
この季節だからこそ読んであげたい一冊を
子供たちに届けてあげられるといいですね。


「さわさわもみじ」
(ひがしなおこ‖さく きうちたつろう‖え)


さわさわさわ、ひゅるるる〜と、色とりどりのもみじが舞い落ちてきます。
赤いもみじに黄色いもみじ、穴あきもみじ…
重なって落ちたところに、また何かが落ちてきましたよ。
詩人でもある東直子さんの擬音語がやさしく耳に残る、
秋の一場面が印象的な絵本です。


「こんくんのおんがくはっぴょうかい つんつくむらのおはなし」
(たしろちさと‖作)


きつねのこんくんは、秋の音楽発表会にオカリナの練習をしています。
一緒に演奏してくれる渡り鳥を待っている間に、
山ぶどうでジュースを作り、どんぐりのサラダを作り…
やがてとうとう渡り鳥がやってきます!
素敵な秋の過ごし方がつまったおはなしです。


「ナミチカのきのこがり」
(降矢なな‖作)


おじいちゃんとはじめてキノコ狩りに出かけたナミチカ。
森を歩いていると、赤いキノコが輪になって生えていて、踊り出したのです!
ナミチカと不思議なキノコがたわむれて遊ぶ描写に、
ワクワクしてしまうおはなしです。


「ねむいねむいおはなし」
(ユリ・シュルヴィッツ‖さく)


ねむいねむい夜がくると、テーブルもお皿も、おもちゃも男の子も、みんなねむくなります。
でもどこからか音楽が聞こえてくると、
いすやお皿はカタコト踊り出し、時計の窓から小鳥が「カッコウ!」
やがて音楽はだんだん小さくなっていき…またみんなは、ねむくなっていくのでした。
シュルヴィッツの描く夜の色合いがとても美しく、
繰り返される「ねむいねむい」のリズムが心地よく響く絵本です。



さて来月は11/27(水)10時〜、テーマは「夫婦・ユニット作家の絵本」です。
お気軽にご参加をお待ちしています♪


  • おすすめ図書

2019年10月26日 09:47


一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!
【レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年】です。




人類史上最も多才と言われるダ・ヴィンチの作品や人物像、
同時期に活躍したルネサンスを代表する作家たちに関する本を紹介しています!


「レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する 没後500年」(別冊太陽)

「レオナルド・ダ・ヴィンチ 上・下」(アイザックソン‖著)

「天才と凡才の時代 ルネサンス芸術家奇譚」(秋山聰‖著)

「かわいいルネサンス」(池上 英洋‖著)

「モナリザの秘密 目からウロコの鑑賞術26章」(内田広由紀‖著)

「うつくしい絵」(かこさとし‖著)

「ヴェネツィア「美の遺産」を旅する」(家庭画報特別編集)

「メディチ家の至宝 驚異の工芸コレクション」(松本典昭‖著)

「いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画」(原田マハ‖著)

「ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論」(ヤマザキ マリ‖著)

「ダ・ヴィンチ絵画の謎」(斎藤泰弘‖著)

「これだけは知っておきたい「名画の常識」」(中村麗‖著)



…などなど。
美しい絵画を通して心豊かな”芸術の秋”を過ごしてみませんか♪



  • おすすめ図書

2019年10月18日 10:48



こんにちは!




児童書の企画コーナーを入れ替えました! @砺波図書館

夫婦やユニットで絵本を作る作家さんが増えています。
外国作品の「おさるのジョージ」シリーズも夫婦で手掛けられた作品なんですよ。
新しいユニット作家さんにも注目してみてくださいね!

テーマは「【夫婦】で絵本作っています!」です。



  • おすすめ図書

2019年10月05日 14:40






児童のミニ展示コーナーを入れ替えました!
テーマは「びっくり!図鑑〜世界にはふしぎがいっぱい!!〜」です。

10月22日は「図鑑の日」。
日本ではじめてタイトルに「図鑑」が付いた本、
「植物図鑑」が出版された日(1908年/明治41年)なんだって。

近年、思わず手に取りたくなるような、
面白い切り口の図鑑がたくさん出版されていますよ!


「リアルサイズ古生物図鑑」
「ずるいいきもの図鑑」
「だんめん図鑑」
「信じられない現実の大図鑑」
「目でみる地下の図鑑」
「寿命図鑑」
「名字ずかん」
「ずかんプランクトン」


・・・など!


