Tonami Blogへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

ラ・ラ・ラ・ライブラリー 砺波市立図書館

1  | 2
次のページ

2019年11月29日 19:00



「アニマルバスとわすれもの」(こてらしほ‖作・絵)
「アニマルバスとパンやさん」(あさのますみ‖ぶん こてらしほ‖え)
「アニマルバスとよるのもり」(あさのますみ‖ぶん こてらしほ‖え)

ポプラ社から出版されている「アニマルバス」シリーズ3冊が砺波図書館に新着しました♪
(ご寄贈いただきました。ありがとうございました!)

作者のこてらしほさんは、砺波市のご出身です♪
アニメ化もされた人気シリーズですよ。

ポプラ社の公式サイトで、著者のインタビューも読めますのでどうぞ(^^)

⇒パンダがバスに!? 人気絵本『アニマルバスとわすれもの』誕生のひみつ


  • 新刊・新着図書

2019年11月29日 15:35




⇒新着第1弾はコチラ
⇒新着第2弾はコチラ
⇒新着第3弾はコチラ
⇒新着第4弾はコチラ
⇒新着第5弾はコチラ


新着第6弾として、
「松平定知が読む芥川龍之介」シリーズ」
が新刊棚に並んでいます♪
耳で芥川作品を味わってみてくださいね。

これで、新着の朗読CDがすべて貸出可能になりました!
これらは、利用者の方から、視覚障害があっても楽しめる朗読CDなどの拡充にとご寄付いただき
図書館で購入させていただいたものです。

以前からの350タイトルに加え、新しく約220タイトルが増え、
小さい文字を読むのがつらくなってきた方や、
この機会に名作をという方もいらっしゃるようで、
これまで以上に多く利用されています。
貸出枚数も1回につき5枚から10枚に変更になっています。

みなさまどうぞご利用ください!


  • 新刊・新着図書

2019年11月23日 14:09






⇒新着第1弾はコチラ
⇒新着第2弾はコチラ
⇒新着第3弾はコチラ
⇒新着第4弾はコチラ



新着第5弾として、
市原悦子さん朗読の「赤毛のアン」
現代の名優さんたちが朗読する「名作をあなたに」シリーズ

が新刊棚に並んでいます♪


朗読CDはこれまで以上によく利用されています。
文字を読むのがつらくなってきたという方にも、
なかなか本を読む時間がないという方にも、
1本60分程、耳で楽しめるのが良いですよね(^^)

この後も順次増えていきますのでお楽しみに!
第1〜3弾の新着CDは棚が移動していますので、
お探しの方はカウンターでお尋ねくださいね。


  • 新刊・新着図書

2019年11月22日 14:04

新刊の紹介です。




「新世代蒸留所からの挑戦状 ジャパニーズ・ウイスキーで世界に挑む」
(すわべしんいち‖著 repicbook)


世界5大ウイスキーに数えられるジャパニーズ・ウイスキー。
地方都市でウイスキー造りに挑戦する、新世代醸造所を紹介しています。
砺波市の三郎丸醸造所も取り上げられていますよ!

モノづくりやビジネスへの挑戦や、
成功の秘訣を学べる1冊です。


  • 新刊・新着図書

2019年11月22日 14:03

新刊の紹介です。




「21世紀の砺波平野と黒部川扇状地」
(金田章裕‖編 桂書房)


砺波散村地域研究所長で、京大名誉教授でもある金田章裕先生をはじめ、
郷土の研究者の皆さんの調査・研究が本にまとめられました。

経済・農業・地域政策など幅広い視点から
地域の動向や分析をされています。

郷土の未来や課題が浮かび上がってくるのではないでしょうか。
ぜひ手に取ってご覧ください。


  • 新刊・新着図書

2019年11月20日 17:44




⇒新着第1弾はコチラ
⇒新着第2弾はコチラ
⇒新着第3弾はコチラ


新着第4弾として、
「宮部みゆき傑作選 聴いて味わう時代小説」
「闇の花道 天切り松闇がたり」(浅田次郎)
「池波正太郎が描く真田一族の生きざま」
「教科書に載った名作」シリーズ
「市原悦子の名作朗読集」
(※10枚セットです)
などが入りましたよ〜♪


朗読CDはこれまで以上によく利用されています。
文字を読むのがつらくなってきたという方にも、
なかなか本を読む時間がないという方にも、
1本60分程、耳で楽しめるのが良いですよね(^^)

この後も順次増えていきますのでお楽しみに!
第1弾、第2弾の新着CDは棚が移動していますので、
お探しの方はカウンターでお尋ねくださいね。


  • 新刊・新着図書

2019年11月15日 19:08




⇒新着第1弾はコチラ
⇒新着第2弾はコチラ


新着第3弾として、
「ラジオ深夜便寄席」シリーズ
阿川弘之さんや檀一雄さん、高見順さんのエッセイ(「娘が読む」シリーズ)
講演のCDなど並んでいますよ♪

北大路 魯山人や宮本輝さんの朗読CDも人気です!