  • おすすめ図書

2019年10月03日 15:22



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。

お知らせとして

★壁面に挑戦〜R156に広げるアートの世界〜★

9月の「新砺波図書館 市民参加ワークショップ」で
中学生に描いてもらった21作品を、
新砺波図書館建設現場の仮囲いに展示しています。
道を行き交う多くの方にご覧いただければと思います。


★庄川図書館 特別整理休館★

庄川図書館は、10/8(火)〜11(金)まで
蔵書の点検及び整理のため、休館いたします。
返却の本は、傷みやすいもの以外はポストにお返しください。
HPやとなみっけ!からの予約は受付しています。
砺波図書館は通常通り開館していますので、どうぞご利用ください。



さて今月紹介した本は、



「急に具合が悪くなる」
(宮野真生子・磯野真穂‖著)


著者2人は、ともに40代前半の気鋭の学者。
宮野さんは哲学者で、話題となった著作に
『なぜ、私たちは恋をして生きるのか 「出会い」と「恋愛」の近代日本精神史』があります。
磯野さんは、身体、医療、科学技術をキーワードに研究活動されています。
『ダイエット幻想−やせること、愛されること』などが話題になりました。

この本は2人が約半年間に交わした、20通の往復書簡で、
「はじめに」によると、病に面した一哲学者が
「魂の人類学者」に寄り添われ、生まれてきた言葉の記録≠ニあります。

8年前に乳がんと診断された宮野さんは、この書簡を交わすころ、
「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われたそうです。
「急に具合が悪くなる」とはどういうことなのか、
病を抱えて生きることの不確実性やリスクの問題をどう捉えていくのか。
自分の身体の状態や闘病生活を開示しながら、
学者として専門的に深めていった記録です。

磯野さんは、この本が文字通り
「命をかけた宮野さんの大勝負」と言います。
書簡を交わすうち、「ほんとうに急に具合が悪くなる」ことも起こります。
2人が「出会いと別れの急降下」を感じ、
不確定な時間が流れる中で、誰かと出会うことの意味やそこから何を得るのか…

自分の研究テーマである、抽象度の高い哲学の概念である「偶然性」を、
それをどんな言葉で多くの人に届けようとしたのか。
感じてもらいたい1冊です。


  • おすすめ図書

2019年09月25日 14:58

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「”スポーツの秋”を絵本で楽しむ」をテーマに絵本を紹介しました。

運動会やマラソン大会などのスポーツの催しが多い秋。
運動会の絵本は多く出版されていますが、
最近は相撲ブームを受けて、相撲絵本も次々と出版されていますよ。


「はっきょいどーん」
(やまもとななこ‖作)


横綱・武留道山に挑むは、小結・明の海。みあってみあって、はっきょいどーん!
激しくぶつかり合う場面が、迫力ある絵と勢いある擬音で描かれています。
力士の息づかいや汗も感じられる相撲絵本なので、
読み聞かせでも高揚感アップすること間違いなし!
郷土力士も活躍する今、おすすめの一冊です。


「ぼくらはうまいもんフライヤーズ」
(岡田よしたか‖さく)


エビフライやアジフライたちが野球をすることになりました。
そこへたこやきやたいやきが、チームに入りたいとやってきますが、
フライじゃないから入れてもらえません。
そこで、たいやきたちは油で揚げてもらうのですが…
大阪弁がさく裂するナンセンス絵本です。


「ぼくのジィちゃん」
(くすのきしげのり‖作 吉田尚令‖絵)


「ぼく」の運動会の応援にやってきた田舎のジィちゃん。
PTAのクラス対抗リレーに出る予定だったお父さんの代わりに、
ジィちゃんがアンカーで出ることに。
みんなは「ダメだこりゃ」…ところが!?
ジィちゃんのスゴイ秘密が明かされるユーモア絵本です。


「おやおや、おやさい」
(石津ちひろ‖文 山村浩二‖絵)


今日は野菜たちのマラソン大会。そら豆、カボチャ、トマトやニンジンたちが勢ぞろい。
「そろりそろりセロリははしる」「きゅうりはきゅうにとまれない」など、
リズミカルな言葉あそびが盛り込まれて、読んで楽しい絵本です。
絵もひとつひとつのキャラクターが引き立っています。


さて来月は10/30(水)10時〜、テーマは「深まる秋を感じよう」です。
お気軽にご参加をお待ちしています♪


  • おすすめ図書

2019年09月06日 11:36


一般書のメイン企画テーマが新しくなりました!
【私を月に連れてって】です。




1969年7月、アポロ11号の月面着陸から今年は50年の節目の年。
はやぶさやブラックホールなど、今も宇宙科学は進化し続けています。


「宇宙探査ってどこまで進んでいる?新型ロケット、月面基地建設、火星移住計画まで」(寺薗淳也‖著)

「月へ 人類史上最大の冒険 アポロ11号月着陸50周年記念」(ロッド・パイル‖著)

「月はぼくらの宇宙港」(佐伯和人‖作)

「ブラックホールをのぞいてみたら」(大須賀健‖著)

「宇宙用語図鑑」(二間瀬敏史‖著)

「星のなまえ」(高橋順子‖著)

「星空の楽しい話をしましょう。 プラネタリウムで人気の星空メニュー」(駒井仁南子‖著)

「絵本眠れなくなる宇宙のはなし」(佐藤勝彦‖作 長崎訓子‖絵)

「宇宙の地図」(観山正見・小久保英一郎‖著)

「宇宙で過ごした137日 僕の「きぼう」滞在記」(若田光一‖著)

「天の川が消える日」(谷口義明‖著)

「ぼくが宇宙人をさがす理由」(鳴沢真也‖著)

「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」(小前亮‖著)

「新しい宇宙のひみつQ&A」(的川泰宣‖著)



…などなど。
きらめく星、輝く月、大いなる宇宙を本で探検してみませんか。



  • おすすめ図書

2019年09月05日 14:25



毎月第1木曜日の12:20からは砺波図書館ラジオの日!


FMとなみ【76.9㎒】さんでイベント予定や
オススメ本を紹介させていただきました。


9月のイベントとして、

新砺波図書館市民参加ワークショップ
★壁面に挑戦〜R156に広げるアートの世界〜★

新砺波図書館は、現在躯体工事が完了して屋根工事に取り掛かっているところです。
5回目となる市民参加ワークショップとなる今回は、
砺波地区の中学生美術部員が「学びをつなぐ図書館」から連想して
1人2m×1mのパネルにのびのびと絵を描きます!
完成した作品は、9/24より国道156号線沿いの
新砺波図書館建設現場の白い仮囲いに設置しますので、
ぜひご覧ください!



さて今月紹介した本は、



「食べた!見た!死にかけた!「運び屋(ハンドキャリー)女子」一人旅」
(片岡恭子‖著)



著者の片岡さんは、先日テレビにも出演されて話題となりました。
ハンドキャリーとは、海外の企業に至急送らなければならない部品など、
直接荷物を持って海外に飛ぶ、バイク便の飛行機版のようなお仕事です。

バックパッカーの豊富な経験を活かした、合法の運び屋さんとして、
年間の渡航回数は約35回、これまで訪問した国は51ヵ国にもなるそうです。
この本では、バックパッカー時代から旅してきた間の
様々なエビソードが紹介されています。

首絞め強盗に雪山遭難、荷物も命も何回もなくなりかけながら、
著者ならではのリアルな旅行記、滞在記が綴られています。

ただし、今は「読んで」楽しむだけにしておいた方がいい国もたくさんあるようで…
行っては「ダメな国の法則」も紹介されているので、
軽々に真似をするのはオススメしませんよ。


旅つながりで、もう1冊紹介しました。



「ラダックの星」
(中村安希‖著)



こちらは対照的に、落ち着いた一人旅です。
著者の中村さんは1979年京都府生まれのノンフィクション作家。
2009年に、「インパラの朝」で開高健ノンフィクション賞を受賞し話題になりました。

この本は、2014年に北インドの秘境ラダックを25日間旅した記録です。
たった一つの目的は、
「人生観をその根底からひっくり返してしまうような、ものすごい星空に出会うこと」

孤独な旅の途中、亡くなった祖母や中高生時代の友人のことを思い返し、
自分の中との孤独とも向き合うことになりますが、
小説なのかもと思わせるようなあいまいさも、この本の魅力かもしれません。

表紙の、真っ暗な夜空に
稜線から立ち上がるように帯状に縦に広がる天の川。
読み終わってから見ると
その星空の美しさが染みてくるように思います。


  • おすすめ図書

2019年09月03日 10:31



こんにちは!