文字を読むのがつらくなってきたという方にも、
なかなか本を読む時間がないという方にも、
1本60分程、耳で楽しむ朗読CDおすすめです(^^)

この後も順次増えていきますのでお楽しみに!
第1弾、第2弾の新着CDは棚が移動していますので、
お探しの方はカウンターでお尋ねくださいね。


  • 新刊・新着図書

2019年10月26日 14:17




先日新着資料として追加された名作・古典文学の朗読CD、
これまで以上に貸出が増えています!
一緒に落語やラジオ番組のCDを借りていかれる方も多いですね(^^)

⇒新着第1弾はコチ

新着第2弾として、平岩弓枝さんの人気シリーズ
「御宿かわせみ」の朗読CD
がたくさん入りましたよ〜!







文字を読むのがつらくなってきたという方にも、
なかなか本を読む時間がないという方にも、
1本60分程、耳で楽しむ朗読CDおすすめです(^^)

この後も順次増えていきますのでお楽しみに!
第1弾の新着CDは棚が移動していますので、
お探しの方はカウンターでお尋ねくださいね。




  • 新刊・新着図書

2019年09月20日 12:20




先日、利用者の方からのご寄付で購入した
新着視覚障害者図書(視聴覚資料)の貸出をはじめました!

>>>視覚障害者図書購入費としてご寄付いただきました

物語の朗読や、ラジオ番組、講演、落語などの視聴覚資料は、
字が細かくて読みにくくなった、
長時間本を読むのがつらくなったという方々にも人気があり、
砺波市立図書館でも利用が増えています。

以前からの350タイトルに加え、この度のご寄付で
新しく約220タイトルを購入させていただきました。
朗読CD等の充実をはかるとともに、
また、より利用していただきやすいよう、
貸出枚数を1回につき5枚から10枚に変更しています。
(貸出期限は1週間です)

第1弾として、今日から
新潮の朗読CD約20タイトルが新着本コーナーに並んでいます(^^)
今後順次増えていきますので、みなさまどうぞご利用ください!


  • 新刊・新着図書

2019年04月11日 16:21

昨年、故・岡部元市長のご遺志を継がれ、
ご遺族様から図書購入費としてご寄附いただきました。

⇒「図書購入費としてご寄附いただきました。」








こちらはほんの一部です(^^)
一般書、児童書、大活字本をたくさん購入させていただきましたので、
ぜひ皆さまご利用くださいね。


  • 新刊・新着図書

2019年03月20日 17:01

新刊の紹介です。





「よみがえる荘園 景観に刻まれた中世の記憶」
(海老澤衷‖編 勉誠出版)


中世の荘園研究の論文集で、
金沢大学の黒田先生が研究されている、
砺波の「般若野荘」、安川にある「薬勝寺」についての論文が収められています。

最近では、2月の講演会「加賀藩政期の砺波地方」もたくさんの方が聴きに来られ、
郷土史に興味のある方が増えているように思います。

論文というと難しそうですが、
フィールドワークで現存する塚やお寺の過去帳などから、
中世の砺波地方の姿やドラマが浮かび上がってきますよ。

ぜひ手に取ってご覧ください。




  • 新刊・新着図書

2019年03月08日 16:29

砺波市生まれの作家、山田和さんから
新刊をご寄贈いただきました。




写真集「砺波の人びと」
(山田和‖撮影・著 平凡社)


昭和50年代以前に砺波市で子供時代を過ごされた方々の記憶と、
現在の砺波市の姿が同時に写真に収められています。

砺波市に暮らす人々のポートレート写真で綴る「郷土の記録」であり、
撮影された人々の記憶で紡ぐ伝記ともなっている一冊です。


整備が終わりましたら貸出可能になる予定ですよ。
ぜひ手に取ってご覧ください。


  • 新刊・新着図書

2018年12月14日 16:39

新刊の紹介です。




「ウイスキー・ライジング ジャパニーズ・ウイスキーと蒸溜所ガイド決定版」
(ステファン・ヴァン・エイケン‖著 小学館)


今、世界でも注目をあびているジャパニーズ・ウイスキー。
長年その情報を世界に発信している著者による、
ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳しく書かれた一冊です。
日本の全蒸溜所の最新の調査データ、
ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども紹介されています。

砺波市の「三郎丸蒸留所」も掲載されていますよ!



  • 新刊・新着図書

2018年10月03日 10:36

こんにちは!




世は絶景ブーム?
雑誌などでもよく特集が組まれています。
新刊の「いまいちばん美しい日本の絶景」(エムディエヌコーポレーション刊)では、
30名以上の写真家によるダイナミックな美麗写真で
日本の美しい風景が収められていますよ。

定番の絶景ポイントから、カメラマンの独自ポイントまで、
眺めているだけでも旅行気分が味わえる(?)写真集です。

県内からも、庄川峡、相倉合掌集落、稲葉山、
朝日町の桜とチューリップの競演 の4ヶ所が紹介されています。

その時間帯ならではの美しさや、構図の切り取り方など、
カメラが趣味の方にも参考になる1冊ではないでしょうか(^^)


  • 新刊・新着図書

2017年12月26日 11:06




新着図書で「富山の逆襲 すごいぞ!富山を大きな声で」という本が入りましたよ。

富山あるあるや、近世〜最新までの文化など、
多方面から「現在の富山」の姿を浮かび上がらせつつ、
県外はもちろん県内にも伝わっていない(!?)
「富山のすごさ」を紹介しています。

「逆襲は始まっている」かも?(^^)


  • 新刊・新着図書