児童書の企画コーナーを入れ替えました! @砺波図書館

児童書では、アニメにもなっている「おしりたんてい」が大人気。
絵本でも、「おしり」だけでなく
「目」「手」「おへそ」「足」など、
体のいろんな部分にも注目してみましょう!

テーマは「アッチ・コッチ カ・ラ・ダ」です。



  • おすすめ図書

2019年08月31日 12:56






児童のミニ展示コーナーを入れ替えました!
テーマは「大人にも教えたくなる お金のヒミツ!」です。

10月からは消費税が10%に。
大人も子どもも、お金に無関心ではいられませんね。
子ども向けに書かれた、お金や経済に関する本を集めました。
大人が読んでもためになる本がたくさんありますよ!

ぜひご家族みんなで読んでみてね(^^)


「お金さえあればいい? 子どもと考える経済のはなし」
「ぼうけんしよう・お金のせかい」
「100円たんけん」
「池上彰のはじめてのお金の教科書」
「いくらかな?社会がみえるねだんのはなし」
・・・など!


  • おすすめ図書

2019年08月28日 14:23

こんにちは!




今月の「そらいろのたね」では、
「星・宇宙の絵本」をテーマに絵本を紹介しました。

1969年7月のアポロ11号の月面着陸から、今年で50年。
また今年の中秋の名月は9月13日(金)だそうですよ。
この時期にぴったりな絵本を、親子で月を眺めながら読むのも良いかもしれませんね。


「おそらにはてはあるの?」
(佐治晴夫‖文 井沢洋二‖絵)


空には果てがあるのかな? もしも、星空がどこまでも続いていたら、
夜空は星の光でいっぱいになって、夜も眠れなくなるのかな?
子どもにも分かりやすく宇宙の疑問に答えている絵本です。
作中のイラストは、切り絵でとてもシンプルに描かれていますよ。


「うちゅうじんはいない!?」
(ジョン・エイジー‖作・絵)


宇宙人はいると信じて、ある星にやってきた「ぼく」。
歩き回って探しても、どこにも見つかりません…でも、すぐ後ろにいたのです!
読み聞かせをすると、「ほら、後ろ後ろ!」と
子どもたちから声が上がりそうなユーモア絵本です。


「もしきみが月だったら」
(ローラ・パーディ・サラス‖文 ジェイミー・キム‖絵)


月っていったい何をしていると思う?
バレリーナみたいに地球の周りをまわったり、地球と綱引きしたり…。
月の動きや特徴を、月自身が、月の目線で語る物語で、
今までにない斬新な切り口になっています。


「ねえ、おつきさまどうしてぼくについてくるの?」
(きむらゆういち‖さく やましたこうへい‖え)


月が自分についてきているように感じたことはありませんか?
月の見え方や、月までどのくらい離れているか、
わかりやすい「しかけ」を使って、クマの三兄弟が教えてくれます。
小さい子どもにも理解できるよう作られた、お話じたての科学絵本です。


さて来月は9/25(水)10時〜、テーマは「”スポーツの秋”を絵本で楽しむ」です。
お気軽にご参加をお待ちしています♪


  • おすすめ図書

2019年08月17日 14:30






一般書のミニ企画コーナーの展示が新しくなりました!
「少し疲れていませんか?〜心と身体をゆるっと休めましょう〜」です。

砺波市健康センターと連携して、
悩みや不安な気持ちを、少しでも和らげてくれるような本を約70冊集めました。
マンガを使った読みやすいものもありますので、
手にとってみてくださいね(^^)


「学校に行きたくない君へ」( 全国不登校新聞社‖編)
「私たちは生きづらさを抱えている」(姫野桂‖著)
「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」(森川すいめい‖著)
「「小さないのち」を守る」(朝日新聞取材班‖著)
「上司の「いじり」が許せない」(中野円佳‖著)
「うちの子もいじめられました」(鈴木真治‖著)
「「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)」(汐街コナ‖著)
「うつのリワークプログラム」(五十嵐良雄‖著)
「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(田中圭一‖著)
「わたしの主人公はわたし 他人の声に振りまわされない生き方」(細川貂々‖著)


…などなど。
本人だけでなく、ご家族や周りの人に向けた本も用意してありますよ。



  • おすすめ図書